« 与野党の力結集? | トップページ | バカな言い訳 »

2011年4月 8日 (金)

ど素人政権

バカか。

予備費全額投入で4兆円確保=1次補正、国債発行回避へ-政府・与党

 政府・与党は8日、東日本大震災の復旧・復興対策を盛り込んだ2011年度第1次補正予算案の大枠を固めた。財政支出は3兆9000億~4兆円。財源には基礎年金の国庫負担割合を維持するための2兆5000億円を流用するほか、民主党のマニフェスト(政権公約)施策を含む歳出見直しで6000億~7000億円を確保する。不足分は11年度予算の「経済危機対応・地域活性化予備費」8100億円を全額投入、国債の追加発行を回避する。
 菅直人首相が同日、野田佳彦財務相や玄葉光一郎民主党政調会長らと協議し、大枠を了承。10日の閣僚と民主党首脳の会合で決定する。4月中の補正提出を目指す政府・与党は、週明けから与野党協議を開始し、13日までに合意を得たい考え。ただ自民、公明両党は年金財源の流用に反対しており、調整は難航しそうだ。
 1次補正は、がれき撤去や仮設住宅設置など緊急性の高い被災地支援策が柱で、仮設住宅は7万戸分の整備費を確保。道路、港湾、上下水道などの生活インフラや学校、福祉施設の復旧のための公共事業費を約1兆5000億円計上した。
 1次補正の規模は、当初想定した3兆円超から大きく膨らんだ。増加分の財源を建設国債発行で賄う案も与党内に浮上したが、財務省が難色を示し、年度当初としては異例の予備費全額投入に踏み切った。

(2011/04/08-20:43)時事通信

 “年度当初としては異例の予備費全額投入”なんてバカがやることです。これ以上予測不能の事態が起きたら、いったいどのように対処するつもりなのでしょうか。

 いまだに行方不明者の捜索が続き、災害地の被害総額もはっきりとわからない現在において、いきなり年度始めに予備費を全額投入するなんて、これ以上の復興対策はないと公言するのと同義です。さぞかし被災者の方々もがっかりしたことでしょう。

 “増加分の財源を建設国債発行で賄う案も与党内に浮上したが、財務省が難色”したそうですが、それを何とかするのが政治主導ではないのでしょうか。自分たちのくだらないバラマキ予算には惜しげもなく赤字国債を発行するのに、大震災の復興予算には発行しないなんて国民をバカにしているとしか言いようがありません。

 戦は予備隊に余裕がないほうが負けます。このど素人バカ集団の民主党政権が続く限り、日本がこの大震災に打ち勝ち、復興を果たすことなど夢のまた夢でしょう。

人気ブログランキングへ

|

« 与野党の力結集? | トップページ | バカな言い訳 »

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/51337041

この記事へのトラックバック一覧です: ど素人政権:

« 与野党の力結集? | トップページ | バカな言い訳 »