« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月21日 (月)

衆院解散なのか?

はっきりしない人ですね。

衆院解散、首相の真意は?=「身内」からも戸惑い-民主

 これまで衆院解散の可能性を打ち消してきた菅直人首相が解散を否定しない姿勢に転じ、民主党内に波紋を広げている。小沢一郎元代表に近い16人の衆院議員が会派離脱を表明し、「菅降ろし」の動きが表面化したことを受け、首相としてはこれに対抗する狙いがあるとみられる。ただ、内閣支持率は危機的レベルにまで低下。首相周辺にすら「今、解散すれば民主党は90議席」と首相の姿勢に戸惑う声が出ている。
 解散について首相は、「全く考えていない」などと明言してきた。しかし、18日に記者団から解散の可能性を繰り返し問われた首相は「国民にとって何が一番重要か、そのことを考えて行動する」などと答え、否定する言葉は使わなかった。
 これに関し、首相と同じグループの江田五月法相は20日、「『解散をしません』と言って自ら手を縛る必要はない」と記者団に説明した。
 首相には、選挙基盤が弱い議員が多い小沢系勢力をけん制する思惑があるとみられ、江田氏も一定の理解を示したようだ。
 しかし、民主党に逆風が吹く今の局面での解散を歓迎できないのは、首相の「身内」にとっても同じことだ。首相を支える民主党幹部は同日、「解散をちらつかせるのは良くない」と首相に苦言を呈した。
 枝野幸男官房長官は同日、北海道白老町で記者団に「厳しいときだからこそ、いかに謙虚に国民の声に応え、成果を上げていくかが問われている」と解散に否定的な見解を表明。岡田克也幹事長も三重県伊勢市での記者会見で「特例公債法案を放置して選挙をすると、それは日本の経済にとって大きなマイナスとなる」と語った。

(2011/02/20-19:35)時事通信

 今日の予算審議においても、菅直人首相は柴山氏の厳しい質問に対して、相変わらずのらりくらりとはぐらかすだけの答弁を続けていました。

 しかしながら、衆参ともに過半数を占め、3分の2以上の衆院での再可決が可能だった去年の参院選以前であればそうやって時間を稼ぎ、適当なところで審議を打ち切って採決してしまえばよかったのですが、鳩山辞任とともに社民党を失い、更に親小沢系16名の造反に会い、公明党にも見捨てられた現在となっては、そんなことをして野党を煽っても何も良いことはありません。ただのバカです。

 このままでは予算案の年度内成立は不可能です。

 もう、ここまで来たら、中途半端に解散するよりも、民主党の無能さと血みどろの内紛劇をとことんさらけ出し、十二分に駄目なところを見せ付けてから消えていってほしいですね。

 そうすれば、もう二度と政権交代詐欺に騙されることも無いでしょう。

菅内閣はもはやゾンビ政権だと思う方はクリック!⇒(人気ブログランキングヘ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

「連合赤軍を思い出す」

要は脅しですな。

小沢氏の処分「連合赤軍を思い出す」 亀井氏が民主批判

 国民新党の亀井静香代表は16日の記者会見で、民主党が小沢一郎元代表の処分を決めたことについて「ちょっとした違いを取り上げて追及し、総括して殺していく連合赤軍を思い出す」と痛烈に批判した。「党を固めないで政権運営はできない。政治の基本をわきまえて進んでくれないと大変な時代に立ち至る危険性がある」とも述べた。

 亀井氏は警察庁時代、連合赤軍のあさま山荘事件の捜査にあたり、今月5日に死亡した永田洋子死刑囚らを取り調べた経験がある。

2011年2月16日20時13分 朝日新聞

 つまり、亀井氏が言いたいことは、今の民主の執行部が真っ赤の極左だってことですよね。

 “警察庁時代、連合赤軍のあさま山荘事件の捜査にあたり、今月5日に死亡した永田洋子死刑囚らを取り調べた経験”がある亀井氏であれば、現在の民主執行部の方々の過去もよくご存知のことでしょう。

 そう考えると、この発言も意味深ですねぇ。どんどん仲間内でやりあっていただきたいものです。それでこそ極左だ。

“批判”というより“脅し”だと思う方はクリック!⇒人気ブログランキングヘ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

詐欺犯罪者の詭弁

こんな言い訳に納得するよう奴は本物のバカですね。

衆院選公約「言い過ぎた」=仙谷氏

 民主党の仙谷由人代表代行は13日午後、徳島市内で講演し、2009年衆院選のマニフェスト(政権公約)について「少々、約束に言い過ぎの部分があったかもしれない」と述べ、財源捻出面などでの判断の甘さを認めた。 
 また、仙谷氏は「日本の置かれた状況を考えると、単にマニフェスト違反だから(衆院を)解散せよ、それまでは協議にも応じないということで間に合う時代なのか」と述べ、社会保障と税の一体改革の協議を拒否する野党をけん制した。

(2011/02/13-18:03)時事通信

 あのリーマンショックの危機的状況下において経済への緊急対策に対する協力を盾に散々ゴネまくり、“少々、約束に言い過ぎの部分”がある詐欺マニフェストを掲げて政権交代を果たし、麻生政権下で成立された補正予算案の経済効果が薄まるまで何も出来なかった能無しぞろい。更にこの場に及んで内輪もめに明け暮れるバカどもの代表代行が、“「日本の置かれた状況を考えると、単にマニフェスト違反だから(衆院を)解散せよ、それまでは協議にも応じないということで間に合う時代なのか」”と述べるとは何事なのでしょうか。

 無為無策で踊り場に差し掛かった景気対策も何も出来ないまま、“社会保障と税の一体改革の協議”なんかで日本経済を更なるどん底に突き落とす前に、とっとと解散して能無し揃いの穀つぶしどもは一匹残らず消えうせるべき。

能無しの穀つぶしは一匹残らず消えうせるべきだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

少子化

日本が最下位に

「子供ほしい」、日本最下位=18カ国1万人調査-英カーディフ大

 男女の子供を求める度合いが、欧米、アジアなど主要18カ国の中で日本が最も低いことが9日、英カーディフ大のジャッキー・ボイバン教授らの調査で分かった。同教授は「日本は独自の問題に直面しており、親であることの価値観を再構築する必要がある」としている。
 調査は欧米、アジア、オセアニアなどで実施され、日本人481人を含む計約1万人の男女から回答を得た。
 その結果、「子供がほしい」とした度合いは、米国、デンマーク、トルコの順に高く、日本は最も低かった。「充実した人生に子供は必要」も最下位で、他国に比べ子供を持つ欲求の低さが際立っている。
 一方、「子供を持つことは社会的価値がある」との回答は、インド、中国に次いで高ポイントを記録。ボイバン教授は「日本人は義務として子供を産もうとしているのではないか」と分析した。

(2011/02/09-20:07)時事通信

 日本は“「充実した人生に子供は必要」も最下位で、他国に比べ子供を持つ欲求の低さ”が際立ち、“「日本人は義務として子供を産もうとしているのではないか」と分析”したそうです。

 この結果を見て、“おや?”と思った方もいらっしゃると思いますが、これって結局、惨めな父親像や不幸な親子関係を好んで報道し、時には誇張して吹聴することで家族を陥れ続け、このような些細なニュースを取り上げ、少子化に対する危機感を煽りまくるマスコミの報道姿勢そのものなんですよね。

 親になって初めて分かったんですが、子供って凄いです。

 まず、自分達が親に愛されているということに対してまったく迷いがありません。そして、親という存在を信じて疑うことがない。

 もし、そんなことはないと思う方がいらっしゃったならば、何時から、どうしてそうなってしまったかを考えれば、上記のようなマスコミの報道姿勢に突き当たることは間違いないでしょう。

 そして一度気付いてしまえば、今まで何気なく見てきたテレビというものに違和感ばかりを感じるようになり、BGM替わりに着けておくことすらも適わぬようになります。

 今、日本人に必要なのは、戦後の日本人を洗脳し続けているこのようなステレオタイプなマスコミから離れることで、もう一度自分自身の価値観を取り戻し、自分にとっての生きることの意義を再構築することなのかも知れません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

大雪なう

記録的大雪に。

北陸豪雪、交通機関などに影響甚大

 日本列島を覆う強い寒気の影響で、日本海側を中心に31日にかけ再び記録的な大雪に見舞われ、北陸地方ではJR線特急7本が前夜から立ち往生、高速道路、主要国道も福井県内で少なくとも車約950台が動けなくなるなど交通機関が軒並み乱れ、車中で夜を明かす人が続出した。

 滑走路の除雪が追いつかず、空の便も欠航。降雪がこの約1か月に集中しており、降り積もる雪の被害が各地で広がっている。

 気象庁によると、30日夜から31日午前にかけて、北陸地方を中心に大雪となり、31日午前9時50分までの24時間の降雪量は、福井県南越前町で81センチ、滋賀県長浜市で76センチ、新潟県妙高市で53センチをそれぞれ観測した。

 雪は日本海側を中心に終日降り続く見込みで、同庁は雪崩などへの注意を呼びかけている。

 JR西日本によると、この大雪で除雪作業が追いつかず、滋賀―新潟間の北陸線など金沢支社管内を通る全列車の、午後6時までの運休を決めた。

 福井県内のJR北陸線では30日夜以降、特急7本が立ち往生するなどして、乗客計約2100人が車内で夜を明かした。

 このうち、富山発名古屋行きの特急しらさぎ16号は、同県南越前町内のトンネル内で立ち往生。乗客200人が閉じこめられ、31日正午現在も運転再開のめどは立っていない。

 午前中には、パンや水、風邪薬などが乗客に配布された。列車内は暖房が効いており、乗客は落ち着いた様子で運転再開を待っているという。

 道路の除雪作業も難航し、南越前町では北陸自動車道上下線の今庄トンネル付近で計約800台が立ち往生。スリップ事故が相次ぐなどしたため、中日本高速道路では、福井―木之本IC(インターチェンジ)間の上り線を通行止めに。下り線も長浜―今庄IC間が通行止めとなった。

 また、同町と敦賀市を結ぶ国道8号も、敦賀トンネル付近で30日午後8時頃から大型トレーラーなど少なくとも約150台が動けなくなった。国土交通省福井河川国道事務所は、除雪作業のため、この区間を含む28キロを通行止めにした。

(2011年1月31日17時22分 読売新聞)

 福井県において、福井市と敦賀市を結ぶ国道8号、国道365号、北陸高速道路は、古くは新田義貞の軍勢もその多くが凍死したと伝えられる難所、木の芽峠付近の降雪量が多く、直ぐに通行止めになります。

 そして、この3道が通行止めになれば迂回路は存在せず、関西方面と名古屋方面への物流は完全にストップしてしまいます。

 一応、名古屋方面には一旦富山方面に抜け、東海北陸道を通って抜けるルートと、国道156号から九頭竜ダムを越えて白鳥に抜け、東海北陸道から名古屋に至るというルートがありますが、前者はべらぼうに遠回り、後者は周辺にスキー場が数多く存在するという理由で周辺自治体の除雪能力が高く、通行止めになかなかならないとはいえ道幅が狭く、今回のような大雪となれば雪崩や脱輪などの危険も多いため、あまりお勧めできません。

 この状況は現在建設中の中部縦貫道が開通しない限り改善することはないでしょう。

201101311342000

 さて、私の家も例に漏れず豪雪に見舞われたわけですが、上の画像は昨日(1月31日朝)、屋根の雪下ろしをした時のものです。考えてみれば、屋根雪下ろしなんぞしたのは1986年以来25年ぶり、平成初の快挙です。

 スコップはやや大型で1メートル20センチ程度、それより遥かに多くの雪が積もりやがりました。

 さらに画像をよく見るとわかると思いますが、スコップのちょうど真ん中ほどで雪の色が違うところがあります。今回は、一晩でそこから上、約1メートル30センチほどの雪が積もりました。凄いですね。

 こんなのどうやっておろすんだとお思いの方もいらっしゃるとは思いますが、新雪は案外軽いので、一度に大体高さ80センチ×幅50センチ×奥行き50センチほどの雪を取り除く事が出来ます。(腰を使って持ち上げ、肩で担ぐようにして屋根から投げ下ろします)

 ですので、仮に屋根の広さが5メートル×10メートルだとして、積雪量が160センチだと仮定すると、この作業を400回ほど繰り返せば完了できることになります。そう考えると全国で高齢者が何人も事故死する理由もなんとなくわかりますね。

 まぁ、とんだ重労働なのですが、これを3時間ほどで完了し、さらに1時間かけて完全に雪に埋もれた車を発掘したことを考えると、まだまだ私も若いですね。もちろん、しばらく筋肉痛で苦しむことは間違いありませんが。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »