« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

サッカー日本代表アジアカップ優勝

力が入りましたね。

日本、激闘制し4度目優勝=延長戦で豪州破る-アジア杯サッカー

 【ドーハ時事】サッカーのアジア・カップ最終日は29日、当地で決勝が行われ、日本はオーストラリアを延長戦の末1-0で破り、2大会ぶり単独最多となる4度目の優勝を遂げた。最優秀選手には本田圭佑(CSKAモスクワ)が選ばれた。また、2013年にブラジルで行われるコンフェデレーションズカップの出場権を得た。
 試合は双方譲らず、0-0のまま延長戦にもつれ込む激戦。日本はその後半4分、長友佑都(チェゼーナ)の折り返しを途中出場の李忠成(広島)が鮮やかに決め、栄冠をつかんだ。
 日本はザッケローニ監督の就任後、初のタイトル獲得。豪州は初めての決勝だったが優勝はならなかった。

(2011/01/30-16:20)時事通信

 とうとう日本代表がやりましたね。延長後半に途中出場で決勝点を上げた李忠成選手のスーパーボレーは、相手ゴールキーパーもデフェンダーも見送るしか出来ない完璧なシュートでした。

 今回のアジアカップにおいて、李選手はなかなか出場機会に恵まれず、前回の韓国戦も交代直前の長谷部のアクシデントで出場できませんでした。しかし、そうやって極限まで高められた思いがあったからこそ、あの決勝のゴールが生まれたのかもしれません。

 さて、今回のアジアカップの日本代表チームを見て思ったのですが、今まで頼り切ってきたセットプレーにまったく頼らなくなりましたね。フリーキックも早いリスタートが多く、コーナーキックもショートコーナーからの崩しを多用するようになりました。私が見る限り、今大会の日本代表14得点のうち、セットプレーからの得点はPKのみだったように思います。

 そして今回、そうやって激闘の末にアジアカップを勝ち取ったことによって、日本代表は自らを長らく縛り付けてきた得体の知れない“何か”を、完全に断ち切ったようにおもいます。日本代表チームは技術的なものよりも、精神的により多く成長しました。

 もうひとつ決勝戦を見て驚いたことは、スタジアムがまるで日本のホームのような雰囲気だったことです。数々の激闘の末、チームワークで勝ち抜き、ついに栄冠をつかんだ日本代表の奮闘は、まだサッカー人気が浸透しているとはいえないカタール国民にも何らかの感動を与え、サッカーの面白さを伝えることができたのではないでしょうか。

 そういった意味でも、今回の大会は意味深いものになったとおもいます。もうすぐ始まるW杯予選と、2013年のコンフェデレーション杯の日本代表の活躍が楽しみですね。

 ひたすら自己否定に忙しいマスコミやすっかり負け癖のついた日本経済にも見習ってほしいところです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

ザッケローニ監督

 昨日の試合後の選手インタビューで、本田選手がザッケローニ監督について、自分に自信を持たせてくれる監督だと述べ、監督のおかげで自信を持ってプレーできると答えていました。

 よく、日本のスポーツもののドキュメントにおいて、同じ失敗を繰り返す選手を指導者が厳しく攻め立てる場面があります。

 人間の脳は成功体験を学習するのと同じように、失敗体験をも同じように学習します。そして、ある行動について成功体験と失敗体験の両方があり、失敗体験の方がより強く印象付けられれば、同じ場面で同じ失敗を続けるようになるのです。

 失敗した選手を厳しく攻め立てることは、失敗を克服する為には逆効果でしかありません。私は多くの日本人指導者に見受けられるこのような指導方法が、多くの日本人スポーツ選手をプレッシャーに弱く、肝心なところで力を発揮できない人間に育てているのだと思います。

 これまでの試合の中で、カタール戦で決勝点を上げた伊野波選手に対するザッケローニ監督の対応や、チームの中心選手である本田選手に対する対応を見ていると、一人一人の選手を信頼し、その個々の能力を引き出すことが非常に上手な監督だと感じます。

 そしてそれが、今大会の日本代表チームの強さに繋がっているのだと思います。日本代表は本当に強くなりました。土曜日の決勝戦が今から楽しみですね。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表決勝進出おめでとう!

 今日の主審もピッピピッピと笛を吹くのに忙しかったようですが、日本代表は毎試合毎試合完全なアウェーの中、よく決勝まで勝ち残りましたね。

 最後、同点ゴールを押し込まれた時は負けを覚悟しましたが、その嫌なムードを試合でPKをはずした本田が豪快に決めて晴らし、川島も神懸ったセーブを連発して3対0で快勝。本当に気分が良かったです。

 途中交代した長谷部が心配ですが、決勝はキャプテンとして元気に戻ってきてほしいですね。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

官邸ブログに英語版

また無駄なことを。

官邸ブログに英語版=首相「国際的に伝えたい」

 首相官邸のウェブサイト「KAN-FULL BLOG(カンフルブログ)」の英語版の配信が25日から始まった。「Prime Minister KAN’s BLOG」と題し、菅直人首相が自ら執筆する「先を見すえて」の英訳を掲載。動画コーナーでは、英語の字幕や音声を流している。
 首相は同日夜、首相官邸で記者団に対し、「『平成の開国』という形で、いろんな発信を国際的にも伝えたいということで英語版を始めた。ぜひ皆さんに見てほしい」と述べた。
 同サイトのアドレスはhttp://kansblog.kantei.go.jp/。 

(2011/01/25-20:02)時事通信

 何一つやり遂げたこともなく、これからやり遂げる為の知恵も実行力もないのに、それを国際的に語ってみたところでバカにされるだけです。

 まさに恥の上塗り。こういうような、やった気分だけ味わうために自己満足で作ったブログなど誰も見向きもしないでしょう。

バカを国際的に伝えてどうすると思う方はクリック!⇒(人気ブログランキングヘ)

人気ブログランキングへ

 今日は、アジアカップ日韓戦ですね。私がザッケローニなら、今日のFWは前田遼一に代えて李忠成にします。

 在日<日本人<帰化在日という韓国人のメンタリティーを考えれば、岡崎も裏を取りやすくなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

日本代表準決勝進出おめでとう!

本当に苦しい試合でしたがよく勝ちましたね!

吉田選手がカタールの選手に故意に足を踏まれた上に、不可解な2枚目のイエローカードを食らって退場して更に、直接FK決められて逆転された時はもう寝ようかと思いましたが、カタール14人対日本10人という逆境に追い込まれてからの香川選手の活躍は本当にすばらしかった!。

特に、3点目を決めた伊野波選手の情けない顔が良かった!それ以上に、終始憮然とした表情で試合を見つめていたザッケローニ監督のガッツポーズが良かったですね!

クソ主審も副審も線審もナイスアドバンテージ!点決められた後に笛くわえてももう遅いんだYO!カタール選手も転ぶ練習お疲れさま!セバスチャン、あんたが今日のアカデミー賞だYO!

後、スタジアムに応援に行った日本のサポーターは無事に家に帰るまでが試合観戦だ!夜道に気をつけろ!

こんな苦しい試合の中で、セットプレーではなくて流れの中で3点を決めた日本代表は本当にすばらしかったです。

準決勝は、イラン(中東)が来ても、韓国(基地外)が来ても苦しい試合になると思いますが、俄然、楽しみになってきましたね。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

「理解できない」鳩山由紀夫

さすがはルーピー

鳩山氏、改造内閣を批判 「理解できない」

 【ニューデリー共同】民主党の鳩山由紀夫前首相は16日夜(日本時間同)、訪問先のインド・ニューデリーで同行記者団と懇談し、菅直人首相が内閣再改造で枝野幸男官房長官を起用したことについて「昨年の参院選で負けた時の幹事長だ。責任を半年で忘れていいのか。私には理解できない」と批判した。また首相に近い一部幹部で人事を決めたとして「挙党態勢を望んでいると言いながら、どうして身内だけでやろうとするのか」と批判した。

 各種世論調査で再改造内閣への支持率が小幅上昇にとどまったことについて「首相が最強の内閣と胸を張るほど、国民のみなさんは期待していない」と指摘した。

2011/01/16 23:55 【共同通信】

 鳩山由紀夫は“「昨年の参院選で負けた時の幹事長だ。責任を半年で忘れていいのか。私には理解できない」”と述べたようですが、実母から10億円以上の贈与を受けながら1億3千万円の脱税を成功させ、秘書が2人も逮捕・起訴され、自身も強制起訴された幹事長を起用した事で民主党政権の信頼を失墜させた元凶がよく言えたものですね。

 鳩山由紀夫の首相辞任後の発言を見る限り、“責任を半年で忘れていいのか。私には理解できない”のはお前のほうだ。

ルーピーにつける薬はないと思う方はクリック!⇒(人気ブログランキングヘ)

人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

AKB48考

新年はじめましていきなり備忘録です。

※最近、考え出したら寝ても覚めてもな状態になったのでまとめてみました。全編が独断と偏見と推定で書かれておりますので、注意してください。

・AKB48とは何でしょう?

48は12の4倍。12は2、3、4、6で割り切れる便利な数。よって多彩なチーム編成が可能。現在のA・K・Bの3チームは多分1チーム16人編成のはず。

多すぎて全員を覚えられない。必然的に集中的に応援する“推し”ができる。

多すぎて一人一人がテレビに映る時間は極わずか。劇場でも後列となれば見せ場が少ないので必然的に“推し”を応援して前列に出したくなる。

よく、AKBのメンバーを評して“クラスに2~3人はいる”という意見が散見されるが、見方を変えれば“会いにいけるアイドル”とは、素人以上アイドル未満という新しいジャンルなのかもしれない…。と思ったけど、同じ仕掛け人(秋元康)で80年代に流行った“おニャン子”も似たような感じ(今でも新田恵利だけはありえない。)だったから、ただのリバイバルなのか。

AKBに飛びぬけて可愛い子がいないのは、多分、人気を集中させることなくある程度分散させてグループ内競争を白熱させて盛り上げる一方で、ある種“特殊”な彼女たちを自分が支持することへの優越感に似た感情と、自分が応援しないといなくなってしまうという危機感を煽るためなのかも知れない。もちろん、飛びぬけて可愛い子がいないからこそ結果的にそうなった可能性も。

多種多様な“推し”の総力がコンテンツとしてのAKB48の人気になるため、まったく知らない人が見てもその人気の秘密が今ひとつ理解できない。何故なら、“推し”のためにグッズやCDをまとめ買いするファンがいるなど、“世間一般の人気”と“AKB基準の人気”とは必ずしも一致しないから。もちろん、“世間一般の人気”というやつもまったく当てにはならないが、要は“AKB基準の人気”とはつまり、従来、広告代理店にやらせていたことをファンに肩代わりさせているだけなのかもしれない。

コンテンツとしてのAKBとしての人気が絶大であっても、一人一人で見ればそうでもないので、AKBを離れて少人数でテレビ出演しているところを見るとある種の違和感を感じる。その一方で、従来のアイドルにはない親近感と、足繁く握手会などのイベントに通えば名前を覚えてもらえるかもしれないという期待感がある。要はアイドルとしてのハードルが低い。

テレビ出演の際、各メンバーがテレビカメラに向かって“レス”(手を振ったり目線を送ったりすること)を返すが、これは、従来の“テレビの中からお茶の間に向かって”という公共としてのアイドルとしてではなく、“自分を応援してくれる限定されたファン”に向かってのものと推定される。よって、何にもしていない人が“推し”のそういう姿を見ると、ちょっと(だいぶ?)寂しいものがある。そして、何か買いたくなる衝動に駆られるようになる…かも。

etc...

・AKB48って結局何?

30代から見れば、昔懐かしい現代版おニャン子。私は当時、同郷ってこともあって高井麻巳子(姉の知り合いの知り合いが知り合いらしい。要は他人。実家は自転車屋だという噂があったようななかったような?)が好きでした。そして現在、AKBでは必然的にキャラがかぶる柏木由紀の存在が気になるわけで。

でも、高井麻巳子が秋元麻巳子になっちまった時点でアイドルは卒業したので、もう騙されたりなんてしないのさ。正直、AKB特集などで、映し出された客席のファンの中に明らかにおニャン子世代であろう人たちを発見した時なんか心が痛みます…。

“極めて見せますアイドル道”とはいっても、彼女が追い求めているものは、歴代アイドルが最も輝いた時期の限られた一瞬にしか過ぎません。それが過ぎ去った後には、いったい何が残るのでしょうか。

テレビって結局、何かを生産しているように見えて実は、常に何かを消費しているだけの存在にすぎない。自分で持ち上げて人気を作り上げ、持ち上げるだけ持ち上げては叩き、他人の不幸を嬉々として報道し、飯の種にするのがマスコミです。

今、正に収穫期を迎えたAKBというコンテンツを消費しつくした後には、多分、何も残らないでしょう。事実、おニャン子も結成から3年後ぐらいにメインメンバーが卒業(要は収穫。そして高井麻巳子は秋元麻巳子に。)された後には何も残らなかった。

老獪なファンとして言える事は、国生さゆりのように生き恥をさらす前に、絶頂期に自分の意思で引退して、尚且つそれが良い思い出になるような人生を歩んでもらいたいものです。

正直、うちの娘(年中さん)は大島優子がお気に入りのようですが、将来、AKB(のようなもの)になりたいと言い出したら全力で阻止します。それが親の務めってものです。

現在、例の娘は母親と上京しているようですが、鹿児島に一人で残された父親のことを考えるととても人事に思えません。いつの間にやらこの私も、心から“アイドル”というものに夢中になれない年になっちまったようですね。

では、改めまして新年も、何かと節操のない当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »