« メンヘラ国家中国 | トップページ | 政権交代の意義 »

2010年11月 1日 (月)

統治能力の欠如

この無能集団が。

首相「大変遺憾」=外相、駐日大使に抗議-ロシア大統領訪問

 菅直人首相は1日午前の衆院予算委員会で、メドべージェフ・ロシア大統領が北方領土の国後島を訪問したことについて「北方四島はわが国の領土であるという立場を一貫して取っているので、その地域に大統領が来たというのは大変遺憾なことだ」と批判した。日本側は大統領の訪問に反発しており、前原誠司外相は同日昼、ベールイ駐日ロシア大使を外務省に呼んで抗議した。
 これに対し、ベールイ大使は「ロシアの国内問題で、国際的側面はない。日本には冷静かつバランスある対応を求める」と説明。また、13日から横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際に予定される日ロ首脳会談に触れ、「両国関係の話をしよう」と述べた。
 外相は予算委で「事実確認はまだしていない」としつつ、「日本の原則的立場と全く相いれず、わが国国民の感情を傷つけるものだ」と指摘した。ともに自民党の武部勤元幹事長への答弁。
 仙谷由人官房長官は午前の記者会見で、ロシア側から事前通告はなかったことを明らかにした。同長官は「今回の事実関係、大統領や(ロシア)政府がどういうことを言うのか、きちんと把握してからしかるべく対応措置を考えていかなければならない」と述べ、ロシア側の出方を注視する考えを強調。対抗措置としての駐ロシア大使召還の可能性については「報告も受けていないし、相談は現時点ではない」と語った。 

(2010/11/01-13:12)時事通信

 菅直人首相は“「北方四島はわが国の領土であるという立場を一貫して取っているので、その地域に大統領が来たというのは大変遺憾なことだ」”と批判し、仙谷由人官房長官は“「今回の事実関係、大統領や(ロシア)政府がどういうことを言うのか、きちんと把握してからしかるべく対応措置を考えていかなければならない」”と述べたようですが、自党の一議員ですら、ご本人にお伺いを立てなければ招致すらできないお寒いリーダーシップを考慮すれば、結局、口だけ立派でも何もしないのがオチでしょう。

 当たり前のことですが、自国の領土すら統治できない、守れない民主党が、奪われた領土を取り戻すことなど出来る訳がありません。

 今回のロシアによる北方領土訪問も、普天間移設を巡って起きたグダグダと尖閣問題で露呈した民主党の統治能力の欠如を見越した物であることは間違いありません。

 早い話が下手を打って舐められたんです。これから、民主党政権が続く限り、諸外国による領土浸食は止まることがないでしょう。

 前原誠司外相は“「日本の原則的立場と全く相いれず、わが国国民の感情を傷つけるものだ」”と述べたようです。しかしながら、“わが国国民の感情”とやらを内外にハッキリ示すためには、先ず、民主党政権を血祭りに上げることから始めなければならないようですね。

民主党に統治能力はないと思う方はクリック!→(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« メンヘラ国家中国 | トップページ | 政権交代の意義 »

コメント


ロシアが今回の様な行動に「打って出た」のは、私が思うに次の3点の理由があるように思われます。

(1)民主党が素人政権であり、無能である事を見透かした為。しかもこの政権は共産イデオロギーに毒された党であり、社会主義的なものに、特に甘い(弱い)ので、強い対抗措置は取らない事が、容易に想定された為に行動を起こした。何しろ「尖閣ビデオ」1つ公開の意思が無いのだから、話にならない。

(2)米国は9*11テロ以降軍隊を手薄な本国に戻しつつある。この為、東アジアに軍事的空白が生まれつつある。しかも我が日本の政権は、これを認識すらしておらず、対抗措置も取らない。まさにこれを見て支那は尖閣諸島に、各種工作を仕掛けてきたのである。ロシアは支那のような荒っぽい工作はせず、「平和的な工作」として大統領訪問を仕掛けてきた。やり方は違うが目的は同一である。

(3)日本の軍事力は一級である。しかし憲法九条と言う、他国から見たらギャグの様な、訳のわからない物の為、その軍事力は全く行使出来ない事が、外国にも見透かされている。その上軍事的抑止に今の日本に必要な、在日米軍について、あの大馬鹿総理大臣の鳩山が、普天間基地問題を勝手にこじらせ、日米間をギクシャクさせた。これは他国から見たら、嘲笑すべき結果をもたらしてしまった。

(4)今、世界は激しい資源獲得競争が起こっています。尖閣諸島は大変な地下資源があり、北方領土は漁業資源の宝庫でです。その上軍事的には、尖閣は次に沖縄を支那に併合する為の橋頭堡となり、北方領土はロシアにとっては、太平洋の入り口です。この為、石に齧りついても(軍事力をつかっても)確保する様な、強い意志が両国から感じられます。この様な強い意思が今の日本にあるとは、とても思えません。もう気合の段階で日本は負けています。

以上思いつくまま書いてしまいましたが、参考になれば幸いです。最後に追伸をを1つ。

追伸・最後に取り上げねばならないのが、我々国民の事です。尖閣諸島の一件でだいぶ国民の方々も覚醒されてきたようであるが、もう一段の行動が必要と思われます。なにしろ率先して対処しなければならない、政府があれでは、外国に対し明確な意思を提示出来る筈もない。せめて我々だけでも尖閣デモ等の行動を起こし、明確な意思を外国及びやる気の無い政府に明確な意思を示さなければなるまいと思うが、皆さんはどうお考えですか?。      以上

投稿: 後南朝 | 2010年11月 1日 (月) 21時55分

後南朝様のおっしゃる通りと思います。

日本人って何処までお人善しなんでしょう。
ロシアや中国(当時は支那)がほんの60~70年前、日本に何をしたか?忘れた訳でもあるまいし
それとも、正しい暦史を教育しなかった為、当時を知る方達の思いが伝わっていないのでしょうか?

過去に支那やロシアが日本、日本人にどれ程酷い事をしたか、ここで述べるのは憚りますが、日本人の意思を海外に明確にすべきです。

ブログ主様のご意見通り”素人集団民主党”では
今後の日本は坂道を転げ落ちる如く全ての領域で立ち直れなくなる危惧を感じます。こう言う時こそ日本人の真の強さを期待したい!

投稿: 古希近太郎(こきちかたろう) | 2010年11月 1日 (月) 23時42分

尖閣諸島は沖縄侵略への橋頭堡となるのは確かですが、中国の台湾侵攻の際には是非とも抑えておかなければならない軍事的要衝でもあります。
現在、日本が領有する尖閣諸島に対して、中国と台湾も領有権を主張していますが、台湾については、日本が尖閣諸島への実行支配を明確に示し、中国への軍事的対抗姿勢さえハッキリさせることが出来れば、おのずと解決できることなのだと思います。
現在の一番の問題は、中国共産党とソ連という共産主義と闘った“反共戦争”を、政権政党である民主党が全否定してしまったことにあります。
その民主党政権を打倒しなければ、日本の明日はないでしょう。

投稿: takayuu@管理人 | 2010年11月 2日 (火) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 統治能力の欠如:

« メンヘラ国家中国 | トップページ | 政権交代の意義 »