« 友愛外交? | トップページ | 究極の無責任発言 »

2010年11月14日 (日)

口だけ首相

だからどうした。

菅首相「尖閣は固有領土と伝達」 胡主席と会談で

 菅直人首相は14日午後の記者会見で、中国の胡錦濤国家主席との13日の会談について「尖閣諸島はわが国固有の領土であり、この地域に領土問題は存在しないとの基本的立場を明確に伝えた」と明らかにした。ロシアとの関係改善に向けては「経済的な協力関係が深まれば、(北方)領土問題にいい影響が出ることは十分あり得る。積極的に話し合いを進めたい」との考えを示した。

 日中首脳会談に関し、日本政府は尖閣問題をめぐる具体的な発言内容を公表していなかった。

 首相は会見で、日中関係について「いろんな問題があっても、乗り越えてしっかりした関係をつくるのが戦略的互恵関係の持つ意味だ。日中関係のさらなる発展を期したい」と表明。今回の胡主席との会談で「首相就任時の6月に(関係を)戻すことができた」との認識を強調した。

 中国からのレアアース(希土類)輸出停滞問題では「中国側は、レアアースを何かの手段として使うつもりはないとの趣旨を言っているようだ」と指摘。「今後の対応を見極めた上で、冷静に対処したい」として、中国側の対応を注視する方針を示した。

2010/11/14 18:41 【共同通信】

 だからどうしたとしか言いようがないのですが、本気で“尖閣諸島はわが国固有の領土であり、この地域に領土問題は存在しない”と思っているならば、その足で尖閣諸島に上陸して行動で示すべき。

 さて、菅首相は首脳会談の成果として、“「首相就任時の6月に(関係を)戻すことができた」”と語ったようですが、相変わらずその先の方向性はまったく見えてきません。

 しかし、民主党の今までの行動を見る限り、彼らの言う“日中関係のさらなる発展”とは、中国による日本併合を指すとしか思えない。

 おそらく、自虐史観にどっぷり漬かりきった彼らの思想に基づけば、中国を侵略してひどいことをした日本は、中国に侵略されてひどいことをされなければ辻褄が合わないのでしょう。

 いずれにせよ、このような見え透いたパフォーマンスにこれ以上騙されてはならない。

尖閣諸島に上陸して行動で示せ!と思う方はクリック!⇒(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« 友愛外交? | トップページ | 究極の無責任発言 »

共同通信」カテゴリの記事

菅直人」カテゴリの記事

コメント

管はエイペックにおいて、支那と会談しないと会議自体が失敗になると言う、左翼独自の思考から、支那相手に国益を毀損し譲歩を重ねた挙句、やっと会談「させていただいた」のが今回の会談と見て間違いあるまい。つまり支那と「ただ会って」体裁を整いたいだけ。会えればそれでいいのだ。


だから会談の内容なんて、なきに等しいと思われる。会談時間はたった22分。これで実質的な会談など出来る訳なかろう。ただ「尖閣諸島はわが国の領土です」と表明しただけと思わる。こんなの支那に無視されて終わりである。でも管は支那に意思表示した事を自慢げに言う。貴方そんな空疎な言葉を言って虚しくないのか?。


「空疎な言葉」と言えば・・・民主党の発言は空疎な言葉のオンパレードである。事業仕分けを始め、政治主導・企業献金の禁止・政権交代が最大の景気対策・米軍基地問題・東アジア共同体及び共同通貨等、得意げに発言するものの、内容の詳しい精査などして無いから、成果など挙げられる筈も無い。
最初国民から期待された事業仕分けなんてのも、いまは国民は見向きもしない。国民の方々も気付き始めているのだ。


なかでも「なにこれ」と言うのが極左仙石官房長官が、支那関係で好んで使う言葉「戦略的互恵関係」だ。最近やたら使われている言葉ですが、この(ゴ^-リキーの部屋)の管理人さん、読者の皆様、通常使われている「両国間の緊密な関係」と互恵関係とやらの違いってわかりますか?。
私は判りません。全く判りません。何故なら互恵関係と言う新語の定義を、民主党が国民に説明したなんて話は聞かないからです。これだは、ほかの言葉と比べようもありません。


私は勿論政治の素人ですが、その私なりに考えてみると、政治において「言葉」はとても重要だと思うのです。ちょとした一言で国内が揉める事だってあると思います。従って政治家の発する言葉は、正確で間違いのないもので、なくてはなりません。新語を使う場合は、十分な意味の説明をしなくては、ならないと思います。


しかし、民主党的言葉は、なんか「その場のノリ」で発言しているようで、白けてしまいます。結局あの人達(民主党の議員さん)は何を言っているのか、自分で自信を持っているのでしょうか?。


追伸:民主党枝野幹事長代理は、先頃「政治主導」が機能しない理由として、「こんなにも仕事が忙しいとは知らなかったから」と言い訳し、その上「政治主導なんて迂闊な事を言った。仕事が大変だ」と、反省の弁と愚痴を述べています。


政権交代1年弱で、この様ですか・・・・・・・


貴方達、いま自分が何をしているのか、自分で理解していますか?。

投稿: 後南朝 | 2010年11月15日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口だけ首相:

« 友愛外交? | トップページ | 究極の無責任発言 »