« 屁理屈首相 | トップページ | 小学生以下の争い »

2010年11月29日 (月)

恥知らずな防衛相

こりゃねぇわ。

北沢防衛相「仲井真さんとは協議の余地たくさんある」

 沖縄県知事選で仲井真弘多知事が再選されたことについて、北沢俊美防衛相は29日、「仲井真さん自身は沖縄経済の振興を強調しているので、政府と協議を進めていく余地はたくさんある」と述べ、振興策をテコに米軍普天間飛行場の県内移設を前進させる考えを示した。国会内で記者団に語った。

 知事選で仲井真氏は「県外移設」を訴えたが、北沢氏は「基地問題は全国的に考えるべきだ、と極めてまっとうな主張をしている」と前向きに解釈してみせた。記者団から「鳩山政権で県民の県外移設への期待感が高まってしまったことにどう向き合うか」と指摘されても、「前政権がどういう期待感を与え、どう挫折したかは関係ない」と、どこ吹く風だった。

2010年11月29日18時28分 朝日新聞

 沖縄知事選では高みの見物を決め込んだ民主党が、いざ当選を決めた途端に“「仲井真さん自身は沖縄経済の振興を強調しているので、政府と協議を進めていく余地はたくさんある」”などとすり寄ってきたところで信用できるわけがありません。

 更に、北沢防衛相が“「前政権がどういう期待感を与え、どう挫折したかは関係ない」”などと発言したと来れば、その恥知らずぶりに唖然としてしまいます。

 私の記憶が確かならば、その“関係ない”とのたまった“前政権”の防衛相は、北沢防衛相ご本人だったのではないですか?

 このような節操のない姿をみれば、仲井間知事が朝日新聞の取材に“「これからの仕事を思うと、そう笑顔にもなれませんよ」”と語った気持ちがよく分かります。

 今回の知事選では仲井間氏が4万票差で勝つことが出来ましたが、対抗馬の伊波氏が、30万票近くを獲得したこともまた事実です。

 その大きな要因が、政権与党である民主党がその責任を放棄し、日和見的に選挙を傍観したことにあることは間違いありません。

 もし、私が仲井間知事の立場にあるとしたら、沖縄振興と引き換えに基地の県内移設受け入れについて、このようなまったく信用できない連中と自らの政治生命をかけて交渉するよりは、1~2年後に確実に訪れる民主党の崩壊を待ち、新政権の誕生を民意として、基地の県内移設を受け入れる道を選ぶでしょうね。

 とにかく、基地移設について、これ以上民主党とは何も交渉できない。おそらく、米国も同じ事を考えているでしょう。

北沢防衛相の恥氏らずっぷりに唖然とした方はクリック!⇒(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« 屁理屈首相 | トップページ | 小学生以下の争い »

コメント

権力を振り回して無神経な言論封殺通達を出す大臣だから、沖縄の反発もカネで封じ込めるはずとタカをくくっているのだろう。
人間性の卑しさがコイツの言葉ににじみ出ている。

投稿: やす | 2010年11月30日 (火) 17時46分

イヤー北澤防衛相も酷い事言っていますが、最近の民主党議員はこの手の失言連発で、もう誰が何を言ったか、全部思い出せない程です。

最近の民主党議員の失言、しかもホームラン級のやつが議員中井某の皇室に対する不敬発言だろう。
詳しい内容は省略しますが、神聖な議会においてあの発言は、秋篠宮ご夫妻に対する直接的な非礼であります。しかも、この事に対し非難が起こると「聞こえないようにやった」と馬鹿丸出しの弁明で恥の上塗りをやる、救いがたい男です。しかもコイツ、若手ではなく、ベテラン議員なのですから、あいた口がふさがりません。

しかもコイツは何と前国家公安委員長の要職にありました。因みに今の公安委員長は「あの有名な」岡崎トミ子氏です。何でこんな奴ばかりが民主党ではなるのでしょう?。もうこうなったら、警察や海保の皆さん!。こいつ等の事は相手にせず、任務にまい進してください!!。

追伸:しかし何で民主党は馬鹿失言ばかりするのだろう?。
もともと馬鹿の集まりだったが、今までは野党だったので報道量が少なく、表ざたにならなかっのか?。
与党になったら舞い上がってしまい、失言を繰り返すようになったか?。

私は両方の要因が重なり、今の体たらくになったと思います。何せ管首相が「沖縄は独立した方がよい」なんて、大大馬鹿発言をする政党である。兎に角まともな政党ではない。一日でも早くこいつ等を下野させるのが、日本の国益であろう。

投稿: 後南朝 | 2010年12月 1日 (水) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恥知らずな防衛相:

« 屁理屈首相 | トップページ | 小学生以下の争い »