« 江田五月が言論統制を約束 | トップページ | お前が言うな。 »

2010年10月21日 (木)

テロリスト養成学校無償化へ

民主党らしいやり方です。

朝鮮学校を無償化対象に 民主が了承、年内にも支給

 民主党は21日の拡大政調役員会で、朝鮮学校への高校無償化適用を可能にする文部科学省専門家会議の基準案を了承する見解を正式決定した。日本の専修学校高等課程と同レベルの教育体制かどうかを基本的な判断材料とする内容で、朝鮮学校生徒への就学支援金を支給する同省方針を事実上追認した形。22日に党側が高木義明文科相に見解を報告する。

 これを受け文科省は基準を正式決定し、年内にも朝鮮学校生徒への就学支援金の支給を決める。生徒1人当たり年間11万8800円を基本に、年収が低い世帯は1・5~2倍に増額。4月にさかのぼって支給される。

 拡大政調役員会が決定した基準案に対する見解は、党文科・内閣部門合同会議が20日にまとめた。支援金支給の対象となる外国人学校の指定について「外交上の配慮で判断すべきでない」などとした上で、専門家会議の基準案を「おおむね了とする」と明記している。

 一方で慎重論に配慮し、朝鮮学校の教育内容を注視する必要性や支援金が確実に生徒の授業料に充てられることを確認するよう指摘があったことなども付記した。

2010/10/21 21:08 【共同通信】

 北朝鮮の朝鮮労働党が事実上支配し、金日成、金正日親子を崇拝する偏向教育を行う朝鮮学校に対して、事実上の資金援助を行うなんて正気の沙汰ではありません。

 現在、朝鮮学校元校長の金吉旭は、原敕晁さん拉致実行犯として国際指名手配されていますが、朝鮮学校ではその金吉旭を英雄として教育しています。そのような偏向した思想教育によって育成された生徒が、次の世代のスパイやテロリストとして選抜され、養成されることは容易に想像できます。

 “専門家会議の基準案を「おおむね了とする」と明記”とありますが、民主党はあろうことかこのような重要な政治的問題に対して、得体の知れない“有識者会議”とやらを組織し、その判断を丸投げして責任を曖昧にしようとする始末です。

 これは、国家として国民を護る義務を放棄したに等しい暴挙です。このようなやり方を見る限り、民主党の北朝鮮に対する拉致や核実験問題への取り組みというものは、ただの人気取りの為のジェスチャーだと断言して良いでしょう。

テロリスト養成学校に援助する必要は無いと思う方はクリック!→(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« 江田五月が言論統制を約束 | トップページ | お前が言うな。 »

共同通信」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

全く同感です。
教育が如何に大事か、言うまでもありませんが例えば電車内で化粧したり、物を食べたり飲んだり、席を譲らない等、これ教育の不備でしょう(学校、家庭、地域、全ての教育)又、学校で日の丸の大切さや、国歌の意味を詳しく教えても多分問題視されるでしょう。
やはり、普通に考えても今の日本はおかしい!と思う。
朝鮮学校に援助?全く合点が行かない。普通の日本人感情からすれば、これ犯罪じゃないの?
だって、我々日本人の血税を反日教育に援助する。
って事でしょう。あり得ない!
こんな民主党に投票した者、税金倍額払いなさい。

投稿: 古希近太郎(こきちかたろう) | 2010年10月22日 (金) 00時22分

政府が公金を支出するなら実態を示す校名、例えば反日朝鮮人養成学校にでも変えさせましょう。

投稿: やす | 2010年10月25日 (月) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/49808129

この記事へのトラックバック一覧です: テロリスト養成学校無償化へ:

« 江田五月が言論統制を約束 | トップページ | お前が言うな。 »