« 普天間決着期限なし | トップページ | 首相談話は背信行為 »

2010年8月 4日 (水)

工作員予備校も無償化へ

肝心なことは一歩も進まないのにこういうのだけは滅法早い。

朝鮮学校も無償化へ=政府部内で最終調整-文科省

 文部科学省は4日、高校授業料の実質無償化法の対象に朝鮮学校を含める方向で政府部内で最終調整する方針を固めた。同省は同法施行時点では朝鮮学校の扱いを保留し、外部の専門家会議で検討していたが、同会議で朝鮮学校を除外すべきでないとの意見が強まっている。このため、同省は月内にも結論を出し、4月1日にさかのぼって実質無償化を実施したい考えだ。
 同法は、公立高校の授業料は徴収せず、私立高校や専修学校高等課程などに通う生徒には世帯の所得に応じて年11万8800~23万7600円の就学支援金を助成する内容。民主党が看板政策の一つとして、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げ、今年の通常国会で成立した。

(2010/08/04-13:47)時事通信

 “看板政策の一つ”じゃ無くて“騙し討ち政策”の間違いだろ。っていうか、看板政策が工作員予備校支援ってどうなのさ。

 拉致実行犯の釈放嘆願書に署名した者が首相と法相を勤め、居るかどうかもわからない外国人国外子に最低10億円ばら撒きながらも海外在住の両親を持った日本に住む日本人の子供には一銭も渡さず、大統領級の扱いでテロ実行犯を私的に招待し、多額の税金を使ってヘリ遊覧までさせながら何一つ有力な情報を引き出せなかった政党が、またやりましたね。

 “同省は同法施行時点では朝鮮学校の扱いを保留し、外部の専門家会議で検討”とはいいますが、都合の悪いことは選挙前には保留しながらも、参院選後に早速実行しようとするその姿勢は“騙し討ち”としか言いようがありません。

 検討中検討中といいながら都合の悪いことは徹底的に隠し、ほとぼりの冷めたころにごり押しするような売国政党に政権を任せている限り、国益が垂れ流され、日本人が奴隷化するのも時間の問題でしょう。

民主党は詐欺政党だと思う方はクリック!(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« 普天間決着期限なし | トップページ | 首相談話は背信行為 »

北朝鮮」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

自民党の質疑では朝鮮学校の教科書が登場。
金正日を奉る教育にカネをだす民主党政権には呆れますね。

中井はヘリ遊覧について~韓国側と本人から観光の要請があったと答弁。
だが、韓国はそんな要請はしていないと報道。

真実はわからぬが、国を代表した発言だと自覚があるのか…無責任さを痛感します。

投稿: SW | 2010年8月 4日 (水) 19時00分

今日の国会午前中の審議で自民党山本一太議員がこの問題を川端大臣に激しく追及してました。
山本氏「ここでどんな授業が行われているのかを大臣は知っているのか?」や「無償化にするかの判定をする外部の専門家がもし無償の判断をした場合、結果が正しいかを政治家がさらに審議をするのか?」に対し
川端氏「決定はまだこれからだが外部の専門家の決定は重く受け止める、結果を見た上でこちらで判断する」とはぐらかし
山本氏「ではもし十分な審議もせず勝手に国民の税金を使い、ましてや国益を損なう決定を下したら、この問題は国会の場で大臣を徹底追及する」と発言、記憶の範囲だが大体こんなやりとりがあった。
案の定このやり取り夜のニュースでは各社見事にスルーだけどね。

投稿: ts | 2010年8月 5日 (木) 00時04分

GHQ占領憲法第89条違反。
護憲派自らが教典を踏みにじるとは、
やはりこいつら似非護憲派なんだな。

投稿: やす | 2010年8月 5日 (木) 13時12分

はじめまして。突然、申しわけありません。

そちら様の御卓見を読ませていただいております。

宜しければ、相互巡回ブログ、リンクをお願いできますでしょうか。

私は生粋の日本人です。以下が私のブログとなります。

日本を愛する黄金の猛虎
http://moukomyan.seesaa.net/

暫く、私の拙い憂国の意見などを検討していただいた後でも構いません。

当方にお返事などいただけましたら、幸いです。

宜しくお願い致します。

投稿: | 2010年8月 5日 (木) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/49057266

この記事へのトラックバック一覧です: 工作員予備校も無償化へ:

« 普天間決着期限なし | トップページ | 首相談話は背信行為 »