« 防衛白書も先送り | トップページ | 瑞穂党首が辻元を批判す »

2010年7月28日 (水)

千葉景子が死刑執行

非難続々。

法相は国民に説明を=死刑執行、変節を批判-亀井国民新代表

 国民新党の亀井静香代表は28日午後の記者会見で、民主党政権下で初の死刑が執行されたことについて「(千葉景子法相が)死刑をすべきではないという信念を変えるのであれば、考え方が変わったと国民に説明しないと(いけない)」と批判した。
 亀井氏は「今は政治家が日ごろの言動、信念と関係ないことを簡単にやっちゃう。千葉法相までもかと(思う)。政治家の信念や公約を国民が信じられなくなっている」と指摘した。
 また、「私は死刑執行そのものが、けしからんと言っている。国家による殺人に個人の立場では強い憤りを感じている」と述べた。
 社民党の福島瑞穂党首も同日の記者会見で「2人の死刑執行が政府内で大きな議論もなく、執行されたことは本当に残念だ」と述べた。

(2010/07/28-18:12)時事通信

 亀井氏は“「今は政治家が日ごろの言動、信念と関係ないことを簡単にやっちゃう。千葉法相までもかと(思う)。政治家の信念や公約を国民が信じられなくなっている」”と述べたようです。

 しかしながら、これは“政治家”では無く、“極左政治家”の間違いであり、信じられなくなったのは“政治家の信念や公約”では無く、権力の味を知った“極左の信念や公約”なのではないでしょうか。

 なぜなら、もともと権力志向の強い極左が保身の為に簡単に人を殺すのは、今も昔も変わらぬ極左の専売特許だからです。正しくは“千葉法相までも”ではなく、“千葉法相だから”なのです。

 私は死刑廃止論者ではありませんが、この変節女の保身に利用され、裏切られて殺された二人の死刑囚が哀れでなりません。(もちろん、二人の犯罪履歴を見れば、むしろ、最後に信じる者?に裏切られて殺されたことが因果応報であったといえなくもありませんが…。)

 これで千葉景子は、落選しても辞任しなかったことで国民の意思に背き、保身の為に変節したことで、僅かながらも存在したであろう、千葉景子の信念に共感して投票した死刑廃止論者の意思に背いたことになります。

 考え方を変えれば、誰からも支持されていない大臣の資格の無い人間が、サインひとつで死刑が執行できてしまうことへの問題提起と捉えることもできなくはありませんが、いずれにせよ大臣の資格としては、著しく不適格といわざるを得ません。

 次の臨時国会では、この不適格大臣の任命責任について、菅首相が厳しく追及されることは間違いないでしょう。

千葉景子は不適格大臣だと思う方はクリック!(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« 防衛白書も先送り | トップページ | 瑞穂党首が辻元を批判す »

時事通信」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/49000266

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉景子が死刑執行:

« 防衛白書も先送り | トップページ | 瑞穂党首が辻元を批判す »