« エース級種雄牛5頭感染せず | トップページ | いきなり躓く“脱小沢” »

2010年6月 7日 (月)

崩壊の序曲

できるわけがない。

党運営、透明・公平に=民主・枝野氏

 民主党幹事長に内定した枝野幸男行政刷新担当相は5日深夜、党運営の基本方針について「透明性と公平性という、政策の分野で目指してきたことを同じようにやっていきたい」と表明した。選挙資金の配分などで不透明との批判も根強い小沢一郎前幹事長の党運営を暗に批判し、見直す考えを示した発言だ。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 枝野氏はまた、「参院選に勝利するため、有権者に民主党が何を目指し、何を考え、どう行動していくのかを分かりやすく伝えていくのが私の一番の役割だ」と強調した。「(小沢氏に)遠からずあいさつにうかがいたい」とも語った。 

(2010/06/06-01:23)時事通信

 旧社会党や自民党から追い出された寄せ集めの選挙互助会にしかすぎない民主党で“「透明性と公平性という、政策の分野で目指してきたことを同じようにやっていきたい」”と思っても、主義主張の違いから分裂するのがオチです。

 結局、民主党をまとめるには“選挙資金の配分などで不透明との批判も根強い小沢一郎前幹事長の党運営”を見習い、選挙互助会の目的を全面に押し出して政策論は極力避け、文句の言う奴はカネの配分で黙らすしか方法は無いのです。

 反小沢の急先鋒であり、今回、党をまとめる立場となった枝野幸男新幹事長は“「参院選に勝利するため、有権者に民主党が何を目指し、何を考え、どう行動していくのかを分かりやすく伝えていくのが私の一番の役割だ」”と述べたようですが、数の論理が最優先される民主主義において、“参院選に勝利するため”の反小沢といいながら、最大派閥が小沢グループという民主党最大の矛盾をどうやって有権者に説明するつもりなのか。

 枝野氏が本気で“有権者に民主党が何を目指し、何を考え、どう行動していくのかを分かりやすく伝えていく”と思うのであれば、衆院を即刻解散し、カネにまみれた鳩山を引退させ、小沢一郎を初めとする小沢派を公認せずに独自候補を立てて総選挙において国民の信を問うことで、民主党から小沢氏の影響力を完全に排除するのが一番分かりやすい方法なのではないでしょうか。

私はそう思います。

解散総選挙で信を問うべきと思う方はクリック!(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« エース級種雄牛5頭感染せず | トップページ | いきなり躓く“脱小沢” »

参院選挙」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

  【拡散希望】

  胡散臭い市民運動家と称する“カン ナオト”に関する過去の行状

例に依って例の如く“マスゴミ”特に“ひだりまきT.V 報道”と称する
番組にて 是また“ひだりまきコメンテ―タ―”と称する“うぞう むぞうども”が
“カン ナオト”は市民活動家であり 薬害問題を解決した......言々なる
幼稚/稚拙な偏向情報/擁護論を ひつこく ほざいて いたが......

当該 胡散臭い市民運動家と称する“カン ナオト”なるものには 下記の
まさか こやつは本当に日本国の国会議員なりや??
我が 眼ん玉 を疑う程の驚天動地の“悪行”を仕出かしている事実が在る!!

以下 縷々 詳述する。

テロリスト/ならずもの/ごろつき 北鮮による 日本人に対する
拉致事件の被害者は 今や 数百人は 存在すると 言われているが....

胡散臭い市民運動家と称する“カン ナオト”には過去に措いて 下記の事件に纏わる
日本国の国会議員としては 在るまじき/恥ずべき有名な前科が在る。

即ち 日本国の国会議員としての必須の責務/最大の責務は“日本国民/有権者/納税者”
の生命/財産を死守することに在る筈であるが......

所が 胡散臭い市民運動家と称する“カン ナオト”は 近隣反日国(南鮮)に於ける
裁判にて死刑判決が確定した日本人拉致 実行犯である“北鮮/工作員=シンガンス”の釈放歎願書に サイン(肉筆の署名)をしている事実が判明している。

この破廉恥 極まる“ひだりまき売国議員ども”の一人が 誰在ろう
この胡散臭い市民運動家と称する“カン ナオト”である!!

当該 事件に関する証拠書類 即ち 釈放歎願書に サイン(肉筆の署名)をした
書類のコピ-が 下記の サイト URL を クリック しますと
拝見する事が 可能です。

正に 動かぬ証拠です。
[注]この肉筆の署名は 知る人ぞ知る NET界に於いては
胡散臭い事この上無い市民運動家と称する“カン ナオト”なるものの
存在は 今や 勇名を馳せる?“しろもの”である。

現職の政治屋 否 日本国の総理大臣に Home Page/掲示板 等々が
若し 在れば 書き込みにて 問い合わせた場合 罹る羞恥心が 欠落した政治屋は
如何なる反応を示すか? 興味 深々である。

改めて“日本国民/有権者/納税者”に依る 近々に到来する“参議員選挙”の
投票行動の一票が日本国の行く末を 確定するで在ろうことは必定です。

即ち ひだりまき売国議員どもの巣窟である“ミンスひだりまき政党”を駆逐/放逐
する唯一の手段は「NO !!“ミンスひだりまき政党”」なる意思を貫徹することに
在ることは 明々白々である !!

http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html

        http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html

投稿: BLACK HOLE | 2010年6月 7日 (月) 14時27分

いやー、自民の基礎票は小泉改革の頃にもう激減しちゃったし、

解散総選挙したって自民は勝てないんじゃないの?

しかもミンスの支持率持ち直したんでしょ? 自民シンパならやらない方を選択するのが無難だと思うんだけどなー。たちあがれ某とか、保守分裂もブサヨの内ゲバ並みに激しくて、政権と官僚がいなけりゃ何もアイデアが出せない自民党じゃ(ry

じゃ!

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

投稿: 元塾屋 | 2010年6月 7日 (月) 22時17分

小泉政権は終盤でも45%以上の支持率を誇り、続投の声もあったほどだ。
郵政解散総選挙での勝利は記憶に残るところである。官から民へ・聖域なき構造改革が支持され、有権者は小さな政府を望んでいると認識していた。

民主党はマニフェスト段階で自民党とは逆行の大きな政府なのに高い支持率を得て…有権者が支持する政策は何か?

今回も頭のすげ替えで支持率up。有権者の殆どは雰囲気に流されているだけ。まだまだ解散総選挙の時期ではないでしょう。

投稿: SW | 2010年6月 8日 (火) 12時35分

麻生元総理の郵政見直しを邪魔した勢力が自民から出て行かない(行けないんだろうけど)のが厳しいですね。民主党が違う思想・プロセスで戦後レジュームからの脱却を図っているのはとても怖いです。

投稿: こりごり | 2010年6月 9日 (水) 04時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/48563362

この記事へのトラックバック一覧です: 崩壊の序曲:

« エース級種雄牛5頭感染せず | トップページ | いきなり躓く“脱小沢” »