« 鳩山「頑張るの一点」張り | トップページ | 【口蹄疫】Webにでない数字 »

2010年6月 1日 (火)

退陣論はジェスチャー

猿芝居だ。

民主内で退陣論が拡大=参院幹事長「決断」要求-首相、小沢氏と緊急会談

 民主党内で31日、米軍普天間飛行場移設問題で迷走を重ねた鳩山由紀夫首相の退陣を求める声が広がった。高嶋良充参院幹事長は国会内で記者団に「党と政府の最高責任者である鳩山首相の決断にかかっている」と自発的な辞任を暗に要求。小沢一郎幹事長と輿石東参院議員会長が同日夕、国会内で急きょ首相と会談し、事態打開に向け協議した。首相の進退をめぐり、情勢は緊迫化した。
 首相と小沢氏らの会談は8分間。内容について、首相は同日夕、首相官邸で記者団に「厳しい局面だが、3人で頑張ろうということになった」と述べた。記者団の「続投確認か」との質問に「当然だ」と明言した。
 この後、民主党は定例の役員会で今後の政局対応を小沢、輿石両氏に一任することを決めた。小沢氏は、一両日中に首相と改めて会談すると説明。高嶋氏によると、首相の進退について、小沢氏は「これから決めること」と語った
 役員会ではまた、改選組の小川敏夫参院議員が「大変厳しい状況だ」と強調。これに対し、石井一選挙対策委員長が「(参院選まで)残された時間は少ない。ここで首相を代えても状況が好転するとは思えない」と首相を全力で支えるべきだと主張した。小沢氏は「そういうことも念頭に首相と話し合う」と述べた。
 役員会後の正副幹事長会議で、小沢氏は「あらゆる状況が厳しい。社民党が政権離脱し、非常に厳しい状況だ」と語った。
 役員会後に予定されていた小沢氏の定例記者会見は、「小沢氏の意向」で1日に延期された。

(2010/05/31-20:36)時事通信

 “首相の進退について、小沢氏は「これから決めること」と語った”そうです。

 しかしながら、20%を割り込む現在の支持率では、次の参院選で過半数を大幅に割り込むことは確実であり、今更、首相を変えて支持率をわずかながら回復し、2~3議席増やしたところで全く意味はありません。

 おそらく、“選挙が第一”の小沢氏としては、世論に配慮して首相を退陣させ、そのまま参院選に突入するよりも、こうやって揉めることで一応は民主党にも自浄能力らしきものがあることを世間に見せつけて参院選後に一定の期待感を有権者に与えつつ、現在審議中の郵政改悪法案と労働者派遣法改正案をこのまま強行採決で今国会中に成立させることによって、気まぐれな無党派層よりも確実に票が見込める全特や連合等の組織票をゲットし、更に、社民党肝入りの法案を通すことで選挙協力の継続と参院選の過半数を割り込んだ後の衆院再可決における協力の道筋をつけておいた方が有利と考えていることは容易に推測できます。

 所詮、退陣論などジェスチャーに過ぎません。これから民主党内において鳩山首相の進退については常に議論されながらも、このままの体制で参院選に突入することはもう間違いないでしょう。

退陣論などジェスチャーだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山「頑張るの一点」張り | トップページ | 【口蹄疫】Webにでない数字 »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 退陣論はジェスチャー:

« 鳩山「頑張るの一点」張り | トップページ | 【口蹄疫】Webにでない数字 »