« 国会延長せず | トップページ | 選挙優先で国会幕切れ »

2010年6月14日 (月)

予算削減して成功賛美

この亡国政党が。

科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」

 「世界に冠たる快挙」なのに予算は減額?

 宇宙航空研究開発機構の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還に、菅内閣からは14日、冒頭の仙谷官房長官の発言をはじめ絶賛が相次いだが、科学技術予算を削り込んできた民主党政権の“現金さ”にあきれる声も出ている。

 菅首相は同機構の川口淳一郎教授に電話し、「日本の技術水準の高さを世界に強くアピールした」と称賛。宇宙開発担当の前原国土交通相も「宇宙開発史に画期的な1ページを加えた」との談話を発表した。

 しかし、後継機の開発費は、麻生政権の2010年度予算概算要求時の17億円が、鳩山政権の概算要求やり直しで5000万円に、さらに「事業仕分け」を経て3000万円まで削られた経緯がある。福山哲郎官房副長官は記者会見でこの点を問われ、「今回の成功を受け、11年度予算は検討したい」と述べた。

(2010年6月14日20時12分 読売新聞)

 1970年、日本が世界で4番目に打ち上げられた人工衛星「おおすみ」は世界初の無誘導衛星打ち上げロケットで宇宙に送り出されましたが、何故、わざわざ“無誘導”で行ったかといえば、旧社会党がこの“誘導装置”を“ミサイル開発につながる軍事技術の転用が可能である”としてこのロケット開発を執拗に妨害したためです。

 仙谷由人も菅直人も旧日本社会党系、筋金入りのロケット反対論者の筈なのですが、選挙に有利なことならば、そんな過去もすっかり忘れていしまうようですね。

 仙谷由人=“「世界に冠たる快挙」”?執拗に妨害した癖に良く言うぜ。

 菅直人=“「日本の技術水準の高さを世界に強くアピールした」と称賛”だって?ここは軍靴の足音が聞こえると懸念を表明するところではないですかね。

 極左政権、民主党においてJAXA系予算が削られることはもはや必然です。はやぶさ絶賛もただの選挙対策。民主党政権が続く限り、日本のロケット技術が発展することはないでしょう

極左が「はやぶさ」を利用するなと思う方はクリック!(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« 国会延長せず | トップページ | 選挙優先で国会幕切れ »

菅直人」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

白々しいとはこの事ですね。ぬけぬけと言える神経はもう逝かれている、いつまでもこんな党を政権に置いておくのは日本のマイナス。

投稿: 猪 | 2010年6月15日 (火) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/48630734

この記事へのトラックバック一覧です: 予算削減して成功賛美:

« 国会延長せず | トップページ | 選挙優先で国会幕切れ »