« 口蹄疫、同時多発の様相 | トップページ | 自作自演政党 »

2010年6月11日 (金)

石破茂、口蹄疫対策で会期延長を申し入れ

選挙なんてやってる場合ではない。

自民、会期延長と参院選延長を申し入れ 口蹄疫対策で

 自民党の石破茂政調会長は11日、仙谷由人官房長官に国会内で会い、口蹄疫(こうていえき)の対策徹底のため、国会の会期を2週間延長するよう申し入れた。家畜の移動が制限されている地域では通常の選挙運動ができないとして、7月11日が投開票日の参院選の延期も提案した。仙谷氏は「首相には伝える」と応じたという。

2010年6月11日18時42分 朝日新聞

 民主党が本気で“国民の生活が第一”と考えるならば、“口蹄疫(こうていえき)の対策徹底のため、国会の会期を2週間延長”することに異論など無い筈なのですが、逆に“選挙が第一”と考えるならば、会期延長を拒否してくることも十分考えられます。

 今までの民主党による不手際続きの口蹄疫対策を考えれば、“家畜の移動が制限されている地域では通常の選挙運動ができない”ことも好都合と考えかねません。国民生活に直結する緊急事態であれば、党利党略を優先することなく、一致団結して事に当たることを願います。

会期を延長し、参院選を延期すべきと思う方はクリック!(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« 口蹄疫、同時多発の様相 | トップページ | 自作自演政党 »

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

前の首相よりはましか・・・

国家・国民を命がけで守る姿勢、“わが子を死ぬ気で守る良きお父ちゃん”の後姿を見せれば、国民は付いて行くでしょう。

日本の政治家は、小沢一郎に代表されるように、党利党略、選挙第一の所があります。
小沢は、国内外の“風”を読んで、その都度その都度票の入る方へ動いているだけです。

菅総理が、“わが子を死ぬ気で守る良きお父ちゃん”になれる可能性は極めて低いと感じますが、まぁ、宮崎の為に頑張っていただきたい。


菅首相が宮崎の農家視察「国家的危機との認識」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100612-OYT1T00450.htm

投稿: | 2010年6月12日 (土) 15時21分

>はじめまして
実は明日13日に「日本を救うネットワーク」
創生「日本」の街宣が有楽町 マリオン前で 正午~13時半まで 
題:「口蹄疫」危機管理で最大の失政・マニフェスト違反・国民への裏切り!
と銘うって、安倍氏・平沼氏・山田氏・櫻井よしこ
氏他で・・
※問題=宮崎の「口蹄疫」被害者の「川南町ムッチー牧場だよ~ん。」さんの自身BLOGに「選挙」の延期が出来ないか?と・・悲痛な叫びでした。

応援していますが、確かに「口蹄疫」の肥大化の中
自身の牛さんも殺処分されたばかりで、今度は防疫
作業!・・けれど国が憎い!マスコミも・・」
「選挙には参加したい」が・・・で悩んでおりました。自民党本部に連絡取ってみます。「石破さん」にも!いきなり 愚痴コメント失礼致しました。

また、お伺いさせて戴きます。

投稿: 憂国子 | 2010年6月12日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石破茂、口蹄疫対策で会期延長を申し入れ:

» 菅政権の郵政改革法案取り扱いの功罪 [普通のおっさんの溜め息]
 私は9日の「菅政権と国民新党」のブログに、いずれにしても郵政改革法案の取り扱いが、菅さんの最初の腕の見せ所になるような気がしますし、それが参院選の結果に繋がってくるかも判りません。と書きました。 そして結果的には、 民主党はこの日の国民新党との幹事長・国会対策委員長会談などで、今国会は会期末の16日か、1日延長した17日に閉じる方針を示した。そのうえで、参院選後、速やかに臨時国会を召集し、郵政改革法案を成立させるなどとした覚書を交わす案を提示した。 これを受け、国民新党は両院議員総会で対応を協議し... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 15時15分

« 口蹄疫、同時多発の様相 | トップページ | 自作自演政党 »