« 「鳩山政権支える」=? | トップページ | 自分の言葉で〆られた鳩山 »

2010年6月 2日 (水)

鳩山首相と小沢幹事長が辞任

ついでに小沢幹事長も辞めちゃったみたいですね。

鳩山首相が辞任 小沢幹事長も

 鳩山由紀夫首相は2日午前に開かれた民主党の両院議員総会で辞任を表明した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、社民党が連立政権を離脱。7月の参院選での選挙協力に亀裂が入り、参院民主党を中心に「このままでは参院選が戦えない」といった辞任要求が噴出。内閣支持率も10%台に落ち込み、首相はこれ以上の政権運営は不可能だと判断した。同時に、民主党の小沢一郎幹事長にも辞任を促し、了承を得たことも明らかにした。

 鳩山首相は、公開で行われた両院議員総会の中で、「引かせていただきたい」と表明。辞任の理由として、普天間移設問題を挙げ「普天間問題では、(移設先に決めた)沖縄県や鹿児島県・徳之島のみなさんにご迷惑をかけた。社民党にも連立政権離脱という厳しい思いをさせたことを残念に思う」とも述べた。また、自らの政治資金管理団体の政治とカネの問題を挙げ、「議員のみなさんには迷惑をかけた。クリーンな民主党を作り上げていこうではありませんか」と述べ、政治とカネの問題も辞任の背景にあったことを明らかにした。

 鳩山首相は1日夕、国会内で小沢幹事長、輿石東参院議員会長と会談した。輿石氏は進退について首相の決断を促す一方、首相は続投の意思を伝えたとみられていた。小沢氏は会談後、記者団に「明日(2日)以降、継続して協議するということで別れた。協議の結果を受け、必ず記者会見という形でみなさんにご説明する」とのコメントを出していた。

 だが、7月の参院選で改選を迎える議員を中心に、首相の退陣を求める声は収まらず、首相は1日夜から2日午前にかけて周辺と協議した結果、参院選での惨敗を避けるためには退陣もやむを得ないと決断したとみられる。

 昨年9月の政権交代を経て発足した鳩山内閣は、8カ月でその幕を閉じる。民主党はただちに後継首相を選ぶ代表選挙の準備に入り、早ければ、週内にも両院議員総会を開いて新代表を選ぶ。代表選には、菅直人副総理兼財務相らの立候補が浮上している。鳩山内閣は新代表が決まり次第、総辞職し、衆参両院の首相指名選挙を経て新首相が選ばれる。代表任期の途中での辞任になるため、新代表の任期は、鳩山氏の任期満了である今年9月までになる。

 普天間移設をめぐって、首相は自ら設定した「5月末決着」のため、米国との合意を優先。日米の外務・防衛担当閣僚(2+2)の共同声明に、移設先を沖縄県名護市の辺野古周辺とする方針を明記し、共同声明に基づく政府方針を閣議決定しようとした。

 だが、閣僚だった社民党の福島瑞穂党首が反発して署名を拒否。首相が福島氏を罷免したため、社民党は連立離脱を決定し、選挙協力に亀裂が入り、参院の民主党議員を中心に首相への不満が噴出していた。

 民主党は新首相のもとで、今国会での最重要法案と位置づける労働者派遣法改正案や郵政改革関連法案の成立に全力を挙げる。また、新内閣のもとで内閣支持率を回復させ、7月の参院選に向け、態勢を早急に立て直したい考えだ。

 だが、民主党は野党時代、自民党政権で行われた短期間での首相の交代を厳しく批判してきただけに、新内閣が有権者の理解を得られるかは不透明だ。また、参院で過半数を大きく割り込んだ場合、新しい連立政権の枠組みを作ることができるかどうかも問われる。連立政権で与党が過半数を確保できなければ、「ねじれ国会」となり、厳しい国会運営が予想される。

2010年6月2日10時28分 朝日新聞

 なんか、あっさり辞めてしまいましたね。小沢幹事長もついでに辞めちゃうとはもうびっくりです。もうちょっと頑張ってくれることを期待したのに残念なことです。

 どうせ小沢氏は輿石氏でも幹事長に立てて影響力を残しつつ自身は選挙対策に専念し、“菅直人副総理兼財務相らの立候補”で次のバカもしっかり用意されているようですので、鳩山首相も安心して辞められるのではないかと思います。

 しかしながら、“早ければ、週内にも両院議員総会を開いて新代表”を選んで、新内閣の組閣を経て、“民主党は新首相のもとで、今国会での最重要法案と位置づける労働者派遣法改正案や郵政改革関連法案の成立に全力を挙げる”とはもう、民主党のやることはめっちゃくちゃですね。

 週内に新代表を選んだとしても、組閣が終わるのは早くても来週の頭ということになります。そこから6月16日の通常国会閉会予定日を動かさないとなると、これら重要法案の実質の審議期間は7~8日しかありません。

 もう、ぐっちゃぐちゃのグダグダに混乱することは容易に予想できますが、それより以前に、政治不信で支持率を著しく低下させた前内閣主導の法案を、新内閣で無理やり通すことなど許されることではありません。

 もうここまできたら、鳩山内閣総辞職と同時に、解散総選挙で国民の信を問うのが筋というものではないでしょうかね。私はそう思います。

思い切って解散しちゃいなYOと思う方はクリック!(人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« 「鳩山政権支える」=? | トップページ | 自分の言葉で〆られた鳩山 »

コメント

解散してどこへ票を入れる? まさか自民党じゃないだろうな。過半数が取れるとなれば、自民、みんな、立ち上がれなどは連立する。旧独裁政党の復活だ。細川つぶしの過ちを忘れたわけではなかろう。50年の独裁の牙城を崩すには、8か月はあまりにも短すぎた。

投稿: 雨引きの文五郎 | 2010年6月 2日 (水) 17時48分

後継者に「シンガンス釈放に署名した」菅になる事は許しがたい

投稿: ts | 2010年6月 2日 (水) 19時40分

要するに民主党は[選挙が第一]なんだ!

投稿: ガセネタ | 2010年6月 2日 (水) 20時11分

文五郎さん、「自民党の独裁」って、どこが「独裁」なんですか?
本当の独裁とは、お隣りの共産国家のように、選挙もなければ言論の自由もない、公開処刑も平然とやるような体制を言うんです。
自民党を「独裁」って呼ぶなんて、あなたは認識不足もいいところ。
それともわかってるのにワザとかな?(笑)

投稿: | 2010年6月 2日 (水) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相と小沢幹事長が辞任:

« 「鳩山政権支える」=? | トップページ | 自分の言葉で〆られた鳩山 »