« 口蹄疫が都城市に飛び火 | トップページ | 石破茂、口蹄疫対策で会期延長を申し入れ »

2010年6月11日 (金)

口蹄疫、同時多発の様相

考えたくありませんが。

宮崎、日向初感染疑い 同時多発の様相

 県は10日、口蹄疫に感染した疑いのある牛、豚を宮崎、日向市で初めて確認したと発表した。

 いずれも感染拡大を防ぐため、川南町を中心とした半径10キロ圏内に設けたワクチン接種地域の外側。西都市でも同日、未接種の牛に今月1日以来9日ぶりとなる感染疑いを確認。

 ウイルスはワクチン接種による封じ込め網を越えて広がる恐れも出てきた。9日には都城市で初めて感染疑いが確認されたばかりで、沈静化へ向かうとの観測も出ていた口蹄疫問題は県内全域で同時多発の様相となり、一気に緊迫の度が増している。発生自治体は終息宣言したえびの市を除き、4市5町となった。

2010年06月11日 宮崎日日新聞

 “沈静化へ向かうとの観測も出ていた口蹄疫問題は県内全域で同時多発の様相”となったようです。

 これの何が一番問題かというと、“川南町を中心とした半径10キロ圏内に設けたワクチン接種地域の外側”に突然、“同時多発”的に感染が広がったこの口蹄疫の感染経路が、全く特定出来ないことに尽きます。

 既に、この口蹄疫が韓国・香港から持ち込まれたものであることは確認されていますが、ここまで来ると、第3国による“同時多発”テロ攻撃の可能性も十分考えられます。つまり、日本に敵対する何者かが、現在、日本が無政府状態であることを良いことに、そこら中に火をつけて荒らし回っているということです。

 この国家存亡の緊急事態に、呑気に参院選など行っている場合ではありません。口蹄疫終結まで参院選を無期限延期し、会期を延長して口蹄疫に関する諸題の集中審議を行い、与野党を問わず一致団結してウィルステロの可能性も含めた全ての対策を対策を講じなければ、この口蹄疫が終結することはないでしょう。

 先ずは、水牛牧場から始まったという感染経路の確定から急ぐべき。

テロ攻撃の可能性も含めた全ての対策を講じるべきと思う方はクリック!(人気ブログランキングへ)

人気ブログランキングへ

|

« 口蹄疫が都城市に飛び火 | トップページ | 石破茂、口蹄疫対策で会期延長を申し入れ »

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

そんな中、余にも胡散臭い動きが・・・

中国産牛肉は「神戸牛」を遥かに超えるおいしさ=牧畜業協会がアピール―中国
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42801

(  `ハ´)「中国産牛肉は「神戸牛」よりおいしいアル!」 口蹄疫の黒幕登場
http://chiraurasouko.blogspot.com/2010/06/blog-post_4090.html

投稿: | 2010年6月11日 (金) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫、同時多発の様相:

« 口蹄疫が都城市に飛び火 | トップページ | 石破茂、口蹄疫対策で会期延長を申し入れ »