« 鳩山「四十数カ所を検討」 | トップページ | 普天間先送り »

2010年5月12日 (水)

口蹄疫も選挙対策?

ふざけるな。

【攻防-2010参院選】宮崎・口蹄疫 自民「農家の味方」前面 連休中外遊の農相を批判

 宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の被害が広がっている問題で、自民党が「初動対応の遅れが感染拡大を招いた」など政府批判を強めている。連休中に外遊した赤松広隆農相をやり玉に挙げ「政権の危機管理意識の薄さ」を指摘することで、農政に強い自民をアピールし、参院選での農業票奪還も狙っているようだ。 

 「キューバに行っていたと聞いている。口では食の安全と言うが、その重要性を認識していないと言わざるを得ない」

 自民の大島理森幹事長は11日の会見で、連休中に中南米を歴訪した赤松農相を批判。田野瀬良太郎総務会長は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題と絡め「大変な問題なのに(政府は)普天間などいろいろなことに気を取られ、非常に対応が遅い」と憤った。

 谷垣禎一総裁は4月28日に宮崎県を視察。党として、農家の一時金給付や飼料代補てんなど約50項目の要求を政府に突きつけた。党本部玄関には「参院選対策本部」と並べて「口蹄疫対策本部」の巨大な看板を掲げる熱の入れようだ。

 「鳩山(由紀夫)首相が沖縄を訪問した際も関係閣僚が外遊していた。口蹄疫と普天間は、政治主導が機能していない現政権の象徴」と党幹部。2007年参院選の自民大敗の一因が農業票離れだっただけに「口蹄疫対策で『農家の本当の味方は自民』が浸透してくれれば」(九州の自民議員)という思惑もにじむ。

 現地入りが谷垣総裁より約2週間遅れた赤松農相は11日の会見で「風評被害やまん延防止の観点から(視察を)控えていた」と釈明したが、自民党は終盤国会でも口蹄疫問題を取り上げ、赤松農相を追及する方針だ。

=2010/05/12付 西日本新聞朝刊=

 

 “「キューバに行っていたと聞いている。口では食の安全と言うが、その重要性を認識していないと言わざるを得ない」”とはいいますが、口蹄疫を単なる選挙対策の一つとして矮小化して報道し、対立を煽るだけのマスコミも“その重要性を認識していないと言わざるを得ない”。

 “農政に強い自民をアピール”とはいいますが、民主党にアピールすることなんて何一つありません。外交もダメ、経済対策もクソ、財政はバラマキで破産寸前、すべてが場当たり的なパフォーマンスに過ぎず、やることなすことデタラメで整合性がまるで取れていません。

 農水委員会の“現地入りが谷垣総裁より約2週間遅れた赤松農相”の答弁を見ても、口蹄疫に苦しむ川南町の畜産農家の悲痛な叫びを代弁する江藤拓議員の質疑に対し、ニヤケ面で口先だけのマスコミ向けパフォーマンスに終始し、その涙ながらの訴えを選挙対策などと矮小化する始末です。

 マスコミも現地取材をすることなく、ただうわべだけを捉えておもしろおかしく対立を煽るのではなく、ただ真実を伝えることで、良識あるマスメディアとしての責任を果たすべき。

口蹄疫を選挙対策などと矮小化するなと思った方は→人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

参考サイト

農水委員会の江藤拓議員の質疑で泣けない奴は日本人と認めません(ハム速)

|

« 鳩山「四十数カ所を検討」 | トップページ | 普天間先送り »

口蹄疫」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/48342691

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫も選挙対策?:

« 鳩山「四十数カ所を検討」 | トップページ | 普天間先送り »