« 誰も知らない海保船追跡の根拠 | トップページ | 解決策は一つ »

2010年5月 7日 (金)

亀井金融相が突く本質

その通りですね。

杭打ち方式「業者が潤うだけ」…亀井金融相

 国民新党代表の亀井金融相は7日午前の閣議後の記者会見で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設で政府が検討している、同県名護市の米軍キャンプ・シュワブの海上部分に杭打ち桟橋方式で滑走路を建設する案に関し、マリコン(大手海洋土木建設業者)と鉄鋼業者が潤うだけで、沖縄県民に受け入れられることは難しい」と述べ、反対を表明した。

 平野官房長官はこれに先立つ閣僚懇談会で、「『5月末決着』に向け、関係閣僚を含めて最終調整している。閣内一致協力して対応したい」と移設への協力を求めた。これに対し、社民党党首の福島消費者相は「県民は県内移設に反対だ。県民の気持ちを切り捨てる政治をやってはならない」と県内移設に反対した。

(2010年5月7日11時59分 読売新聞)

 亀井金融相曰く“マリコン(大手海洋土木建設業者)と鉄鋼業者が潤うだけ”。

 利益誘導した小沢氏を忘れてますね。

小沢氏を忘れていると思う方はクリック!→人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« 誰も知らない海保船追跡の根拠 | トップページ | 解決策は一つ »

小沢一郎」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/48294013

この記事へのトラックバック一覧です: 亀井金融相が突く本質:

« 誰も知らない海保船追跡の根拠 | トップページ | 解決策は一つ »