« 責任追及より対策強化 | トップページ | 民主党の正体 »

2010年5月20日 (木)

農水相不信任決議案

ハッキリさせておくべきですね。

自民、口蹄疫問題で攻勢=参院選へ危機対応アピール

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大している問題で、自民党が鳩山政権の対応の遅れを厳しく批判している。同党は谷垣禎一総裁がいち早く現地視察に赴くなど、夏の参院選に向け「危機対応能力の差」をアピール。政治とカネ、米軍普天間飛行場移設問題とともに、政権追及の「3点セット」と位置付けて攻勢を強める構えだ。
 「初動が遅く、こんなに被害を広げてしまった。政府はもう少しこの国を治めることに習熟しないとどうしようもない」。谷垣氏は19日、都内で行った街頭演説で、鳩山政権を「未熟」と断じた。
 宮崎県で牛の感染疑いが確認されたのは先月20日。しかし、赤松広隆農林水産相が現地入りしたのは、今月10日だった。鳩山由紀夫首相の訪問も、被害が急速に広がっているにもかかわらず、なお検討中にとどまっている。
 対照的に自民党は、先月21日に宮腰光寛農林部会長、同28日には谷垣氏が宮崎に入り、地元の首長や生産者代表から要望を聴取するなどした。18日の党対策本部の会合では、農水相が大型連休中に中南米を訪問したことに「緊急性のない外遊だ」などの非難が続出した。
 同党は、一定区域内で家畜の全頭殺処分を国の責任で行うことを柱とする家畜伝染病予防法改正案を週内にもまとめる方針。農水相不信任決議案提出も検討している。
 もっとも、参院選を意識した対応には、他の野党から「不信任案提出で問題が解決するとは言えない」(市田忠義共産党書記局長)と冷ややかな声が上がる。宮崎県からも「政争の具にせず一刻も早い対策を」との要望が寄せられており、判断に迷う場面もありそうだ。

(2010/05/19-20:12)時事通信

 “「不信任案提出で問題が解決するとは言えない」(市田忠義共産党書記局長)と冷ややかな声”…。何でも反対する共産党と自民党を同じ野党で一括りにすんなよ。バカか。

 閑話休題…。

 “「政争の具にせず一刻も早い対策を」”とはいいますが、終結後を考えれば、ここで“私自身はやってきたことに全く反省、お詫びすることはないと思っている”と口蹄疫蔓延に対する責任を完全否定した赤松に対して“農水相不信任決議案”を提出し、“責任追及より対策強化”と判断を避けた鳩山内閣が否決するかどうかで内閣の見解を正しておくことは必要不可欠です。

 何故なら、鳩山由紀夫の普天間対応を見れば、今回の口蹄疫問題も補償問題で今後もめることはまず間違いありません。ここで赤松と由紀夫が“同一見解”であることをハッキリさせておかなければ補償問題で泥沼化した場合、またノラリクラリとその場限りの言い逃れで時間稼ぎされ、追い詰めるまでに無駄な時間が費やされ、それだけ口蹄疫で被害を被った農家の再建が遅れてしまうからです。

 もう、鳩山内閣の統治能力の欠如は“もう少しこの国を治めることに習熟しないとどうしようもない”レベル(実際はもう少しどころではありませんが)に達しています。もう、“夏の参院選に向け「危機対応能力の差」をアピール”どころの騒ぎではなく、このバカ政権を一刻もはやく倒さないと日本が危ない。

 マスコミもこの国家存亡の危機に際して、全てが選挙対策と事を矮小化して報道するのはいい加減やめていただきたいものですね。

農水相不信任決議案を提出すべきだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 責任追及より対策強化 | トップページ | 民主党の正体 »

時事通信」カテゴリの記事

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

そもそものミスは宮崎県畜産衛生保健センターの疑惑に対する誤審が原因です。地方分権はまだ未熟ですね。何かあれば国に保証求めるようでは、お金幾ら有っても足りません。危機管理が日本に掛けている証拠でしょう。

投稿: budo2 | 2010年5月20日 (木) 11時46分

アホ松が農水大臣でいる事が障害であると思います。
こんな役にも立たず足を引っ張るだけの大臣は即解任すべきでしょう

投稿: yuka | 2010年5月20日 (木) 13時49分

民主党が政権与党になったばかりに、我祖国日本はどれだけ世界の信用を失い、無駄な時間を費やし、湯水のように国費が使われ、今回も自分達の無能さを隠す為にマスコミと結託してこの膨大なる損害を日本に与えてしまった、今回もお得意の人のせいと言い訳ばかり、民主党とマスコミは我国日本にとって害でしかない。

投稿: 博多人 | 2010年5月20日 (木) 14時48分

選挙対策だの、政争の具にするなだのと、
昨年、一昨年の選挙しろ絶叫とは正反対の論調ですね。
まことにマスコミは、増すゴミと揶揄されるだけのレベルです。

投稿: 極右市民 | 2010年5月20日 (木) 20時07分

<<誤診な。
畜産衛生保健センターは国のマニュアルに基づいて判断しただけです。そういった失敗をフォローするのはマニュアルを作成した上司である国の役目ですよ。
それが分権っていうものです。
適当なマニュアル押し付けて放置しておいて、失敗したら全部お前のせいだなんて、どこかのブラック企業みたいだな。

投稿: takayuu@管理人 | 2010年5月20日 (木) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農水相不信任決議案:

« 責任追及より対策強化 | トップページ | 民主党の正体 »