« 無知蒙昧のツケ | トップページ | 政権自体がゼロベース »

2010年5月 4日 (火)

バカを盾にするバカ

もうどうしようもないバカですね。

抑止力論にすがる鳩山首相=「県外移設」公約ではない

 米軍普天間飛行場移設問題で迷走を重ねた末、沖縄県民を前に全面的な県外移設の断念を表明した鳩山由紀夫首相。その理由として首相は、沖縄の海兵隊を日本を守る「抑止力」と位置付け、繰り返し沖縄側に理解を求めた。ただ、こうした論理は当初から米国や外務・防衛当局者が展開していたもの。最終局面で急に海兵隊の抑止力を持ち出し、「県外移設」の約束をほごにした首相の「言葉の軽さ」が改めて浮き彫りとなった。
 「学べば学ぶほど、沖縄の米軍の存在全体の中での海兵隊の役割を考えたとき、すべて連携している。その中で抑止力が維持できるという思いに至った」。一連の沖縄での日程を終えた首相は4日夜、名護市内で記者団にこう語り、在沖縄海兵隊の重要性を強調した。
 昨年の衆院選で普天間移設に関し、「最低でも県外」と訴えた首相だが、同日は「(民主)党の考え方ではなく、私自身の代表としての発言だ」と正式な公約ではなかったと釈明。さらに「当時は(海兵隊の抑止力は)必ずしも沖縄に存在しなければならない理由にはならないと思っていた」と語り、「浅かったと言われればそうかもしれない」安全保障に関する認識不足をあっさりと認めた
 名護市の稲嶺進市長との会談では「将来的にはグアム、テニアンへの完全な移転もあり得る話かと思っている」とも語り、理解を求めた首相だが、沖縄の不信感は増幅するばかり。稲嶺市長は「選挙で公約したことを実現できるよう、決断をお願いしたい」と首相に一歩も譲らない姿勢を示していた。 

(2010/05/04-21:28)時事通信

 あろうことか一国の首相が“「当時は(海兵隊の抑止力は)必ずしも沖縄に存在しなければならない理由にはならないと思っていた」”などとのたまい、“「(民主)党の考え方ではなく、私自身の代表としての発言だ」”として、それを“「浅かったと言われればそうかもしれない」”と述べるとは、開いた口が塞がりません。

 バカがバカを盾に自らの保身をはかる姿はもうバカとしか言い様がありませんが、バカだと思っていた奴がもう一段上のバカであったことが判ったとき、一体そのバカをどう呼べばいいのか、もはや想像することも出来ません。

 1986年の初当選から足掛け24年、8期の衆議院議員を務める間に、一体何をしていたんだと言いたくもなりますが、こんなバカでもカネさえあれば代表に選ばれる民主党のレベルというものも推して知るべしですね。

流石にもう無理だろと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 無知蒙昧のツケ | トップページ | 政権自体がゼロベース »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

馬鹿国家(国家?ではないが)の馬鹿首相。
馬鹿政党の馬鹿幹事長。
これらを世に送り出した馬鹿市民。

アメリカよ、日本と手を切ったほうがお国のためだよ。数十年前支那と手を結んだだろう?
歴史は繰り返すんじゃ。

投稿: 馬鹿市民 | 2010年5月 5日 (水) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バカを盾にするバカ:

« 無知蒙昧のツケ | トップページ | 政権自体がゼロベース »