« 写真は嘘をつかない | トップページ | 種雄牛49頭延命を要請へ »

2010年5月22日 (土)

エース「忠富士」が口蹄疫感染

恐れていた事態に。

口蹄疫:スーパー種牛の感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃

 口蹄疫(こうていえき)感染は「宮崎の宝」にまで及んだ。感染の疑いが強い「忠富士(ただふじ)」は、感染発生地から離れた畜舎に隔離されていたエース級6頭の種牛の中でもトップ。宮崎からは各地のブランド和牛になる子牛を供給していただけに、他の5頭も感染していれば、全国の畜産業界に大きな影響を与える。県内外の畜産関係者は衝撃に言葉を失った

 「宮崎ブランドの中心をなす種牛を失い、誠に残念」。22日未明、宮崎県庁で記者会見した県農政水産部幹部は、落胆の色を隠せなかった。

 忠富士の遺伝子検査で陽性反応が出た20日、高島俊一・同部長は「間違いであってほしい」とよく眠れなかったという。しかし、21日には動物衛生研究所の再検査で「疑い」の判定が出た。

 6頭は、県内で人工授精に使われる冷凍精子の9割を占め、口蹄疫から宮崎ブランドを立て直していく最後のとりでだった。中でも忠富士はその4分の1を供給する「スーパー種牛」だった。

 6頭は国の特例で13日、それまでいた同県高鍋町の県家畜改良事業団から北西に約24キロ離れた同県西都市の標高約700メートルの簡易牛舎に移された。周囲5キロに畜産農家はない。牛舎は2メートル四方の部屋が七つあり、それぞれ高さ3メートルの木板で仕切られ、接触はなかった。神経質だった忠富士は、残りの5頭とは1部屋を置き一番北側の部屋で飼われていた。1頭に1人ずつ世話人が付き、観察を続けていたという。

 県は、事業団からの移動時期が遅れたことが致命的だったとみている。「事業団にいる時に感染した可能性が高く、結果として移動の時期が遅すぎた」。農政部幹部は認めざるを得なかった。

 せめてもの救いは他の5頭によだれなどの口蹄疫特有の症状がなく、20日採取の遺伝子検査でも陰性で、さらに1週間経過観察を続けることを国が了承したことだ。しかし、同部の押川延夫次長は5頭の感染について「厳しいとは思う」と表情を曇らせた。

 種牛を育てるには通常、約7年かかるといわれる。県によると、冷凍精子のストックは1年分はあるが、「その次の年からは供給できない。(他の5頭感染なら)宮崎の畜産は壊滅だ。30~40年かけて築いてきた財産が水泡に帰す」(押川次長)という。【古田健治】

◇「だめじゃないか」と宮崎県に抗議電話

 宮崎県で生まれた肉用牛は各地のブランド和牛の「元牛(もとうし)」として全国に出荷されている。

 佐賀県畜産課によると、同県の肥育農家約280戸が出荷する肉牛の14%が元は宮崎県産。そのうち数割が高級牛「佐賀牛」になる。種牛に感染が広がったことを受け、同課の担当者は「子牛の仕入れ先は鹿児島をトップに南九州が中心。壊滅的とまではいかないが影響が出るのは必至。これ以上広がらないことを願うばかり」と話した。

 宮崎県畜産課には早朝から、種牛への感染について「だめじゃないか」などと、県内外から抗議の電話がかかっているという。

 宮崎県内の種牛の選抜に詳しい原田宏・宮崎大副学長(家畜育種学)は「候補の精子で試験種付けをして1年後に子牛が生まれ、さらに1年間育てないとその肉質を調べることができない。質が良ければ種牛になるが、相当な時間がかかる。鹿児島や北海道と共に日本の食肉を支えてきた宮崎の牛がごそっとなくなる影響は計り知れない」と指摘する。

2010年5月22日11時16分 毎日新聞

抗議先を間違えてます。

赤松農水省来県 地元JA「見捨てないで」

 口蹄疫(こう・てい・えき)問題を受け、10日に宮崎市を訪れた赤松広隆農水相。東国原英夫知事のほか、関係団体や自治体の首長らと会談して要望を聞き、「地元と一体となり難局に対応していく」と何度も繰り返した。

 県内では、前日までに川南町を中心に56農場で感染疑い・確定例が出ており、豚と牛計約6万4千頭が殺処分の対象になっている。

 知事との会談の中で赤松農水相は、口蹄疫の現状について「一定の地域に抑え込めているが、残念ながら件数は増えており、勢いはとどまっていない」との認識を示した。

 そのうえで、農水省側からの支援策として、国庫補助による消毒薬の配布や、職員のさらなる派遣、資金融資枠の拡大などを説明。「一部で『国の対応が遅い』とか、何とか(言われているが)、それは心外。言われたことはすべてやっている」と述べた。

 さらに「激励に行きたいが『防疫以外の人は入らないでくれ』と言っているので理解して欲しい」とも話した。

 一方、知事は、県産和牛の種牛を管理し「宮崎ブランド」の中枢ともいえる「家畜改良事業団」(高鍋町)が、発生農場から半径10キロに設定される移動制限区域に含まれていることについて「事業団は宮崎の宝。打撃を受けると肉用牛も一網打尽になる。特例措置で移動できるよう検討して欲しい」と求めた。

 これに対し、赤松農水相は「隔離して守りたい気持ちは分かるが、家畜を殺される一般の農家の感情もある。移動前、移動後の管理のほか、ほかの農家の理解という条件が整えば考える」と答えた。

 この後、赤松農水相は、宮崎市内のホテルで農業関係団体と、農水省宮崎農政事務所でJAの幹部や、口蹄疫が発生している自治体の首長らとも会談した。

 この中で地元JAの幹部は「1例目を出し、色々努力したが、えびの市まで飛び火させてしまい申し訳なく思う。農家と話しても、ほとんど泣いて話にならず、どう答えていいか分からない。だが、今日の話で希望が持てた。どうか農家を見捨てないで欲しい」と訴えた。

 赤松農水相は「たまたまここで発生し、皆さんの努力で(一定の地域からは)広がっていない。再建は責任を持ってやっていく」と応じた。

2010年5月11日 朝日新聞

 宮崎県畜産課へ早朝から“種牛への感染について「だめじゃないか」などと、県内外から抗議の電話”がかかってきたそうです。

 しかしながら、東国原知事が“「事業団は宮崎の宝。打撃を受けると肉用牛も一網打尽になる。特例措置で移動できるよう検討して欲しい」”と求めたことに対して、赤松が“「隔離して守りたい気持ちは分かるが、家畜を殺される一般の農家の感情もある。移動前、移動後の管理のほか、ほかの農家の理解という条件が整えば考える」”と答えたことから見ても判るように、“「事業団にいる時に感染した可能性が高く、結果として移動の時期が遅すぎた」”原因は、赤松の当事者意識と危機意識の欠如にあることは明らかです。

 更に、この“特例措置で移動できるよう検討”することは大臣である赤松しか出来ないことであれば、あの無駄な外遊さえなければ、GW後に爆発的に感染が増え始めた以前に種雄牛の移動を安全に完了できたはずであり、今回のようにパンデミック化した13日になって地雷原を踏むように移動する必要はまったく無かったはずです。

 それにもかかわらず一体、どの面下げて“「一部で『国の対応が遅い』とか、何とか(言われているが)、それは心外。言われたことはすべてやっている」”などと言い放てるのかまったく理解に苦しみます。

 宮崎牛ブランドが壊滅した責任は赤松にあります。抗議の電話は宮崎県畜産課にするのではなく、赤松に直接するべき。

抗議電話は赤松に直接するべきだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 写真は嘘をつかない | トップページ | 種雄牛49頭延命を要請へ »

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

>あの無駄な外遊さえなければ、GW後に爆発的に感染が増え始めた以前に種雄牛の移動を安全に完了できたはずであり
>宮崎牛ブランドが壊滅した責任は赤松にあります

民主党=統一教会+在日朝鮮人

です。
特に、赤松大臣は、パチンコマネーにズブズブで、民団にて、外国人への参政権付与を約束している事から判るように、完璧な朝鮮人勢力の代理人です。

赤松大臣(民主党=統一教会+在日朝鮮人)が、
意図的に、宮崎ブランドを壊滅(避難した種牛の残り5頭もダメでしょう)させたのは明白です。

目的は、日本から盗んだ種牛の精液で作り出した韓牛ブランドの立ち上げ支援でしょう。

しばらく後、マスコミが韓牛プッシュ報道(スケートのキム・ヨナのプッシュ報道の韓牛版)を始めたら、宮崎県における口蹄疫の流行は韓国が意図的にもたらしたと見なすべきでしょう。
(これは、9・11テロの日本版と認識するべきです)

赤松大臣は祖国より功績(和牛ブランド殲滅と韓牛ブランド立ち上げ)が認められ
電通のトップと同じ勲章を韓国から与えられる事を夢想し“ニヤニヤ”が止まらないのでしょう。


-韓日の架け橋役30年、電通の成田豊最高顧問-
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=113072&servcode=A00
(引用開始)
 日本最大の広告代理店、電通の成田豊最高顧問(79)が韓国政府から修交勲章光化章を贈られた。30年にわたる韓日文化交流事業を積極的に後援した功労だ。

権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使が24日に駐日韓国大使館に成田顧問を招いて勲章を授与した。修交勲章光化章は  “国権伸長”  や友邦との親善など  “国益増進”  に寄与した人に授与されるもので、外国人に贈られる最高等級の勲章だ。

勲章を授与された成田顧問は、「韓国の国歌であるムクゲの花言葉は尊敬だと聞いた。互いに尊敬する心を忘れないことこそ未来の両国民を強く結びつける基本だと確信する」と感想を述べた。また「韓国は私が生まれ青少年時代を送ったところで、一度も忘れたことはない」と話した。
(引用終了)

投稿: 平凡太郎 | 2010年5月22日 (土) 20時25分


いつもはSのお姉たまやけど、昨日はドM女にチンチン買ってもらったで!
尺八させて顔に精○ぶっかけたら、めちゃ喜んでたわ(笑)

てかこのサイトって変☆態☆女しかおらんのかい!!wwww
http://topo.specover.com/nub7qse/

投稿: ダメな女の子ばかりやなwww | 2010年5月22日 (土) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エース「忠富士」が口蹄疫感染:

» 東国原知事の静かなる抵抗Ⅱ [中小企業診断士えんさんの視点!]
 法律と言う枠組みを十分に尊重しつつも、宮崎県の、いや日本国における畜産業の「非 [続きを読む]

受信: 2010年5月24日 (月) 00時29分

« 写真は嘘をつかない | トップページ | 種雄牛49頭延命を要請へ »