« 普天間先送り | トップページ | ルーピーに付ける薬は無い »

2010年5月13日 (木)

政倫審出席はアリバイ作り

なのか。

「国民の支持獲得できる」=政倫審出席検討で小沢氏

 民主党の小沢一郎幹事長は13日午後、広島市内で記者会見し、自らの政治資金問題で衆院政治倫理審査会への出席を検討していることに関し「選挙民、国民にしっかりと話をすることによって、理解と支持を獲得できると思っている」と述べた。

(2010/05/13-15:47)時事通信

 政倫審は原則非公開で偽証罪にも問われず、権限といえば委員の3分の2の賛成で一定期間の登院自粛や国会役職の辞任の勧告ぐらいしかありません。

 国会役職を持たず、参院選を控えた小沢氏にとって見ればは登院自粛も願ったり叶ったりでアリバイ作りにはもってこいです。そしてこの政倫審出席を盾に、野党の証人喚問出席要求を拒否してくることは容易に推測できます。

 小沢氏は検察が不起訴とした際“「強制力を持っった検察の捜査に勝るものはない。その結果、不正はないと明らかになったのだから、国民はハッキリ理解していただける」”と述べ、政倫審や証人喚問への出席を拒否した経緯がありまが、検察審査会が「起訴相当」と議決した途端、政倫審の主席を検討するという事は結局、“「選挙民、国民にしっかりと話をすることによって、理解と支持を獲得できると思っている」”などという事は結局口だけ。誤魔化せれば何でも良いのでしょう。

 これで鳩山首相の普天間先送りと合わせて、このコンビで参院選を迎えることは確実となりました。事実上、次の参院選結果が鳩山首相と小沢幹事長体制の国民による信任となるわけですが、小沢氏が“選挙民、国民にしっかりと話をすることによって、理解と支持を獲得でき”たかどうかは、その時、明らかになるでしょう。

小沢氏は国民をなめきっていると思う方はクリック!→人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« 普天間先送り | トップページ | ルーピーに付ける薬は無い »

小沢一郎」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

韓国の第学生を前に、「桓武天皇の母は朝鮮半島出身の末裔、朝鮮の騎馬民族が大和朝廷を作った、日本は島国で日本人は意気地がないから韓国の血を入れなければいけない」、またシナでは「自分は人民解放軍の司令官」と言ってはばからない小沢がいまさら「国民の皆さんの理解を得たい」とは笑止千万。理解しないから朝鮮半島に帰ってキムチで何杯でも飯食ってろ!

税金から歳費を払うのがもったいない。国の名誉と売国行為、売国言論した公人にはペナルティを課すべきである。歳費をストップ!

投稿: 日本人 | 2010年5月13日 (木) 22時00分

小沢が自ら作った政倫審に行くんだから世話ありませんな。

投稿: ponta | 2010年5月14日 (金) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政倫審出席はアリバイ作り:

« 普天間先送り | トップページ | ルーピーに付ける薬は無い »