« 赤松、初動「問題ない」と開き直る | トップページ | 【口蹄疫問題】日南娘(ひなむすめ)より転載 »

2010年5月18日 (火)

スケープゴート

予想通りの展開に

口蹄疫:3月には感染 被害1市4町に 初動遅れに不満

 宮崎県で家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)の感染拡大が深刻化している。感染確認・疑い例は、17日午後6時現在で111例。それらと同じ畜舎にいたなどとして処分対象になった家畜は、計8万5723頭(牛など8212頭、豚7万7511頭)に上る。18日未明になって同県新富町でも疑い例が確認され、処分対象頭数は10万頭を超す見通しとなった。なぜ感染は拡大したのか。政府の対応に問題はなかったのか。

 1例目の感染疑い例が確認される11日前の4月9日。宮崎県都農(つの)町の農家で、口内がただれた牛1頭が見つかった。県は獣医を派遣したが、症状は軽く、他に症状のある牛もいなかったことから、口蹄疫とは考えにくいとして「経過観察」とされた。

 ところが、16日になって、他の牛にも症状が出始めた。検査の結果、経過観察していた牛を1例目と確認。農水省職員は「1例だけで、見抜けなくても仕方なかった」と同情するが、対策がとられないまま10日以上が経過し、初期の封じ込めに失敗した

 感染はそれ以前から広がっていた疑いもある。都農町の別の農場で3月、水牛に風邪のような症状が出た。農場側は風邪と判断したが、検体を採取して保存。口蹄疫が問題化した4月になって分析したところ、陽性と判明し、6例目の感染確認例となった。県は3月には既にウイルスが県内に侵入していたとの見方を強めている。

 感染ルートは不明だが、今回のウイルスは、香港や韓国で今年発生したものと遺伝子配列が酷似している。感染力が強いとされることに加え、豚に感染が広がったことも、発生が収まらない一因とみられる。豚は牛に比べ、ウイルスの増殖が激しいとされるためだ。

 一方、政府は4月20日に感染疑い例が発見された段階で農水省に対策本部を設置し、関係省庁との連絡会議も設けた。しかし、赤松広隆農相が大型連休中に海外出張して現地入りが10日にずれ込んだことなどに、地元などから「対応が遅い」との不満が高まった。赤松氏は11日の記者会見で「やるべきことは全部やってきた」と強調したが、野党は「政府の初動態勢が極めて不十分で被害が広がったのではないか」(谷垣禎一自民党総裁)などと批判を強める。

 こうした中、平野博文官房長官が16日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県)の移設問題に絡んで出張していた鹿児島市から急きょ宮崎県に向かい、東国原英夫知事と会談。帰京後すぐに首相公邸に赴いて状況を報告した。

 鳩山由紀夫首相は17日、約1カ月経過してから政府対策本部に格上げしたことに関し、「風評が立つと農家が困る状況があった。政府は十分にことを運んできたが感染が拡大し、県民、国民に正確に事実を知っていただくことがより重要だと判断した」と説明した。【佐藤浩、石田宗久、山田夢留】

◇ことば 口蹄疫

 牛や豚のような前後の足の指が2本、4本と偶数の動物(偶蹄類)に感染するウイルス性の伝染病。口の周辺やひづめに水ぶくれができる。発熱や多量のよだれ、食欲減退などの症状が出て衰弱する。感染力が極めて強く、水ぶくれの液や排せつ物に含まれるウイルスに触れると感染する。人にはうつらず、感染した動物の肉や乳を口にしても感染しない。家畜の安全基準を決める国際機関「国際獣疫事務局(OIE)」によると、口蹄疫ウイルスがない「清浄国」は約50カ国。日本は00年に発生後、半年ほどで制圧に成功し、清浄国に復帰していた。

毎日新聞 2010年5月17日 22時14分

 赤松農水相が開き直ったのと同時に、マスコミが一斉に宮崎県に責任を転嫁してきました。非常に解りやすい対応です。

 いかにも初動失敗は政府の所為ではないと言いたげなのですが、政府が鳩山首相を本部長に対策本部を立ち上げた時点で8万5千頭の殺処分が決定しながら、未だ5万頭弱しか実処理されていない事実を見れば、政府の対応が不十分であったことは明らかです。いくら責任逃れをしてみてもこの事実だけは絶対に覆らない。

 しかしながらこれは諸刃の剣。何故なら、この3月に口蹄疫が発症した都農町の水牛牧場は山奥の奥、そのまた奥の辺鄙なところにあり、通常は困難を極める初期の感染経路特定が容易だからです。(自民党政権時代に発生した2000年の口蹄疫も感染経路は特定できませんでした。)

 当初は、ネット上にあふれるデマの類かと思いましたが、この報道によって、一気に信憑性が増してきました。

2chより転載(リンク先にD議員実名あり)

111 名前:名無しさん@十周年 投稿日:2010/05/13(木) 10:05:52 ID:awsWAp8E0

口蹄疫の感染経路について、ある推測ブログ記事・・・万一これが本当なら大変。真相はどうなのか
http://ameblo.jp/bump-wanko/entry-10532525889.html

今年の1月にJICAを通じて熊本の酪農家に韓国からの研修生が来ることになった。
この酪農家は知り合いで俺も何度か見に行った事がある。
研修生は韓国京畿道州抱河市西域から。昨年から口蹄疫が発生している地域
熊本の酪農家はこれを断った。宮崎2区のJICA出身のD議員、地元宮崎での受け入れを要請。
宮崎のある程度の規模の所は当然断った。そこで目を付けたのが都農の水牛チーズ農場
この農場は東京のお店でイタリアンのお店で働いてた人が立ち上げた農場。
俺も熊本でチーズ農場をやってる友人のつてで親交があり、何度も一緒に飲んだ事がある。
この農場も初めは断った。この農場立ち上げの時、国からの補助を受けており、 D議員に押し通される形で受け入れた
2月半ば頃から原因不明の下痢・乳量の低下・流産が多発。獣医にも原因が解らず、 検体を取って動衛研で検査。3月半ばに口蹄疫の疑いが判明。しかし、水牛には抵抗性があり 発症はなかった。この頃から牛飼い仲間には『原因不明の下痢が発生してる。移すといけないから…』と 言って飲み会にも来なくなった。4月10日にこの農場の近くの和牛農家で口蹄疫と疑われる症状が発生
動衛研で検査したところ口蹄疫と確定。20日に口蹄疫発生と発表。
水牛農場に川南の農場の娘がバイトに行っていた。ここが川南で最初の発生農場
この農場と行き来のあった農場を中心に広がり川南で多発、国内最大手の直営で発生。
同系列のえびのの委託農場に感染。この農場は『保証金目的でわざと口蹄疫を出した』 とか言われてますが、それはないwこの会社とも付き合いはありますがえびの農場は 比較的成績の良かった農場。わざわざ潰さないと思う。後、『水牛が元々持ってた』という噂もありますが、 ちゃんと全頭家畜としての導入検疫を受けてます。導入時は口蹄疫も陰性でした。」

(mixi発・宮崎県の方からのコメント)抜粋

 “『水牛が元々持ってた』という噂もありますが、 ちゃんと全頭家畜としての導入検疫を受けてます。導入時は口蹄疫も陰性でした。」”とあるように、水牛の輸入は現在、口蹄疫の発症の無いオーストラリアとニュージーランドに限られています。

 もちろん、この“都農の水牛チーズ農場”の水牛も口蹄疫の発生していないオーストラリアから輸入されたものです。ですから、“『水牛が元々持ってた』”という事はまず有り得ません。

 この噂が本当かどうかは判りません。しかしながら、“香港や韓国で今年発生したものと遺伝子配列が酷似”している以上、両国の関係者、又は両国に関係している物を媒介にして、口蹄疫が都農町の水牛に感染したことだけは確かです。

 県及び国はこの感染経路を徹底的に調査し、直ちに再発を防ぐための手段を取り、その感染経路を公表するべきだ。たとえいくら隠蔽しようとしたところで、つぶやき一つで日本中に広がるこの世の中で、このような重大な秘密が隠しきれるわけがない。

 とりあえず、最低限の措置として韓国と中国の畜産物の輸入を直ちに停止し、韓国人と中国人の偶蹄目への接触と畜産関係施設への立ち入りを半永久的に禁止するべき。

感染経路を徹底的に調査すべきだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 赤松、初動「問題ない」と開き直る | トップページ | 【口蹄疫問題】日南娘(ひなむすめ)より転載 »

毎日新聞」カテゴリの記事

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

初めまして。18日の報道ステーションで酷い情報操作がありました。最初に失礼な質問をしたマスコミに怒った知事の怒りを映して、その後すぐ農家の方の「具体的に対応がない」という声。知事対農家という構図を演出する一方で、政府の責任については「国の対応が遅いという声もあります『が』とにかく一刻も早く対策を」とひとことで片付ける。知事も農家も赤松の放置の犠牲者なのに・・(怒り)そして対応が遅れた原因として、やはり第一発見医師?のせいに。「下痢だと思った」というコメントを紹介してました。この時点でこの判断を責められるのでしょうか。それよりはっきり口蹄疫とわかった時点での赤松大臣の外遊出発の方が明らかに大問題とすべきでしょう。

投稿: ホワイトニフ | 2010年5月19日 (水) 01時01分

結局、第一発見医師もキチンとマニュアル通りに対応した結果見抜けなかったそうですね。マスコミと言うのは本当に信用なりません。
しかしながら、マスゴミもそろそろアリバイ作りを始めないと、余りにも酷い鳩山内閣に対する倒幕運動が加速したときに逃げ切れ無くなるんじゃないでしょうかね。

投稿: takayuu@管理人 | 2010年5月20日 (木) 00時19分

サンデー毎日(6月6日号)に水牛農家の記事が出ています。
http://mainichi.jp/enta/book/sunday/
宮崎・口蹄疫禍 発生源と名指しされた水牛農家「大反論」

牧場主、従業員共に韓国人など外国人との接触は一切なく、飼料もアジア産の稲ワラを使った事はないそうです。
第1発症という事で、事実無根のデマが飛び交い、ご家族共々苦しんでらっしゃるそうです。

投稿: さち | 2010年5月27日 (木) 20時02分

韓国でのO型口蹄疫は最初の発生が4月8日。
1月から発生していたのはA型口蹄疫です。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/100510krfmd.pdf

破線で囲まれた記事の経路で侵入したなら、A型の口蹄疫が発生するはずです。

投稿: gakky | 2010年5月30日 (日) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケープゴート:

» 国民新党は本格保守党?・昨日気付いたこと [普通のおっさんの溜め息]
[国民新党は本格保守党?] 昨日街で珍しく国民新党のビラを見ました。 亀井さんの写真に党の公約・外国人参政権反対・夫婦別姓反対・郵政改革 そして本格保守党国民新党のキャッチコピー えっ??本格保守党を自認する国民新党が、リベラル色の強い(そして舛添さんなどが批判する)社会主義的政策など、近頃左かかった政策が目立つ(悪名高い日教組を支持母体とする)民主党と連立を組むなんて。 でも金を使ってでも国民に優しい政治を目指す亀井さんとしては、ばら蒔きの公約が目立つ民主党との連立には矛盾はないのかも知れません。... [続きを読む]

受信: 2010年5月18日 (火) 22時21分

» 国内の鳩と中国共産党の危険性について [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
改めて、国内の鳩と中国共産党の危険性について  先に、現政権について、「アホか!」としか論評できないと書いたが、数日経った今も同じ... [続きを読む]

受信: 2010年5月19日 (水) 06時10分

« 赤松、初動「問題ない」と開き直る | トップページ | 【口蹄疫問題】日南娘(ひなむすめ)より転載 »