« 種雄牛施設で口蹄疫 | トップページ | 福島瑞穂の認識 »

2010年5月16日 (日)

当事者意識がゼロの平野

何しに来たのやら。

口蹄疫問題「一体となって対応」 平野、東国原氏が会談

 平野博文官房長官は16日、宮崎県で牛や豚などへの口蹄疫感染が拡大している問題を受け、宮崎県庁で東国原英夫知事と会談。知事が家畜処分に伴う農家の損失の全額補償など支援策を要望したのに対し、平野氏は「しっかりと受け止め、国と県が一体となって対応したい」と述べた。

 会談に同席したJA宮崎中央会の羽田正治会長は、口蹄疫の被害総額が、同会の試算で約160億円に上ると明らかにした。

 平野氏は会談で、県が実施している車両の消毒などの防疫作業について「もっと緻密な水際対策が必要ではないか」と指摘。東国原知事は「近々もう一歩踏み込んだ対策をしないといけない局面。その際は政府のバックアップをお願いしたい」と要望した。

 県内で口蹄疫に感染した疑いがある牛や豚などが出た農場、施設は100カ所を超え、処分対象頭数は約8万2千頭。宮崎牛ブランドを支える種牛も、宮崎県家畜改良事業団(高鍋町)で飼育中の49頭が処分対象で、県が同事業団から西都市の仮設牛舎に緊急避難させた6頭が経過観察となっている。

2010/05/16 13:23 【共同通信】

 平野官房長官は“「しっかりと受け止め、国と県が一体となって対応したい」”とはいいながらも政府主体の対策を何一つ提案することなく当事者意識はゼロです。それどころか“「もっと緻密な水際対策が必要ではないか」”などとまるで他人事のように指摘する始末です。

 これでは一体何しに来たのか判りません。どうせ今回の宮崎入りも、ちょっと近くに来たから寄ってみた程度なのでしょう。この対応を見ても、口蹄疫対策について、鳩山内閣における共通認識は皆無にちがいありません。

 東国原知事はこれに対して、“「近々もう一歩踏み込んだ対策をしないといけない局面。その際は政府のバックアップをお願いしたい」”と応戦したようです。

 もちろん、“近々もう一歩踏み込んだ対策をしないといけない局面”とは、これ以上の口蹄疫の蔓延を防ぐために、緩衝地帯を含めた一定地域内の全頭処分を指しているものと思われます。

 そのためには、殺処分に応じた農家の財産と再建を補償するための“”、一気に封じ込めるための“”、安全に処分するための消毒液や石灰などの“もの”、そして処分した家畜を埋めるための“場所”の確保などの“政府のバックアップ”が必要不可欠となりますが、平野官房長官にそこまでの”覚悟”があるかどうかは甚だ疑問です。もちろん、鳩山首相にもそんなものはないでしょう。おそらく、鳩山内閣どころか民主党を含む連立与党内すべてを見回しても、そのような“覚悟”を持ち合わせた人物は一人もいないのではないでしょうか。

 民主党に政権担当能力はありません。長期的国家ビジョンが全くなく、ビジョンらしきものがあったとしても、参院選までがせいぜいです。

 後は野となれ山となれという投げやりな政治姿勢では、時に覚悟が必要とされる国家運営には致命的です。事実、既に統治能力を失った鳩山内閣によって、日本は崩壊の一途をたどっています。

 返す返す申し上げますが、口蹄疫早期終結のためには先ず、民主党から処分するしか有効な手段はないでしょう。

 安倍晋三首相や、中川昭一農水相、麻生太郎外相がいた頃が懐かしいですね。

先ず民主党から処分すべきだと思う方はクリック!→人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« 種雄牛施設で口蹄疫 | トップページ | 福島瑞穂の認識 »

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

>返す返す申し上げますが、口蹄疫早期終結のためには先ず、民主党から処分するしか有効な手段はないでしょう。

その通りです・・・・・・・・・
民主党は、韓国(民団)の利益推進が第一です。

-民主党の支援団体一覧(産経新聞より)-
http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/situation/090302/stt0903020008000-p1.jpg

つまり、日本の畜産業が壊滅した方が、民主党としては都合が良いのでしょう。
(韓国が、日本の畜産業界が壊滅した後、日本より盗んだ種牛のDNAから作った韓牛を世界に売り込むのを後押しする)


-ちょごろぐ-
赤松口蹄疫についてのチラ裏各種
http://umetatechi.iza.ne.jp/blog/entry/1600550/
(引用開始)
では、以降チラ裏を保存させていただきます。

真偽のほどは確かではありませんが、時系列からいってもかなりありうる話。


[486]名無しさん@十周年[] 2010/05/12(水) 08:11:10 ID:8teMAd6X0
AAS
(宮崎県の方からのコメント)抜粋

「今年の1月にJICAを通じて熊本の酪農家に韓国からの研修生が来ることになった。
この酪農家は知り合いで俺も何度か見に行った事がある。
研修生は韓国京畿道州抱河市西域から。昨年から口蹄疫が発生している地域。
熊本の酪農家はこれを断った。
宮崎2区のJICA出身のD議員、地元宮崎での受け入れを要請。
宮崎のある程度の規模の所は当然断った。
そこで目を付けたのが都農の水牛チーズ農場。この農場は東京のお店でイタリアンの
お店で働いてた人が立ち上げた農場。俺も熊本でチーズ農場をやってる友人のつてで
親交があり、何度も一緒に飲んだ事がある。
この農場も初めは断った。この農場立ち上げの時、国からの補助を受けており、D議員
に押し通される形で受け入れた。
2月半ば頃から原因不明の下痢・乳量の低下・流産が多発。獣医にも原因が解らず、検体
を取って動衛研で検査。3月半ばに口蹄疫の疑いが判明。しかし、水牛には抵抗性があり
発症はなかった。
この頃から牛飼い仲間には『原因不明の下痢が発生してる。移すといけないから…』と
言って飲み会にも来なくなった。
4月10日にこの農場の近くの和牛農家で口蹄疫と疑われる症状が発生。動衛研で検査した
ところ口蹄疫と確定。
20日に口蹄疫発生と発表。
水牛農場に川南の農場の娘がバイトに行っていた。ここが川南で最初の発生農場。
この農場と行き来のあった農場を中心に広がり川南で多発、国内最大手の直営で発生。
同系列のえびのの委託農場に感染。この農場は『保証金目的でわざと口蹄疫を出した』
とか言われてますが、それはないwこの会社とも付き合いはありますがえびの農場は
比較的成績の良かった農場。わざわざ潰さないと思う。
後、『水牛が元々持ってた』という噂もありますが、ちゃんと全頭家畜としての
導入検疫を受けてます。導入時は口蹄疫も陰性でした。」

(中略)

[307]百鬼夜行[] 2010/05/13(木) 06:06:32 ID:B/+8qCj90
AAS
赤松口蹄疫疑獄―ver2010/05/13.0543

①10年前の自民党と今回の対応の比較。
 +10年前に発生した際は初動が迅速だったこともあって殺処分は740頭で収束
 +4/22の質疑答弁ありながら放置、4/30~5/8の大臣の外遊
②食品テロ疑惑
 +「ビルコンS」韓国横流しにて薬品なし。
  →デマと産経はバッサリ。霞が関の関係者もツイッターで否定。
   しかし、買い占めは事実ぽい (www.maff.go.jpの100422_gaiyo.pdf資料)
 +長崎、宮崎。ブランド牛など冷凍精液1300本紛失。2009年11月、4月。
  →2010年、韓国牛ブランド立ち上げた?(イチゴブランド盗作の事例あり)
 +感染経路は朝鮮経由?その発端は、朝鮮の肉輸入再開によるものか?
 +FAOでは韓国で発生した口蹄疫が日本に被害(アウトブレイク)と伝える。
 +NHKでは香港由来(99*%)と伝えるも、韓国とも98*%遺伝子が一致。
 +ネットユーザーの日記によると、
  今年はじめ、韓国からの研修生受け入れを某政治家から打診。
    各農家受け入れ拒否(韓国はまだ口蹄疫蔓延中)それでも、
    某政治家ごり押し。水牛農家、しぶしぶ受け入れ。
 +あ○ら牧場―畜産業界では有名な牧場で投資家から資金を集めている
③赤松農水大臣とは?
 +2010年の民団の新年会で「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言
 +パチンコ議員
 +2010/3/12の江藤拓ブログより
  赤松広隆は1965年から続いた農林水産大臣伊勢神宮五穀豊穣祈願を今年グアム旅行ですっぽかした罰当たり。
④なぜ大手は報道しない?情報統制か?
 +ツイッターで原口大臣「風評被害」の為と弁明
(引用終了)

投稿: 平凡太郎 | 2010年5月16日 (日) 20時31分

まずはよ、煽る前に口蹄疫が人に感染しない事をちゃんと書きやがれと。感染症に関する正しい知識を提供するモティヴェーションもねーくせにミンス政権の対応を云々するのをやめろよと。

感染症関連のことをもちっと勉強しねーと一人前のブロガーにはなれねーぞ、ゆとりw

あ は     あ は   あ は は は   あ は は
  あ は は は は は   あ は は        
          あ は       あ は   あ は
あ は は     あ は   あ は は     あ は
      あ は は     あ は       あ は
    あ は は は は                
  あ は       あ は は   あ は   あ は
  あ は       あ は は は       あ は
あ は         あ は     あ は は    
あ は     あ は             あ は  
あ は は     あ は   あ は   あ は は は
                      あ は は  
      あ は     あ は は   あ は は  
あ は は は         あ は     あ は は
    あ は は     あ は       あ は  

投稿: 大地 | 2010年5月16日 (日) 21時49分

口蹄疫今頃になって!
一応現地入りしましたよーの
民主党が得意のパフォーマンス。
こんなにも大変な時に初期対応が遅れ大臣なのに
外遊してるような政府はこの国に必要ないです。

民主党はもう人として信用できない
自分&支持団体のことしか考えていない
ずるがしこい政党!
衆参同時選挙してほしいですね
まぁ同時選挙したら2度と政権などとれないから
必死にさけるでしょうけど(^^;

投稿: アップル | 2010年5月16日 (日) 22時49分

三年前の参院選では、ネットの無力さを思い知らされましたが今は違います。ブログやツイッターなどの新しいメディアから問題を提起され、政府に対する批判を巻き起こした今回の赤松口蹄疫事件がいい例です。
今、世の中は確実に変化し、ネット世論も無視出来ない存在になりつつあります。
流行はある一定のレベルを超えると爆発的に流行するものです。ネットの力も今、その一定のレベルに近づいているように感じます。

投稿: takayuu@管理人 | 2010年5月16日 (日) 23時32分

管理人さん>

東国原知事の公式ブログです。

非常に、深刻です。

日本全国の方に読んでいただきたい。

家畜改良事業団
http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10536406618.html

投稿:   | 2010年5月17日 (月) 05時40分

朝日は、少なくとも侮日やゴミウリの倍ぐらいは、この件で良い仕事をしていると感じます。

首相がいまだに宮崎入りせず“他人事”を決め込んでいる件、官房長官が「首相と早急に対応を検討したい」という間抜けたコメントを発している件、この他にも、農水相よりも早く谷垣さんが現地入りした事も取り上げていましたね。

東国原知事「無念、尋常でない」 
http://www.asahi.com/national/update/0517/TKY201005160318.html

>国に口蹄疫対策要請平野氏に鳩山由紀夫首相あての要望書を手渡し、「被害が止まらない状況で、関係者の無念は尋常ではない。首相にも来県いただきたい」と求めた。平野氏は「首相と早急に対応を検討したい」と引き取った。

投稿: | 2010年5月17日 (月) 05時52分

今回、朝日新聞は比較的いい仕事してますね。
伝説の種雄牛“安平”の処分の記事内でも、政府批判をきっちり載せてます。
私がいうのも何なんですが、なんだかんだで偏向しているといっても、新聞各紙の中で一番報道内容が良いというか、きっちり取材しているなぁと思うのは朝日新聞ですよ。
社内のバカどもをちょっと整理すればすぐに経営も立ち直ると思うんですがねぇ。

投稿: takayuu@管理人 | 2010年5月17日 (月) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当事者意識がゼロの平野:

« 種雄牛施設で口蹄疫 | トップページ | 福島瑞穂の認識 »