« 当事者意識がゼロの平野 | トップページ | 無能の代償 »

2010年5月17日 (月)

福島瑞穂の認識

何をいまさら。

東国原知事「無念、尋常でない」 国に口蹄疫対策要請

 宮崎県で口蹄疫が発生している問題で、平野博文官房長官は16日、県庁で東国原英夫知事と会談した。急速に拡大する被害への対策を求める東国原氏に対し、平野氏は「政府、県、自治体を含め、一体となってこの問題に知恵を出したい。一番のポイントは、いかに(感染を)拡大させないかだ」と述べ、早急に対応策を検討する考えを示した。

 平野氏の宮崎入りは、4月下旬に口蹄疫が確認されてから初めて。東国原氏は、ウイルスの侵入経路の解明や畜産農家への支援強化、処分した牛や豚を埋めるための国有地の提供などを要請。平野氏に鳩山由紀夫首相あての要望書を手渡し、「被害が止まらない状況で、関係者の無念は尋常ではない。首相にも来県いただきたい」と求めた。平野氏は「首相と早急に対応を検討したい」と引き取った。

 平野氏に続いて福島瑞穂消費者担当相も同日、県庁で東国原氏と会談。会談後、福島氏は記者団に「ブランドになった宮崎牛が打撃を受けるのではないかという心配に、担当大臣としてしっかりやっていく」と述べ、風評被害対策に力を入れる方針を表明した。

2010年5月17日1時5分 朝日新聞

 福島瑞穂消費者担当相は“「ブランドになった宮崎牛が打撃を受けるのではないかという心配に、担当大臣としてしっかりやっていく」”と発言し、“風評被害対策に力を入れる方針を表明”したようです。

 赤松大臣が外遊中、福島瑞穂がこの口蹄疫対策の臨時代理であり、更に口蹄疫が発生した宮崎県出身だというのに、今更この認識はないでしょう。これでは大臣失格です。

 もう既に宮崎県ブランドを支えてきた宮崎県家畜改良事業団の種雄牛はすべて殺処分、残りの6頭も風前の灯、冷凍精液もたった1年分しか残されていない危機的状況を知っていれば、この場に及んで“ブランドになった宮崎牛が打撃を受けるのではないかという心配”などというトンチンカンな発言が出るわけがありません。心配も何も宮崎牛ブランドを潰したのはお前だろうが!ちょっとは自覚しろ!郷土愛すら無い奴が平和と人権を口にするな!

 そして更に、福島瑞穂は宮崎牛そのものが無くなるかもしれないこの危機的状況下に“風評被害対策に力を入れる方針を表明”したようです。

 福島瑞穂消費者担当大臣としては、このまま情報封鎖を継続して鳩山内閣の失政を隠蔽し、宮崎県見捨てて全頭処分させ、全国の消費者に対しては“宮崎牛は一頭残らず処分され、今後も生産されることは無いので口蹄疫の影響は心配しないでください”とでもいうつもりなのでしょうか。

 担当大臣がこの程度の認識で、“「政府、県、自治体を含め、一体となってこの問題に知恵を出したい。一番のポイントは、いかに(感染を)拡大させないかだ」”とは笑わせます。日に日に深刻さを増す口蹄疫被害に対して、鳩山内閣はあまりにも無力すぎるどころか有害だ。

 反対するしか能が無く、有効な対策を何一つ打てない能無し大臣も全部まとめて根こそぎ処分しなければ、この人災が収まることはないでしょう。

能無し大臣は処分すべきだと思う方はクリック!→人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« 当事者意識がゼロの平野 | トップページ | 無能の代償 »

朝日新聞」カテゴリの記事

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島瑞穂の認識:

« 当事者意識がゼロの平野 | トップページ | 無能の代償 »