« 種雄牛49頭延命を要請へ | トップページ | おかしいのはお前だ。 »

2010年5月23日 (日)

社民党の存在価値

もう無いですね。邪魔者扱い。

日米先行「全く理解できない」=社民党首-普天間問題

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は22日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる日米両政府の実務者協議で、2006年に日米が合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)案に戻る形で大筋合意したことについて「沖縄県民との合意、連立政権内の合意なくして、なぜ日米合意が先行するのか全く理解できない」と厳しく批判した。都内で記者団の質問に答えた。
 福島氏は「辺野古に造ることには反対という沖縄の民意は既にはっきり示されている。なぜそれを無視して日米合意を強行するのか」と強調。「こういう合意をするという説明は事前に一切なかった」と不満を示した。 
 福島氏はまた、これに先立ち同日午前、TBSテレビの番組に出演、「実現できない案を無理やり決めても、問題がよりひどくなるだけだ。仕切り直してちゃんとやるべきだ」と述べ、5月末の決着期限にこだわるべきではないとの考えを重ねて強調した。

(2010/05/22-23:28)時事通信

 “「辺野古に造ることには反対という沖縄の民意は既にはっきり示されている。なぜそれを無視して日米合意を強行するのか」”とはいいますが、全国を対象とした世論調査では、普天間移設問題の早期解決が民意として既にはっきり示されているわけで、鳩山内閣としては無視できなかったのでしょう。

 つまり、社民党は鳩山内閣から無惨にも棄てられたという訳ですが、今更、福島瑞穂が“「こういう合意をするという説明は事前に一切なかった」”とか“「実現できない案を無理やり決めても、問題がよりひどくなるだけだ。仕切り直してちゃんとやるべきだ」”とかごねたところで、見苦しいだけですね。

 後は福島瑞穂の潔い決断に期待しましょう。女を見せろ。

とっとと離脱しろと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 種雄牛49頭延命を要請へ | トップページ | おかしいのはお前だ。 »

時事通信」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

左翼・社民党の左巻き福島瑞穂が普天間基地のグアムへの移転を主張しているのは日本や沖縄のためとは考えられない。
福島瑞穂が決して語ることのない真の意図は、祖国・北朝鮮から遠くへ米軍を移し、抑止力及び祖国への軍事的な脅威を無くすことである。
北朝鮮とグアムの距離は、普天間との距離の2倍以上ある。
社民党は見かけは日本の政党であるが、内実は北朝鮮の政党である。
伝統的に自発的に民主党と北朝鮮の機関紙であることを標榜している新聞(朝日)もある。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。

投稿: 鳩山ルーピー由紀夫 | 2010年5月23日 (日) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/48433845

この記事へのトラックバック一覧です: 社民党の存在価値:

» 弱虫軍団?民主党 [普通のおっさんの溜め息]
[自民党の江藤拓さん演説と民主党の野次とTwitterの反応] 昨日のTwitterでは衆議院本会議での自民党の江藤拓さんの口蹄疫の質疑中の民主党からの猛烈な野次に対する批判で溢れていました。 実はその一部を紹介しようと思ったのですが、昨夜「江藤拓」で検索してあれだけあったtweetが僅か8件しかなく、最後に Older tweets are temporarily unavailable.と出ているだけでした。(8.00現在) 「口蹄疫」で検索すると昨日のほぼ同... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 21時35分

« 種雄牛49頭延命を要請へ | トップページ | おかしいのはお前だ。 »