« 【口蹄疫】現場の悲痛な叫び【メール報告】 | トップページ | 鳩山「四十数カ所を検討」 »

2010年5月11日 (火)

赤松の開き直りと責任転嫁

開き直りと責任転嫁は民主党の専売特許デス。

先ずは開き直り。

外遊「全く問題ない」 赤松農水相、会見で反論

 赤松広隆農林水産相は10日、宮崎市の九州農政局宮崎農政事務所で記者会見し、中南米への外遊などで、口蹄疫問題の発生後、来県が初めてになったことについて「口蹄疫対策への支障はなかった」との見解を示した。

 会見で「外遊したことに地元から反感が出ているが、どう認識しているか」と問われた赤松農相は「対策へ支障があったことはないし、全く問題はない。万全の態勢でやってきた」と回答。「仮に外遊せず、前倒しで東国原知事に会っていれば、まん延防止につながったのでは」との質問には、「それはない」と即答する場面も。大臣の早期来県を望んだ農家の思いとの間に、ズレを見せる格好となった。

2010年05月11日 宮崎日日新聞

次に責任転嫁。

口蹄疫被害の農家支援、赤松農相に要請

 県内で発生が続く家畜伝染病「口蹄疫」の問題で、赤松農林水産相が来県した10日、農相と意見交換した農業関係者らは、被害に遭った農家の再建支援などを強く求めた。

 畜産農家で作る関係4団体の代表者は宮崎市のホテルで農相と会った。席上、農林水産省の担当者は国の支援策を説明し、国や県外からの派遣獣医師をこれまでの2倍の100人規模に増員する方針などを説明した。

 団体側の4人の代表者は「家畜を埋める場所を自分たちで確保できるはずがない。国有林や県畜産試験場などを開放してほしい」「手続きをしろと言うだけでなく、当座の生活資金(の手当て)や、救済をしてほしい」などと要望。同省担当者は「県とも相談し、持ち帰って検討したい」と述べるにとどめた。

 さらに、代表者からは「消毒薬が配られても、高齢者が多く、自宅の周りに散布する程度しかできない」「(県などの)責任の所在がわからない。誰に相談、連絡すればいいのか」といった苦情も。「夢も希望もない。二度と牛飼いなどしたくない」という酪農家の声を涙ながらに伝える場面もあった。

 赤松農相は「権限の問題ですべてを国がやれないのが宿命だが、大事なのはまず収めること。この難局は力を合わせてあたっていくしかない」と述べた。

(2010年5月11日 読売新聞)

そして宮崎県川南町の畜産業は壊滅へ。

口蹄疫被害110億円、殺処分7万6000頭に

 宮崎県で発生している家畜伝染病「口蹄疫」問題で、同県は10日、新たに同県川南町の11農家の牛と豚計23頭に感染の疑いがあると発表した。これで、感染(疑い例も含む)が確認されたのは67施設で、殺処分される牛と豚は計7万6852頭となった。同町内では、農家が飼育する牛と豚の約5割が殺処分されることになった。

 県の発表によると、新たな感染の疑い例は、牛の8農家と、豚の3農家で、いずれも1例目の同県都農町の農家から7・5キロ以内。9日、飼育する一部の牛・豚に症状が出た。

 一方、この日、宮崎入りした赤松農林水産相は県庁で東国原英夫知事と会談。知事が、殺処分された家畜の評価額の5分の4を農家に補填する現行制度の改善を要請すると、評価額の全額を国が負担する意向を表明した。

 記者会見した農相は、発生が川南町に集中している理由について、「解明し切れていない。何とか感染経路を突き止めたいと思っている」として、感染源やルートの特定に努める姿勢を改めて示した。

 この問題で、JA宮崎中央会は10日、県内の畜産農家の被害総額(8日まで)が110億円に達するとの試算を公表した。内訳は、殺処分した家畜の評価額が40億円、出荷遅れによる損害が10億円、家畜を新たに購入したり、飼育したりする「再建」に60億円かかるとしている。

(2010年5月11日 読売新聞)

 赤松農水相は“発生が川南町に集中している理由”について、“「解明し切れていない。何とか感染経路を突き止めたいと思っている」”と述べたようです。

 何故、発生が川南町に集中し、未だに爆発的に増え続けているかといえば、今朝のエントリーで挙げたように、獣医師の絶対的不足により殺処分できる頭数が1日当たりMAX2000頭しかなく、埋設場所も限られている為に、爆発的に増え続ける殺処分が決まった牛や豚をまったく処理しきれずに、空気感染で100kmもの移動が確認された口蹄疫ウィルスを保菌した牛や豚の6分の1以上が、未だに処理されないままで川南町に残されているからです。

 空気感染するウイルスの感染元が残っていれば、いくら昼夜を問わず消毒作業を行ってもいずれは限界に達します。このままでは川南町の残りの5割も口蹄疫に感染するのは時間の問題です。

 そんなことも知らずに4月29日から5月8日まで外遊し、9日に選挙対策を済ませ、10日になってやっとのこのこ宮崎県庁に現れて“「口蹄疫対策への支障はなかった」”と開き直るとは笑止千万。

 赤松農水相は“「権限の問題ですべてを国がやれないのが宿命だが、大事なのはまず収めること。この難局は力を合わせてあたっていくしかない」”などと、暗に県の対応に問題があるかのような言い方をしていますが、今更“国や県外からの派遣獣医師をこれまでの2倍の100人規模に増員する方針”を示し、地元から“「家畜を埋める場所を自分たちで確保できるはずがない。国有林や県畜産試験場などを開放してほしい」”と切実に要望されたことからいっても、現在の状況を作り出した根本的な原因は政府の初動の致命的なまでの遅さと、国の権限でしかやれないことをまったくやれていない事が原因であることは明白です。

 現在、10日に約6万4千頭だった殺処分対象が、11日に約7万7千頭と僅か1日で1万3千頭増えた事を考えれば、“派遣獣医師をこれまでの2倍の100人規模に増員”したところで、1日の殺処理数は4000頭がやっとというところであり、圧倒的に不足していることにはまったく変わりはありません。まさに焼け石に水。

 おまけに埋設場所の確保(国有地の解放)も出来ていなければそれを行う人員の確保(県知事の権限では自衛隊100名の動員が限界)も出来ておらず、防疫処理を行うための石灰も消毒液(各都道府県の備蓄分の集積)も圧倒的に足りない状況であれば、よくも“権限の問題ですべてを国がやれないのが宿命”などといえたものです。

 “権限の問題で国がやるべき事すべてがやれていない”の間違いだろ。

 開き直りと責任転嫁は民主党の専売特許であり、もはや見慣れた光景ではありますが、無知無能揃いの鳩山内閣に見殺しにされた川南町の畜産農家のことを考えれば、怒髪天を突く思いでございます。

開き直りと責任転嫁は民主党の専売特許だと思う方はクリック!→人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« 【口蹄疫】現場の悲痛な叫び【メール報告】 | トップページ | 鳩山「四十数カ所を検討」 »

口蹄疫」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

権限と言っている事態ではないことが理解できていない証拠。緊急事態であったことが認識できていない。これは追及していくべきである。

投稿: 日本人 | 2010年5月11日 (火) 19時48分

さすがパチンコ議員、朝鮮人赤松!
こんな奴がどうして国会議員か!くそっ!
腹が立つ! 日本の清浄な豚よ牛よ、、、
 カタキは絶対とってやる。

投稿: 事務員 | 2010年5月11日 (火) 20時18分

本日の瀬戸さんhttp://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52485476.html
のエントリーで紹介されていたメール内容を見ると、改めて鳩山内閣のクソ対応に腹が立ちます。
クソッタレどもの悪行の数々はけして忘れない。
衆院で自民全勝した我が町福井も明日は我が身という思いで暗澹たる気分になります。
一刻も早く民主党政権を倒さなければ明日はない。

投稿: takayuu@管理人 | 2010年5月12日 (水) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/48331965

この記事へのトラックバック一覧です: 赤松の開き直りと責任転嫁:

« 【口蹄疫】現場の悲痛な叫び【メール報告】 | トップページ | 鳩山「四十数カ所を検討」 »