« 種雄牛49頭殺処分へ | トップページ | 呆れ果てて言葉もでない »

2010年5月28日 (金)

赤松の満面の笑み

もうね。人として許されるのかと。

 せめて、形だけでもと期待するのも、この人外には無駄なことのようです。この嬉しそうな表情からは、農水相としての責任感など欠片も感じることが出来ません。

 一刻も早くこのバカ松が罷免され、民主党議員全員が落選することを願います。

土下座して詫びろと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 種雄牛49頭殺処分へ | トップページ | 呆れ果てて言葉もでない »

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

蔓延するまで放置して置きながら 「チマチマしたことではなく ここまでやるかということをやる」と笑い顔で言ったヤツです。

この先何をしでかすか解らない容疑者だらけの政権です。
まだ任期は3年3ヶ月 何とか出来ないでしょうか。

投稿: onisan | 2010年5月28日 (金) 20時44分

バカ松の満面の笑みだけでなく、「さっさと殺せ」との言葉に驚愕してしまいました。動物愛護の立場だからというわけではないのですが、この人には、動物や家畜を物としか思ってないのですね。
感染の有無に限らず容赦なく無差別に殺されていく牛や豚だって、生き物です。殺処分のときの苦痛がわからんのでしょうか???
現場の獣医や公務員たちは、精神がおかしくなりそうなのに、そういう過酷なことを押し付けられてるのです。バカ松自身がやればいいと思いますね。
また、いくら人の命をつなぐために牛や豚などを提供する仕事とはいえ、畜産家の方々にとっては、我が子同然に手塩かけて育ててきています。その気持ちを踏みにじる発言ですね!
バカ松には、人間としての品格を疑わざるをえないですね。まわりまわって、動物たちの怨念がつきまとうことを祈ります。

投稿: momo | 2010年5月29日 (土) 00時58分

奉祝曲<太陽の国>
http://momochan1225.blog31.fc2.com/blog-entry-80.html
大和の民覚醒必修!

投稿: | 2010年5月29日 (土) 02時41分

これは・・・・・

農林水産省(赤松記者会見)
http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/100528.html

【口蹄疫/大臣ぶら下がり】赤松「私が(農家)行って、がんばろうというふうになってくれれば」「菌が撒きちらされたと誤解の無い様に」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275088686/l50


投稿: | 2010年5月29日 (土) 08時34分

>この嬉しそうな表情からは、農水相としての責任感など欠片も感じることが出来ません。

赤松“大臣”は、
パチンコマネーにズブズブで、民団(≒韓国)で外国人への参政権付与を約束する朝鮮人勢力の代理人です。

南朝鮮(韓国)と在日朝鮮からの“依頼用件”に対する遂行義務はあれど、
農水相としての責任感など有る訳ないじゃないですか(笑)。

赤松大臣が嬉しそうに大笑いしたのは、
韓国からの“依頼用件”を無事に果たせそうだからでしょう。

そして、韓国からの依頼用件とは

和牛ブランド抹殺と日本の畜産業撲滅による韓牛ブランド立ち上げ支援でしょう。


-日本政府は、国連食糧農業機関(FAO)の専門家チーム派遣を断る-
http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/national/news/20100521p2g00m0dm040000c.html


-【口蹄疫】和牛輸出ピンチ、「非清浄国」認定 販路開拓も水泡の恐れ-
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100526/biz1005262037030-n1.htm
(引用開始)
宮崎県で発生した口蹄(こうてい)疫の影響で、海外でも人気が高まっている国産高級ブランド牛肉の輸出が、ほぼ全面的にストップしている。国際機関である「国際獣疫事務局(OIE)」から、家畜伝染病が発生した「非清浄国」に認定されたためだ。清浄国への復帰の条件は厳しく、再開の見通しは立っていない。昨年の輸出量が倍増するなど、政府の輸出支援を受けた販路開拓がようやく実を結び始めたところだけに、関係者は「これまでの努力が水の泡になりかねない」(商社の畜産担当)と危機感を募らせている。
(引用終了)

赤松大臣、次のミッションは、
電通(韓国政府から勲章を授かった人物がトップ)と政府共同での韓牛売り込みですよ!

投稿: 平凡太郎 | 2010年5月29日 (土) 09時36分

「毎日新聞」など一部紙は、相変わらず「2頭」が口蹄疫に感染したかのような記事を掲載しているようです。
夜になって知事も訂正していましたが、発熱が早期に確認された1頭は、風邪の症状であったようですが。

いずれにせよ、大臣の満面の笑みの理由を知りたいです。

“何故か”、相変わらず「感染経路」の特定ができていませんが、日本は非清浄国になった事で、同じく非清浄国である中・韓の肉は、大っぴらに輸入できる事になったのでしょうか?
大してお目出度くはないですねぇ。

人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から37日間で15万頭殺処分決定のパンデミック規模(その35)赤松農水相、種牛感染の知らせを受け満面の笑顔「だから早く殺せって言っているのに」→内一頭の発熱は風邪と判明 エース級種牛5頭は6/4まで経過観察を続行
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2010/05/420371535-1ef8.html

投稿: | 2010年5月29日 (土) 10時45分

民主党のモラルは、日本人ではなくて中国人のようです。「いさぎよさ」よりも「厚顔無恥」そのものです。気持ち悪くって仕方がありません。でもそんな連中を日本人が選んだんですよね。何とかしたくてもマスコミも同じだし・・・。民主党は日本の死亡フラグですね。宮崎出身の自分は今回の口蹄疫は民主党が仕組んだバイオテロだと思っています。

投稿: 大和太郎 | 2010年5月29日 (土) 17時34分

バカ松。まさしく。
他人事的な対応は政治家として、大臣として恥ずべき対応。
一刻も早く大臣を辞めてほしい。

投稿: | 2010年5月29日 (土) 20時56分

赤松にもガッカリきましたが、それにもましてガッカリきたのは農水官僚ですね。
49頭の感染について、連絡がこなかったと赤松や山田と一緒になって宮崎県の対応を責めだしたようですが、所詮奴らも官僚ならば、日本の畜産の事よりも組織防衛の方が大事と見えます。

投稿: takayuu@管理人 | 2010年5月29日 (土) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤松の満面の笑み:

« 種雄牛49頭殺処分へ | トップページ | 呆れ果てて言葉もでない »