« 日の丸のない日本館 | トップページ | 火に油を注ぐルーピー鳩山 »

2010年5月 3日 (月)

瑞穂が竜馬を口寄せ

言うわけねぇだろ。

竜馬なら「沖縄の負担はいかんぜよ」、普天間基地問題で社民・福島氏が演説/神奈川

 「坂本竜馬がいたら、『沖縄の負担はいかんぜよ』と言っていただろう」―。社民党党首の福島瑞穂内閣府担当相(参院比例、党県連合代表)は2日、小田急線相模大野駅前で街頭演説し、普天間基地移設問題について、沖縄県の基地負担軽減の実現に全力で取り組む意向を示した。

 福島氏はテレビドラマなどで竜馬ファンが増えていることに触れ、「もし今、竜馬がいたら、福島瑞穂と同様に沖縄へ新たな基地負担を求めることには反対していたのでは」と述べた。

 その上で、「米政府に対し、沖縄にこれ以上、基地負担を求めるのは無理だと言うべきだ」と強調。「社民党は雇用、人権、平和、基地で絶対にぶれない。一緒に時代や歴史を変え、沖縄の基地負担を軽減しよう」と、沖縄に次ぐ第二の基地県である神奈川の県民に理解と支援を求めた。

 福島氏はこの日、川崎市内や町田市内でも街頭演説を行った。

2010年5月2日 神奈川新聞

 現実主義者で日本中が攘夷一色の中、自主独立のための日本近代化を目指していち早く開国派に転じ、後に海援隊を組織して自ら国防に当たった竜馬が、“『沖縄の負担はいかんぜよ』”などと言い、日本を無防備で軍事侵略国家中国の前に晒すわけねぇだろ。勝手なことぬかすな。

 おまけに“「米政府に対し、沖縄にこれ以上、基地負担を求めるのは無理だと言うべきだ」”と強調し“「社民党は雇用、人権、平和、基地で絶対にぶれない。一緒に時代や歴史を変え、沖縄の基地負担を軽減しよう」”とも訴えたようですが、“現在の基地負担-普天間+辺野古<現在の基地負担”であることは間違いなく、瑞穂のやっていることはもはや筋の通らない外患誘致と言っても過言ではありません。

 もし、現代に武市どんと以蔵がおったら今頃鳩山と小沢はこの世に無く、瑞穂も家から一歩も外に出られなかったでしょうね。

バカも休み休み言えと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 日の丸のない日本館 | トップページ | 火に油を注ぐルーピー鳩山 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

何回読んでも絶句

投稿: 宮崎 | 2010年5月 3日 (月) 22時11分

君子、危うきに近寄らず

投稿: 宮崎 | 2010年5月 3日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞穂が竜馬を口寄せ:

« 日の丸のない日本館 | トップページ | 火に油を注ぐルーピー鳩山 »