« エース「忠富士」が口蹄疫感染 | トップページ | 社民党の存在価値 »

2010年5月22日 (土)

種雄牛49頭延命を要請へ

正に瀬戸際。

宮崎、種牛49頭救済を要請へ 東国原知事、国と協議意向

 口蹄疫で、宮崎県が避難させた種牛6頭のうち1頭の感染疑いが確認されたのを受け、東国原英夫知事は22日、「このままいけば県から種牛がいなくなる」と残り5頭への感染を懸念。県家畜改良事業団(高鍋町)が管理する種牛49頭の殺処分方針を見直し、救済を国に要請する考えを明らかにした。知事は記者団に「財産を残したいというのが県の願い。今後、国と協議する」と述べた。

 これに対し、現地対策本部の山田正彦農林水産副大臣は「(救済を)認めていいとは思っていない。大臣と相談しなくてはいけない」と否定的な姿勢を示した。

 宮崎産の子牛は佐賀や三重などブランド牛の生産地に出荷されており、種牛がいなくなれば、宮崎だけでなく各地への影響も避けられない

 同事業団は種牛計55頭を一元管理していたが、口蹄疫拡大を受け、県は精液提供の9割を担う6頭を13日に西都市に避難させた。15日に同事業団で肥育牛に疑い例が出たため、事業団に残っていた49頭は殺処分が決まった。県によると、これまで49頭に口蹄疫の症状は出ていない

2010/05/22 19:35 【共同通信】

 条件で言えば、同じ厩舎で口蹄疫の疑い例が発生してしまったスーパー種雄牛6頭よりも、別飼育されていた肥育牛(種雄牛の評価のために飼育されている牛)に疑い例が発生した残りの49頭の方が、生き残る確率は遥かに高いと考えられます。

 しかしながら、“「財産を残したいというのが県の願い。今後、国と協議する」”という切実な県の願いに対して、山田正彦農林水産副大臣は“「(救済を)認めていいとは思っていない。大臣と相談しなくてはいけない」”と否定的な姿勢を示したようです。

 何よりも責任を回避し、“国民の生活”なんぞよりも自身の保身を第一に考える民主党の体質を考えれば、山田副大臣の考えを赤松大臣が覆す可能性は殆どないでしょう。

 なぜなら、自らの外遊についての判断を問われ“自分ひとり居なくても対策に支障はない”と言い切った赤松であるならば、副大臣の判断を大臣が覆すようなことがあれば、この発言との整合性が取れなくなってしまうからです。

 “「このままいけば県から種牛がいなくなる」”ということは、宮崎県の畜産が消滅することと同義です。種雄牛さえ残れば復興への希望も持てますが、ブランドの血筋そのものが消滅してしまえば、復興への希望を失い、そのまま廃業する農家が続出してしまうでしょう。いくら補償金を積んだとしても、復興出来なければ意味がないのです。

 宮崎県の畜産は今、存亡の危機を迎えています。かくなる上は、本部長のルーピーに期待するしかない。

 何もしないよりマシです↓。

ハトミミドットコム (お聴かせください、あなたの想い)

首相官邸 ご意見募集

種雄牛49頭を救済するべきだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« エース「忠富士」が口蹄疫感染 | トップページ | 社民党の存在価値 »

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

和牛のきれいな姿を思うと泣いた。

殺処分すべき民主党!!

しかし気分を取り直し
種牛49頭の延命をとメール送った。

日本が日本である為にどうか神よ和牛を守ってくれ!!

投稿: 事務員 | 2010年5月23日 (日) 03時19分

私も首相官邸にメールしました。
数多くの意見があれば、もしかしたら届くかもしれないと一縷の望みをかけて。
どうか民主党にほんの少しでも良心がありますように。

投稿: | 2010年5月23日 (日) 13時44分

まず、49頭の種牛が、まだ処分されていなかったのを知りませんでした。また、口蹄疫が確認されたのが種牛ではなく、事業団の敷地内で飼われている(いた?)肥育牛だったことも知りませんでした。

で、そのまだ処分されていない49頭の種牛が元気だというのだから東国原知事が延命を訴える気持ちも分かります。

山田副大臣は否定的な見解だそうだけど、さて赤松大臣は、どんな決定を下すでしょうか。

決定次第では大きな波紋、議論を引き起こしそう。

素人考えでは49頭のうち、1頭でも感染した牛が見つかるまでは経過を見守るのも手だと思うけど。それで49頭の種牛が無事、生き残れば、本当に素晴らしい。

投稿: tack | 2010年5月23日 (日) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種雄牛49頭延命を要請へ:

« エース「忠富士」が口蹄疫感染 | トップページ | 社民党の存在価値 »