« 鳩山由紀夫の存在価値 | トップページ | 普天間移設反対集会に9万人 »

2010年4月25日 (日)

わかりやすい反応

何を今更。

鳩山首相「埋め立ては自然への冒涜」=現行案決着を否定-普天間移設

 鳩山由紀夫首相は24日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移す現行案で決着させる可能性について「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒涜(ぼうとく)と感じる。受け入れるという話はあってはならない」と述べ、明確に否定した。
 首相は既に、米側が最善とする現行案を容認しない考えを示していたが、5月末の決着期限を控え、立場に変更がないことを確認した。視察先の群馬県大泉町で記者団の質問に答えた。 
 移設先をめぐる日米間の調整は現在、岡田克也外相とルース駐日大使との間で主に行われており、米紙ワシントン・ポストは23日に両氏が会談し、外相が現行案の一部修正を検討していることを伝えたと報じた。
 これに関し、岡田氏は24日、長崎県佐世保市内で記者団に、会談は認めながらも「そういう事実はない」と報道内容を否定。また、「重要な(沖縄の)県民大会を控えて(米紙報道は)極めて遺憾だ」と語った。
 首相も米紙報道について「内容は必ずしも事実ではない」と強調し、「政府案を真剣に検討している最中で、まだ結論が出ていない」と述べた。
 北沢俊美防衛相も24日、長野市内で記者団に「現行案に戻ることはあり得ない」と指摘した。

(2010/04/24-19:36)時事通信

 今まで鳩山首相は現行案の反対理由に“沖縄の声を受け止めて”などという曖昧な主張を繰り返してきましたが、ここに来ていきなり“辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒涜(ぼうとく)”と反対理由を明確に出してきました。

 元々、“きれいな海、埋め立てるな”と言う主張は小沢氏の持論です。ここに来て急に同じ事を鳩山首相が主張しだしたという事は、現行案修正で決着を図ろうとする官邸側の動きを察知した小沢氏によって、鳩山首相が釘を刺されたと見て間違いありません。

 しかしながら、現行案修正を拒否したところで、“「政府案を真剣に検討している最中で、まだ結論が出ていない」”、つまりは代替案が皆無である事には変わりはありません。もはや5月末期限は絶望的となれば、更なる支持率低下は免れず、小沢氏の求心力低下と鳩山首相に対する辞任圧力は強まるばかりです。

 今回、明確に否定したとしても、党内バランス如何によって鳩山由紀夫がどちらにでも転ぶことは今までのブレブレ発言から見ても明らかです。鳩山達磨は小沢と反小沢の間でこれからもゆらゆらと揺れ動き、辞任する直前までブレブレ発言を繰り返すでしょう。

わかりやすい反応だと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山由紀夫の存在価値 | トップページ | 普天間移設反対集会に9万人 »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすい反応:

« 鳩山由紀夫の存在価値 | トップページ | 普天間移設反対集会に9万人 »