« 「起訴相当」で政権大打撃 | トップページ | 勇気ある行動 »

2010年4月30日 (金)

裏庭の基地

最近は環境保護団体も胡散臭くなりましたね。

「裏庭に基地欲しいですか」=ポスト紙に全面広告-米環境団体など

 【ワシントン時事】28日付の米紙ワシントン・ポストに、日米両国の環境保護団体などが企画した米軍普天間飛行場の沖縄県内移設に反対する全面意見広告が掲載された。広告は、「あなたは裏庭に30もの軍事基地が欲しいですか」と呼び掛け、基地のフェンスにしがみつき、軍用機を見詰める少年の写真を載せた。
 広告を出したのは、米国の環境団体や反戦団体でつくる「ネットワーク・フォー・オキナワ(NO)」など。25日に沖縄で開かれた県民大会も紹介。「新たな基地建設は人々の健康と安全を脅かし、ジュゴンなどの生態系に脅威を及ぼす」などと訴えている。
 また、NOなどは28日、「2006年の米軍再編合意について再交渉し、破壊的な基地建設計画を中止するよう求める」とのオバマ大統領と鳩山由紀夫首相あての書簡も出した。

(2010/04/29-09:51)時事通信

 まぁ、基地が30あろうが40あろうが、はたまた50あろうが裏庭を中国人に荒らされるよりマシですね。

 “基地のフェンスにしがみつき、軍用機を見詰める少年の写真”を日本近海の海底資源に群がる中国人に差し替えるべき。

裏庭を中国人に荒らされるよりマシだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 「起訴相当」で政権大打撃 | トップページ | 勇気ある行動 »

中国」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏庭の基地:

« 「起訴相当」で政権大打撃 | トップページ | 勇気ある行動 »