« 無能の見本 | トップページ | 子供手当と在日特権 »

2010年4月 5日 (月)

内閣府不支持率が過半数超え

止まらない。

内閣不支持53%に上昇 共同通信世論調査

 共同通信社が3、4両日実施した全国電話世論調査で、鳩山内閣の支持率は33・0%と3月の前回調査から3・3ポイント下落した。不支持は4・4ポイント増えて53・3%と昨秋の内閣発足以後、初めて過半数となった。不支持理由は「首相に指導力がない」が33・6%でトップだった。

 一方、離党届を出した自民党の与謝野馨元財務相と無所属の平沼赳夫元経済産業相らの新党構想について「期待する」は27・1%にとどまり、65・9%が「期待しない」とした。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題が期限の5月末までに決着しなかった場合の鳩山由紀夫首相の進退については「首相を辞めるべきだ」が47・1%に達し、「辞めなくてよい」45・3%を上回った。政治資金問題を抱える小沢一郎民主党幹事長に関して「幹事長を辞めるべきだ」が前回より6・6ポイント増え81・4%となった。

 政党支持率は、民主が1・3ポイント増の30・3%、自民が6・6ポイント減の18・0%、みんなの党が5・7ポイント増の9・6%。このほか公明党が2・6%、共産党3・3%、社民党1・0%、国民新党0・7%、新党日本1・4%、支持政党なし28・2%。

2010/04/04 20:07 【共同通信】

 とうとう支持率が30%割れ目前まで来ました。“前回調査から3・3ポイント下落”したことを考えれば、5月には30%を割ってくることは確実です。

 鳩山首相が自ら設定した普天間移設問題5月末期限が破られた場合の進退について“「首相を辞めるべきだ」が47・1%に達し、「辞めなくてよい」45・3%を上回った”ようです。

 鳩山首相が大事に温めていた“腹案”とやらは徳之島であることがとうとう判明したようですが、今更徳之島などという代替地で米国と地元の了解を得られるわけもなく、もはや5月末期限を守ることは不可能な状況です。

 もちろん、秘書が逮捕されようが巨額脱税が発覚しようが辞任しなかった鳩山首相が今更辞任するわけもなく、同じく秘書が逮捕されようが巨額の政党助成金を流用&不動産大量購入&マネーロンダリング疑惑が発覚しようが辞任しなかった小沢幹事長も、絶大なる権力を行使できる幹事長職に当然ながら居座り続けるわけで、5月に30%を割った支持率が6月には更に20%割れ目前となることはもはや不可避です。これから参院選に向けて政局は混迷の度合いを深め、政界再編に向けた動きで混沌と化すでしょう。

 もう、何が起こるかわかりませんね。

とりあえず民主の参院単独過半数は無いと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 無能の見本 | トップページ | 子供手当と在日特権 »

世論調査」カテゴリの記事

コメント

内閣支持率が下がっているのに、民主の支持率が上がり、自民の支持率が下がる・・・
どういう調査だったか、皆さんお分かりですよね!

投稿: レイ | 2010年4月 6日 (火) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/48002543

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣府不支持率が過半数超え:

« 無能の見本 | トップページ | 子供手当と在日特権 »