« 虚しい自画自賛 | トップページ | 支持率20%割れ直前 »

2010年4月16日 (金)

5月決着やる気なし

だが、マヌケは見つかったようだぜ。

報道は「事実誤認」=鳩山首相

 鳩山由紀夫首相は15日夜、オバマ米大統領が先のワシントンでの非公式会談の際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の5月決着に疑問を呈したことについて「(報道は)全く事実誤認の記事だ。『進展がない』とか『5月末までに厳しく決着を求めた』とか、そんな話は一切ない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相はこの後、首相公邸で民主党の参院予算委員会メンバーと懇談し、「全く事実と異なる報道がされているが、オバマ大統領からはマスコミに書かれているような反応は一言もなかった。安心してほしい」などと説明した。 

(2010/04/16-00:36)時事通信

 もはやマヌケとしか表現のしようがないですが、“「全く事実と異なる報道がされているが、オバマ大統領からはマスコミに書かれているような反応は一言もなかった。安心してほしい」”って、だからどうしたって感じですよね。一体、何を“安心してほしい”のか。

 鳩山由紀夫は自身で掲げた5月末期限に“命をかけて取り組む”といいながら、延命のための逃げ道を用意しようと必死です。その姿は惨めで憐れで、そして余りにもマヌケだ。

 期限が後一月半に迫ったこの時期に“「(報道は)全く事実誤認の記事だ。『進展がない』とか『5月末までに厳しく決着を求めた』とか、そんな話は一切ない」”方が問題は深刻です。これが仮に事実であれば、米国は鳩山由紀夫を全く信頼出来ない人物だとわかって10分間の非公式会談しか設けず、何一つ期待もしなければ要求もせず、そして何一つ言質をとらせなかったのでしょう。

 日本が今まで築きあげてきた対外的信用と国益を垂れ流しながら、ただ自らの政権を延命するためだけに必死なマヌケはとっとと政権から追放すべきですね。

ルーピー鳩山では日本が持たないと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 虚しい自画自賛 | トップページ | 支持率20%割れ直前 »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

マスゴミ報道を否定するのに、自分からは会談の中身を言わない、これで信じろ?
末期的精神病者

投稿: レイ | 2010年4月17日 (土) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月決着やる気なし:

« 虚しい自画自賛 | トップページ | 支持率20%割れ直前 »