« 恥知らずな女 | トップページ | 「起訴相当」で政権大打撃 »

2010年4月29日 (木)

迷走の果て

なんという茶番。

「桟橋方式」軸に調整へ=現行案修正、名護市長は拒絶-普天間

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で政府は27日、同県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部を移設先とする現行計画の修正案を米側に提示し、調整に入る方針を固めた。沿岸部を埋め立てる計画を見直し、沖合に、環境への負荷が少ないとされるくい打ち桟橋方式で滑走路を造る案を軸に検討する。鳩山由紀夫首相が衆院選で訴えた「県外移設」に反するが、5月末の決着期限が迫る中、「現行計画が最善」とする米側との交渉に入るにはやむを得ないと判断した。
 ただ、名護市の稲嶺進市長は同日、都内で記者団に「現行計画をくい打ち方式に変えても実現性はゼロだ。とても受け入れられない」と明確に拒否した。社民党も辺野古への移設に反対しており、同党の連立離脱に発展する可能性もはらんでいる。
 一方、政府は、沖縄の基地負担軽減を図るため、鹿児島県・徳之島への普天間ヘリ部隊の移転も進める方針。首相は27日夕、衆院議員時代に徳之島を選挙区とし、現在も地元に影響力を持つ徳田虎雄氏(旧自由連合代表)と28日に都内で会談することを記者団に明らかにした。会談で、首相は移転受け入れに理解を求める考えだ。 
 辺野古沿岸部を埋め立てて、2本の滑走路をV字型に建設する現行計画について、首相は24日、「自然に対する冒涜(ぼうとく)」と再検討を強く否定した。これに関し防衛省幹部は27日、「首相が埋め立ては駄目だと言うのでくい打ち桟橋方式を検討する」と明言した。辺野古の沖合の浅瀬に1500メートル級の滑走路を建設する案が有力とみられる。
 北沢俊美防衛相は同日、都内でルース駐日米大使と会談した。日本側の検討状況について説明したもようだ。
 これに関連し、平野博文官房長官は同日の記者会見で、「日本政府の安全保障という概念なので、政府としての意思決定の下、当該の国民、住民に説明をし、理解をいただく努力はやらないといけない」と述べ、首相が前提条件に挙げた「地元の了解」が得られないままでの移設案決定も排除しない考えを示した。

(2010/04/28-00:19)時事通信

 鳩山首相が“「自然に対する冒涜(ぼうとく)」と再検討を強く否定”したことに対して、防衛省幹部が“「首相が埋め立ては駄目だと言うのでくい打ち桟橋方式を検討する」と明言”なんて出来すぎですよね。こんなものはただの茶番です。

 普天間を巡る政府の目に余る迷走を見せつけられ、今後の方向性と落とし所が全く分からない状態が続いてきましたが、改めて今回の流れを整理して考えてみると、“沖縄のきれいな海、埋め立てるな”という小沢氏の持論が最初から“くい打ち桟橋方式”を指していたのであれば話は簡単です。そう考えれば、最近になって突然ルーピー鳩山が“腹案”があると言い出し、現行案回帰を“「自然に対する冒涜(ぼうとく)」”などと言い出したのも納得です。

 おそらく、小沢氏は最初から現行案を“くい打ち桟橋方式”に修正することで、普天間移設問題に関する衆院選公約との整合性を取る考えを持っていたのでしょう。ただ、7月の参院選まで連立与党を維持したいがためにこれを“腹案”としておさめ先送りし、後は鳩山内閣が“場当たり的で節操のないやり方”で迷走するに任せた。

 しかしながら、ルーピー鳩山の予想以上の迷走によって、日米関係が予想を遥かに超えて険悪化し、更に鳩山首相と小沢氏自身が“政治とカネ”の疑惑で秘書が逮捕・起訴され、小沢氏にいたっては検察の聴取を受け、内閣支持率が暴落することで交渉の先送りが難しくなり、方針を転換せざる得なくなった。

 そこで5月末期限が目前に迫り、自身の訪米も米国に聴取を受けた容疑者として拒絶された4月に入って鳩山首相に“腹案”を明かし、政府に最低でも“県外移設”としてきた普天間移設を辺野古への“くい打ち桟橋方式”による現行案修正で検討に入らせ、実際に交渉に入るためのアリバイ工作として、“徳之島案”というダミーを作り出し、断念することを前提とした不誠実な対応でこれを潰しすことで現行案修正で交渉せざる得ない状況を演出したという訳です。

 何故、 小沢氏が“くい打ち桟橋方式”なのかということについては、工事費が現行案の4000億円に対して杭打ちは1兆円で2倍強。つまりは、利益誘導してゼネコン関係から裏金ガッポガッポ。ついでに米国に恩を売って、辺野古に小沢氏が所有する不動産に米軍関係施設を誘致して地代をガッポガッポ…。

 政権与党なら私利私欲のためにこのくらいやらないと、何のために苦労して政権盗ったのかわかりませんからねぇ。なるほどねぇなどと一人で妄想し、納得する今日この頃でございます。

人気ブログランキングへ

|

« 恥知らずな女 | トップページ | 「起訴相当」で政権大打撃 »

小沢一郎」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

コメント

今後、反省平和団体とシーシェパードやグリーンピースとの連携も有り得るかも知れませんね。

普天間:沖縄県内移設中止を求める全面意見広告 米紙に
http://mainichi.jp/select/world/news/20100429k0000m010085000c.html

投稿: 基地の件 | 2010年4月29日 (木) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/48205395

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走の果て:

« 恥知らずな女 | トップページ | 「起訴相当」で政権大打撃 »