« 5月決着やる気なし | トップページ | 沖縄の声の正体 »

2010年4月16日 (金)

支持率20%割れ直前

急落ッ

安倍政権より支持急落=時事世論調査

 鳩山内閣の支持率が2009年9月の発足からわずか7カ月で23.7%と、「危険水域」とされる20%台に落ち込んだ。夏の参院選を控える鳩山由紀夫首相の政権運営に、「赤信号」が点滅し始めた格好だ。07年の前回参院選で自民党が大敗を喫した際の安倍内閣よりも下落のペースは激しく、政権へのダメージは深刻だ。
 鳩山内閣発足直後の09年10月の調査で60.6%だった支持率はほぼ一本調子で下がり続け、10年1月の47.1%からはさらに23ポイント余り下落した。安倍内閣発足直後の06年10月に51.3%あった支持率は、07年1月に40.7%に下落し、同4月は40.6%と横ばい。参院選直前の同7月に25.7%に下落した。鳩山内閣の急落ぶりはそれ以上だ。
 不支持の理由をみると、「期待が持てない」「リーダーシップがない」が上位を占め、有権者が民主党政権に失望し、首相の指導力欠如に不満を募らせていることは明らか。特に、選挙の行方を左右する無党派層の支持率は2割を切り、今や政権末期の様相だ。 
 参院選比例代表の投票先も、民主党と自民党の差は2カ月連続で1ポイントを切り、みんなの党が急上昇した。このうち、無党派層の投票先を見ると、民主9.7%、自民9.1%、みんな6.6%。69.5%は「分からない」と回答した。無党派層の多くがどの政党に投票すべきか、まだ決めかねている状況がうかがえる。

(2010/04/16-21:15)時事通信

 とうとう鳩山内閣への支持率が前回調査より7.2ポイント減の23.7%となりました。このまま順調に落ちれば5月には20%を割り、普天間基地の移設期限後の6月には一桁となり、参院選が行われる7月には子供手当支給時の混乱と財政危機に陥る自治体が続出することによって、支持率は限りなくゼロに近づくでしょう。この不世出バカへの支持率がマイナスにならないのが残念でなりません。

 “07年の前回参院選で自民党が大敗を喫した際の安倍内閣よりも下落のペースは激しく、政権へのダメージは深刻”とはいいますが、安倍政権の支持率下落が、民主党にひたすら足を引っ張られながらの防衛庁の省昇格、海洋基本法と国民投票法の成立、教育基本法の改正を成し遂げたにもかかわらず、閣僚への揚げ足取りや、100円、200円の事務所費でマスコミからの執拗なバッシングを受け続けたことの結果である事を考慮すれば、マスコミからひたすら擁護されながらも、リーダーが能無しで何一つ成果を上げられず、虚言を弄して日米関係を破壊する等の“実害”で支持率を減らし続ける鳩山政権と比較することはできません。

 更に、安倍政権の支持率下落の切欠が郵政民営化における造反議員の復党問題から始まったことを考えれば、亀井静香氏が押す非正規10万人正社員化、郵貯1000万から2000万、簡易保険1300万から2500万への上限引き上げを柱とする郵政改革?案が審議入りすれば、政権支持率に対する更なるマイナス要因になることは確実です。

 ここに来て、今までマスコミから散々持ち上げられ続けてきた民主党議員も流石に慌てだしたようですが、元から能無しの集まりが剛腕と脱税のカネでまとめられているだけの烏合の衆に、自浄能力を発揮することを期待するだけ無駄なことです。結局は何も出来ないまま、泥舟に乗って沈んでいくだけでしょう。

 おそらく、7月の参院選までこのまま誰一人責任をとらず、何一つ成果をあげることの無きまま、国益を垂れ流しながら鳩山政権は続くでしょう。そしてそれは、参院選において民主党が完膚なきまでに叩き潰されるまで続く。

7月には支持率ゼロだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 5月決着やる気なし | トップページ | 沖縄の声の正体 »

世論調査」カテゴリの記事

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。今日は『鳩撃ち猟』が解禁になったので、お知らせします。

『鳩撃ち猟』は、鳩山由紀夫首相の後援会と幸夫人を公職選挙法違反で告発し、『連座制(公選法第251条の2)により鳩山氏を当選無効に追い込むこと』を目的とする企画です♪
告発委任状をダウンロードし、署名捺印して宛先に送るだけで、鳩山由紀夫を墜とせます!

【猟師募集中!】「鳩撃ち猟」解禁のお知らせ[桜H22/4/14]
http://www.youtube.com/watch?v=XKlJ9noA9l0

藤井厳喜オフィシャルブログ(国際問題アナリスト)
http://www.gemki-fujii.com/blog/cat68/

「奥さんや後援会がお菓子やビール券を配ったという件については、公職選挙法違反(買収)と考えられ、既に写真やマスコミ報道がされており、ビール券に関しては国会質問でも取り上げられているにもかかわらず、なんの対応も行われていない」

「直告課という窓口に、直接、告発の訴えを行います。 この窓口は、弁護士等を経由せず、一般国民が直接、告発の訴えを行えるところです。皆さんから送って頂いた委任状と共に、私や西村幸祐さんが代表者となり、訴状を提出します。」

「未成年者も、在外邦人も参加可能です。」

「告発の締切が4月末です。【告発時期】5月初旬を予定しています。集団で札幌地検に直接告発状を持ち込みます。」

詳細は「鳩撃ち猟まとめ @ Wiki」で
http://www26.atwiki.jp/hatouchi/

鳩山政権にNO!を突き付けたい。その思いを日々募らせている方は、ぜひ、ご気楽にご参加を。

投稿: kusuko | 2010年4月17日 (土) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/48103303

この記事へのトラックバック一覧です: 支持率20%割れ直前:

« 5月決着やる気なし | トップページ | 沖縄の声の正体 »