« 官邸崩壊 | トップページ | ホラ吹き宰相 »

2010年4月22日 (木)

民主党(小沢)による国会の私物化

なんなんだこれは。

高速新料金、法案成立後に見直し 対立回避で決着先送り

 鳩山由紀夫首相は22日、6月導入予定の高速道路の上限料金制について、前原誠司国土交通相の意向を踏まえ関連法案審議中は見直さないものの、法成立後に引き下げの方向で調整する方針を固めた。法案審議前に政府と党が対立する事態になれば、政権運営に影響すると判断、決着を先送りしたもので、首相の指導力が問われそうだ。

 前原氏も22日、首相と平野博文官房長官と会った際に(1)9日に発表した料金制度は現時点では見直さない(2)法案の速やかな審議、成立を図る(3)新たな料金の在り方は国会の審議を踏まえ国交省で総合的に検討する―との方針を確認しており、法成立後の修正には柔軟に対応するとみられる。

 この方針について民主党幹部は「現時点では見直し作業を行わないが、国会審議を経て変えるということだ」と指摘。小沢一郎幹事長も平野氏の報告を了承した。

 政府は前政権が高速料金の上限千円を実施するため措置した原資の一部を、新規の高速道路整備に転用できるようにする道路整備事業財政特別措置法改正案を今国会に提出。国交省は1兆4千億円を建設に回し、残る1兆2千億円を新料金制に充てる考えだが、法案には新料金の金額は明記されていない。

2010/04/22 19:08 【共同通信】

 要は“高速無料化”をやりながら“道路を作れ”という民主党(小沢)の無茶な要求に対して、前原国交相が慢性的財政不足の中で“高速料金の上限千円を実施するため措置した原資の一部を、新規の高速道路整備に転用”するという奇策を打ち出し、“国交省は1兆4千億円を建設に回し、残る1兆2千億円を新料金制に充てる”という“実質的値上げで対応”しようとしたところ、今度は“値上げは困る”という民主党(小沢)の要求で“「現時点では見直し作業を行わないが、国会審議を経て変えるということだ」”にしたという事ですね。

 民主党(小沢)は国会を何だと思っているのでしょうか。少なくとも国会は民主党(小沢)の権力を行使し、党内対立を解消するための道具ではない。

 最近、鳩山由紀夫の余りにも軽率で中身がなく、虚言だらけの支離滅裂、朝令暮改で一貫性の無い言動が取りざたされていますが、民主党(小沢)に操られるだけの空虚な人形に、知性を求めるだけ無駄なのかもしれませんね。

民主党(小沢)は国会を私物化していると思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 官邸崩壊 | トップページ | ホラ吹き宰相 »

小沢一郎」カテゴリの記事

共同通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党(小沢)による国会の私物化:

« 官邸崩壊 | トップページ | ホラ吹き宰相 »