« ヨナ、おそろしい子! | トップページ | 北教組の埋蔵金 »

2010年3月 3日 (水)

民主党の国会軽視

言い訳にもならんわ。

参院予算委、仙谷・原口・前原の3閣僚が遅刻

 3日午前の参院予算委員会は、仙谷国家戦略相、原口総務相、前原国土交通相の3閣僚が遅刻したため、開会が約15分遅れた。

 予算委は午前9時開会が通例だが、3日は菅財務相が冒頭で2010年度予算案の提案理由説明を行うため、午前8時50分開会となっていた。開会時間の連絡ミスが遅刻の原因と見られ、平野官房長官と3閣僚は「本当に申し訳ない。反省します」(原口氏)などと陳謝したが、議場は一時騒然となった。

 最初に質問した自民党の林芳正氏は「連絡不行き届きだろうが、危機管理の問題だったらどうなるか」と批判した。

 平野氏は3日午前の記者会見で、鳩山首相が平野氏を通じて「緊張感を持ってやるように」と閣僚に指示したことを明らかにしたうえで、「どういう事情かは別にして極めて遺憾だ」と強調した。平野氏は同日昼、国会内で3閣僚を口頭で注意した。

 参院事務局によると、閣僚が3人も審議に遅刻するのは極めて異例

(2010年3月3日12時30分 読売新聞)

 “開会時間の連絡ミスが遅刻の原因”とは言いますが、野党から質問を受ける側の立場の人間が、通常時の開始時刻4分前にならないと入室しないなんて、国会軽視もここに極めりですね。

 仮にも国民から選ばれた代表という自覚があるならば、少なくとも10分前には入室して、資料に目を通しておくべきだ。そんな事は社会の常識です。

 野党時代は思い付きで揚げ足取ってればそれで済んだ話かもしれませんが、与党となればそうは行きません。このような弛みきった自覚の無い民主党は、もう一度野党からやり直した方が良さそうですね。

野党からやり直すべきだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« ヨナ、おそろしい子! | トップページ | 北教組の埋蔵金 »

民主党」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/47718397

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の国会軽視:

« ヨナ、おそろしい子! | トップページ | 北教組の埋蔵金 »