« 民主党の本質 | トップページ | 続落する内閣支持率 »

2010年3月 7日 (日)

バラ色の幻想

枝野行政刷新相がやるやる詐欺を認めたようで。

枝野氏「鳩山政権、バラ色の幻想与え続けた」

 枝野行政刷新相は6日のテレビ東京の番組で、鳩山内閣や民主党の支持率低迷に関し、「政権が代わったらすべて急にバラ色になるわけではない。政権交代後も若干、そういう幻想を与え続けたのかなと思う」と述べ、米軍普天間飛行場の移設問題など政策面の停滞が国民の失望につながっているとする見方を明らかにした。

 また、鳩山首相や小沢民主党幹事長の「政治とカネ」の問題について、「しかるべきタイミングでしかるべき対応をされると期待している」と語り、国民の理解を得るため、両氏がさらなる説明などの努力をするべきだという考えを示した。

(2010年3月6日22時02分  読売新聞)

まだまだやる気のようです。

「満額」方針、維持か断念か=子供手当てが焦点-民主参院選公約

 政府・民主党が近く着手する夏の参院選マニフェスト(政権公約)づくりで、子ども手当の扱いに再び苦慮しそうだ。財源確保のめどが立たないまま、衆院選マニフェストで掲げた2011年度からの満額支給方針を維持するのか、「公約違反」の批判覚悟で断念するのか。鳩山由紀夫首相は厳しい判断を迫られる。
 首相は先月14日、子育てをテーマとした一般市民との意見交換会で「子ども手当のため借金を残すようなことはしたくない」と発言。この発言が、財源不足なら公約実現にこだわらない考えを示唆したと受け取られると、翌15日には慌てて「予定通り満額をやる」と述べ、満額支給断念との見方を打ち消した。
 首相発言の「ぶれ」の背景に、財政規律と公約のどちらを優先するかでジレンマがあることは間違いない。10年度予算案には、半額の月額1万3000円を支給するため約2.4兆円を計上。11年度に月額2万6000円の満額を支給する場合は約5兆円が必要となるが、税収の回復が見込めない中、「とても予算が組めない」(財務省幹部)のが実情だ。
 しかし、参院選を控え、党側が満額支給方針の堅持を求めてくるのは確実。子ども手当を6月から支給し、有権者に政権交代の成果を実感してもらったとしても、公約を見直せば、せっかくの効果が打ち消されかねないためだ。政府内にも、参院選後の見直しを前提に「金めのものは『ちゃんとやる』とだけ言っておけばいい」(副大臣の一人)との声が漏れる。
 首相は、財源について「歳出削減を徹底的にやって見いだしていく」としており、4月に行う独立行政法人や公益法人を対象とした「事業仕分け」第2弾に期待を寄せる。しかし、先月中旬に首相と会食した枝野幸男行政刷新担当相は「事業仕分けで財源はそんなに出ませんよ」と、楽観論にクギを刺した。
 このため公約づくりに当たっては、10年度予算編成の最終局面で小沢一郎幹事長が求めた所得制限導入が改めて論点となることも予想される。

(2010/03/06-14:29)時事通信

 “財政規律と公約のどちらを優先するかでジレンマ”とはいいますが、最初から民主党の政策は矛盾と希望的観測に満ちており、破綻するのはむしろ当然です。

 “子ども手当を6月から支給し、有権者に政権交代の成果を実感してもらったとしても、公約を見直せば、せっかくの効果が打ち消されかねない”というように、利益誘導によって票を獲得する手法は民主党の得意技であり、10年度を半額支給とした理由も財政規律を優先したというよりは、残り半額の実施を参院選に担保することで、選挙を有利に運びたいという考えが透けて見えます。

 そしてそれは“参院選後の見直しを前提に「金めのものは『ちゃんとやる』とだけ言っておけばいい」(副大臣の一人)との声”によく現れています。民主党にとっては選挙が第一であり、政権さえ取れれば財政規律など実はどうでも良いのです。

 既に多くの方々が、この民主党の“バラ色の幻想”から覚め始めているようですが、未だ民主党支持者が40%近くいるところを見ると、まだまだ幻想から覚めない方も未だ多いようです。

 やるやる詐欺に騙されて被害者になる前に、振り込む(投票)相手に騙されていないかよく考える必要がありますね。

バラ色の幻想は破滅の入り口だと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 民主党の本質 | トップページ | 続落する内閣支持率 »

時事通信」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

八方美人ばっかりやっていて、八方ふさがり。直後に言うことがガラリと変わる脱税総理の言うことなど聞いても全く無駄。彼ほど信頼できない人間はいません。鳩山由紀夫は詐欺政党の代表なのです。

投稿: | 2010年3月 7日 (日) 09時54分

民主党鳩山 普天間5月決着「覚悟を持って」
民主政権でわかったこと。
脱税首相の覚悟はあてにならない。
http://inanna-search.net/index.php?cmd=cmt&cat=link&cnum=INA0000220537

投稿: かきくけこ | 2010年3月 7日 (日) 19時12分

覚悟ってなんでしょうかね。
この脱税首相はいつも肝心なことは絶対に言いませんね。見ていて本当にイライラします。

投稿: takayuu@管理人 | 2010年3月 8日 (月) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/47745261

この記事へのトラックバック一覧です: バラ色の幻想:

« 民主党の本質 | トップページ | 続落する内閣支持率 »