« 鳩山首相の虚言癖 | トップページ | 不起訴でもシロではない »

2010年2月 3日 (水)

小沢氏不起訴

突然、不起訴報道が。

小沢氏、不起訴の方向 4億円不記載で検察検討

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、検察当局は、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で刑事告発された小沢氏については不起訴処分(嫌疑不十分)とする方向で検討していることがわかった。

 東京地検特捜部は、同法違反容疑で逮捕した元秘書ら3人の調べを勾留(こうりゅう)期限の4日まで続け、小沢氏と併せて処分を最終決定する方針だ。実務を担当した元秘書の衆院議員・石川知裕(ともひろ)容疑者(36)と、会計責任者だった公設第1秘書・大久保隆規(たかのり)容疑者(48)を4日に起訴する見通し。元秘書の池田光智容疑者(32)については関与の度合いを慎重に検討するとみられる。

 検察当局は、小沢氏に虚偽記載の認識などがあったかどうかの解明を進めてきた。だが、陸山会が土地を購入した原資4億円などを政治資金収支報告書に記載しなかった行為に小沢氏が関与した証拠は2日の時点では不十分とみている模様だ。

 一方、石川議員と池田元秘書は故意に虚偽の記載をした事実を認め、「大久保秘書にも報告した」と供述していたが、大久保秘書も最近になって、事実と違う記載をする旨の報告を受け了承したことを認めたことが判明した。大久保秘書は当初、「2人に任せきりで報告も来ていない。会計責任者としての報告書の署名も代筆だ」と関与を否定していた。

 ただ、石川議員ら3人は、虚偽記載に対する小沢氏の明確な関与や、4億円の原資にゼネコン側からの裏金が含まれることは否定しているという。

 3人は2004年10月、原資不明の計4億円で東京都世田谷区の宅地を約3億5千万円で購入し、07年に同額の4億円を小沢氏に戻すなどした収支を報告書に記載しなかった疑いが持たれている。小沢氏に対しても、都内の市民団体から告発状が提出されていた。

2010年2月3日3時4分 朝日新聞

 記事を見る限り、“都内の市民団体から告発状が提出”された案件に対しては、“不起訴処分(嫌疑不十分)とする方向で検討”だということですよね。

 告発状の中味を知らないので、評価のしようがありませんが、前回の再聴取見送り報道のように、あえて中味にふれずに、この“不起訴処分”だけが大々的に報道されることに少々、胡散臭さを感じます。

 更に言えば、この小沢氏を告発した“都内の市民団体”つまりは、行政書士や元新聞記者で構成されるといわれる“真実を求める会”自体も、なにかプンプン臭いますね。

 現在、小沢氏の3人の秘書経験者は逮捕・拘留され、検察官による取り調べを元に、拘留期限までに“公訴の提起”、つまりは彼らを犯罪者として起訴するかどうかの判断が下されることになっています。

 そんな中、小沢氏は任意聴取直前にこの“市民団体”に都合良く告発され、それを受理(立件)した検察によって被疑者聴取を受け、この案件に関しては“不起訴処分”となる見込みを獲得したと言うわけです。

 同じく、政治とカネの渦中にある鳩山首相は、“鳩山由紀夫を告発する会”が提出した告訴状に対する聴取は回避され、結果、この案件に関しては嫌疑不十分で同じく“不起訴処分”となりました。

 そして“不起訴処分”というお墨付きを頂いた鳩山首相は、通常国会において、この“不起訴処分”を盾に、自らの捜査の終結を主張し、小沢氏の捜査についても検察に任せる的発言を繰り返しています。捜査の過程で明らかとなった自らの脱税行為については、何の判断もされていないにもかかわらずです。

 このような状況を見るに、鳩山首相が、この“鳩山由紀夫を告発する会”が提出した告発状に対する“不起訴処分”が出たことを良いことに、これを利用しているようにしか見えません。

 そして今回、同じような告発が小沢氏になされ、その不起訴処分判断が報道されるに至り、このような疑念に思い至ったわけです。

 さて、ロッキード事件を思い出してみればわかりますが、検察の捜査開始に合わせて、衆議院予算委員会における数度にわたる証人喚問や、参議院に設置された“ロッキード問題に関する特別委員会”などにおいて、これらの証人による証言の裏付け作業が進んだことにより、短期間で多くの関係者が逮捕され、起訴されました。

 しかしながら、今国会においては、この“市民団体”が提出した鳩山首相に対する告発状が“不起訴処分”となったことが足枷となり、実母の証人喚問や元秘書の証人喚問、小沢幹事長の証人喚問が実現する見込みはまったくありません。

 私も最初は鳩山首相を告発したこの“市民団体”を正義感の強い人達がまだ一杯いるんだ的に考えていました。

 しかしながら、こういう状況を見る限り、公訴の可否は検察官に任せ、素人判断でむやみに告発状を申告することは控え、安易に“不起訴処分”という事実だけが一人歩きしないようにしたほうが良いのではないかと考えます。

 第一、小沢一郎氏には政治資金規正法違反なんてちんけな刑は似合わない。もっと巨悪がよく似合うよね。

市民団体が安易に告発するべきではないと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

参考サイト

刑事事件の捜査 (法務省HP)

|

« 鳩山首相の虚言癖 | トップページ | 不起訴でもシロではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏不起訴:

« 鳩山首相の虚言癖 | トップページ | 不起訴でもシロではない »