« 鳩山首相「そろそろ本気出す」 | トップページ | 党首討論は空回り »

2010年2月17日 (水)

鳩山システムで脱税指南

鳩山発言はもはやギャグですね。

鳩山首相、実母の資金提供問題で陳謝=国民に納税求める-党首討論

 鳩山由紀夫首相は17日午後の党首討論で、自身の母親からの資金提供問題に関し、「(国民に)納税がばかばかしいとの気持ちが起こっていることは誠に申し訳ない」と陳謝した。首相が資金提供を求めたとの指摘があることについては「天地神明に誓って私は知らなかった。お金の無心は一切していない」と重ねて強調した。
 また、首相は「ぜひ国民には、正しい国づくりのために(税金を)お支払いいただくようお願いする」と語った。
 一方、自民党の谷垣禎一総裁は、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件に関し、国会での小沢氏の説明を要求。首相は「必要であれば私から進言することは十分にあると思う」と述べた。ただ、谷垣氏が「小沢氏に『責任を取れ』と言えばいい」と促したのに対しては、首相は「言うつもりはない」と拒否した。 
 谷垣氏は、小沢氏のほか、首相の元秘書で政治資金規正法違反罪で起訴された勝場啓二氏らの証人喚問を要求した。

(2010/02/17-16:06) 時事通信

 一国の首相が“「(国民に)納税がばかばかしいとの気持ちが起こっていることは誠に申し訳ない」”ような事をしながら、“「天地神明に誓って私は知らなかった。お金の無心は一切していない」”と開き直り、挙げ句の果てに“「ぜひ国民には、正しい国づくりのために(税金を)お支払いいただくようお願いする」”とは、もはやギャグですね。

 首相自ら、自分の口座に勝手に親が多額の現金を振り込んできて、それをうっかり使っちまったとしても、“天地神明に誓って私は知らなかった”と言い張り、7年分の贈与税(運が良ければ2年分還付されます)を払うだけで許されるという脱税指南を実践して見せているようなものです。

 気の早い方の中には、もう始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。早く始めれば始めるほど多額の脱税がこの“鳩山システム”では合法的にできますからね。

 それで“「ぜひ国民には、正しい国づくりのために(税金を)お支払いいただくようお願いする」”とはバカにするにも程があります。こういう神経を逆なでするようなことを言う前に、まずは潔く辞任して責任を取るべき。

お前が言うなと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山首相「そろそろ本気出す」 | トップページ | 党首討論は空回り »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山システムで脱税指南:

« 鳩山首相「そろそろ本気出す」 | トップページ | 党首討論は空回り »