« 捜査に協力的なゼネコン各社 | トップページ | 民主政策に地方が危機感 »

2010年1月31日 (日)

歴史共同研究なんて無理

相手がどんな国か判っているんでしょうかね。

南京虐殺、犠牲者数で隔たり=戦後史は除外-日中歴史研究報告書

 日中両国の有識者による歴史共同研究の成果をまとめた報告書が31日、公表された。双方は、日中戦争の原因が基本的に日本側にあり、中国国民に深刻な被害を与えたとの見解では一致。しかし、南京虐殺事件の犠牲者数を中国側が30万人と主張したのに対し、日本側は2万~20万人とするなど、認識の隔たりも浮き彫りとなった
 日中の有識者は共同研究を継続していく方針を確認しているが、政治体制の違いもあり、歴史認識の共有に向けたハードルは高いのが実情だ。
 歴史共同研究は両国の相互理解を深めることを目的に、2006年10月の日中首脳会談で合意され、同年12月にスタート。日本側は北岡伸一東大教授、中国側は歩平・社会科学院近代史研究所長が座長を務めた。
 報告書は約550ページで、古代から近現代までの歴史を、日本側委員と中国側委員がそれぞれの立場から記述した。国内世論に与える影響を懸念する中国側の要望で、天安門事件(1989年)などが含まれる戦後史は報告書から除外された。

(2010/01/31-17:10) 時事通信

こういう国ですよ。

日中歴史研究のNHK放送中断=天安門事件映像、視聴制限か-中国

 【北京時事】中国で31日、日中両国の歴史共同研究報告書について報じていたNHK海外テレビ放送のニュース番組中、数秒間画面が真っ黒になり視聴できなくなった
 報告書のニュースは中国国営ラジオも報道した。NHKニュースのうち、報告書に盛り込まれなかった1989年の天安門事件について、中国国内で映像を見せないよう、中国当局が視聴を制限したとみられる。

(2010/01/31-21:21) 時事通信

 都合の悪いことは検閲、削除し、視聴を制限して国民には全く見せないようにする報道の自由すら無い国を相手にして、歴史共同研究するなんてどだい無理な話しです。今後、日中間でどのような画期的な同意がなされたとしても、中国国民に伝わる保証はどこにもありません。

 このような日本側に不利益しか生じないような歴史共同研究は即刻廃止するべきですね。民主党はこういうムダから仕分けしろ。

歴史認識の共有は不可能だと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 捜査に協力的なゼネコン各社 | トップページ | 民主政策に地方が危機感 »

中国」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

日中歴史共同研究を最初に提起したのは05年4月に訪中した町村信孝で合意したのは安倍晋三ですけど悪いのは民主党ですかw

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100201/plc1002010011003-n1.htm

投稿: | 2010年2月 1日 (月) 09時52分

 もともと歴史共同研究は、2006年10月に行われた日中首脳会談において、安倍晋三首相の“「過去の歴史の問題では、我が国60年の平和国家としての歩みに正当な評価を求めたい」”という働きかけに対し、日中首脳が“「歴史を直視し、未来に向かい、両国関係の発展に影響を与える問題を適切に処理する」”ことで一致し、日中有識者による歴史共同研究を立ち上げることを同意したものです。
 その目的は、“平和国家としての歩みや経済協力など前向きな部分を中国の国民に理解してもらいたい”ことであります。ですから、今回のように報道規制が当たり前のように行われる現状では、やるだけ無駄だと申し上げた次第で。
そもそも、この日中歴史共同研究は、2006年12月27日の初回会合において、“共産党の抗日戦争勝利が、独裁体制を正当化する重要な根拠”になっている時点で破綻しています。
さて、2009年10月7日の講演において、岡田外相はこの日中に韓を加えた共同歴史研究によって、3国共通の教科書を作成することを検討課題にすべきだとの考えを示したようですが、バカな考えとしか言いようがありませんね。

投稿: takayuu | 2010年2月 1日 (月) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史共同研究なんて無理:

« 捜査に協力的なゼネコン各社 | トップページ | 民主政策に地方が危機感 »