« “馬鹿”の見本 | トップページ | 嘘に塗れた小沢一郎 »

2010年1月20日 (水)

石川容疑者が半落ち

小沢氏関与を認めたようです。

小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、逮捕された石川知裕衆院議員(36)(民主)が東京地検特捜部の調べに、土地購入前の2004年10月下旬頃、土地代金に充てる現金4億円を同会の同年分の政治資金収支報告書に記載しない方針を小沢氏に報告し、了承を得ていたと供述していることが、関係者の話で分かった。

 特捜部は、収支報告書の虚偽記入容疑について、小沢氏が石川容疑者らと事前に共謀していた疑いがあるとみて、小沢氏自身の刑事責任追及を視野に捜査している。

 同会は04年10月29日、東京都世田谷区深沢の土地を購入。同会の事務担当者だった石川容疑者は、土地代金など計約3億5200万円の支払いに充てるために小沢氏から受け取り、同会の銀行口座に入金した現金4億円の収入と、土地代金などの支出を同年分の収支報告書に記載せず、その報告書を05年3月に提出した疑いが持たれている。

 関係者によると、石川容疑者は任意の事情聴取などでは小沢氏の関与を否定していたが、逮捕後の調べで、土地購入前の04年10月下旬頃、小沢氏が用意した現金4億円を同年分の同会の収支報告書に記載しないことや、土地取得の登記を翌05年にずらすことを小沢氏に報告し、了承を得ていたなどと供述したという。

 石川容疑者は04年10月に購入した土地について、不動産登記簿に「05年1月7日売買」と登記。登記をずらすことで、土地を05年に購入したことにし、仲介手数料と土地代金計約3億5200万円の支出の記載を同会の05年分の収支報告書に回していた。石川容疑者の供述通りなら、小沢氏は04年分の収支報告書に記載しなければならない収入と支出を意図的に記載しない方針を、認識し、了承していたことになる。

 石川容疑者は、自身が虚偽の記入をしたことを認めており、動機については「小沢先生が大きいお金を持っていることが分かると良くないので表に出さなかった」などと説明している。

 特捜部は小沢氏が用意した4億円の原資の解明を続けている。中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県)の元幹部らが04年10月中旬、石川容疑者に現金5000万円を渡したとの供述もあり、ゼネコンからの資金が原資の一部になっている可能性もあると見ている。

 小沢氏は石川容疑者の逮捕後、今回の事件について「形式的なミス。強制捜査は納得できない」と述べていた。任意の事情聴取に応じる意向を特捜部に伝えているが、「自らの信念を通し、闘っていく」などと検察側との対決姿勢を崩していない。

(2010年1月20日15時38分 読売新聞)

 石川容疑者が政治資金報告書への不記載容疑について、ついに小沢氏の関与を認める供述を始めたようです。

 今回の供述によって、“収支報告書の虚偽記入容疑について、小沢氏が石川容疑者らと事前に共謀していた疑い”が濃厚となり、“小沢氏自身の刑事責任追及”も視野に入ってきました。

 今後は、“なぜ”不記載をしなければ無かったのか、その“動機”についての解明がなされていくかと思いますが、とりあえず“「形式的なミス。強制捜査は納得できない」”と抗弁し続けてきた小沢氏の前提が崩れ去ったことだけは確かなようです。

 今週末の任意聴取で、小沢氏が“「自らの信念を通し、闘っていく」”というような強気の姿勢をどこまで貫くことが出来るか楽しみですね。

 もちろん、明日あたり、緊急入院して面会謝絶ってオチも十分あり得ますが…。

小沢氏の任意聴取が楽しみな方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« “馬鹿”の見本 | トップページ | 嘘に塗れた小沢一郎 »

小沢一郎」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

 あの人が、特捜部の事情聴取をうけて、どのようなストーリーを思い起こしてくれるのだろうか。細かいことはいいが、このストーリーの「関係者リーク」はたのしみでもある。さて、あの人がどう答えようが、そのストーリーは検事殿が逐一(たぶん)証拠をあげて、論破する。論破のたびに、他のストーリーを語る。だが、論破される。雪隠詰めに・・にっちもさっちもいかなくなったとき、出てくるのは何だろうか。
 何とか試験の合格組と落第組の力量も見えてくる。国事行為について誤答したから、刑事関連では頑張っていただきたいところだ。加えて、各紙は「ストーリー」の取材に励んでいただきたい。
 ストーリーを論破できる状況なので、「お話を伺いたい」と、手ぐすね引いてお待ちなのです。なもんで、個人的には、「行っちゃダメ。弾がとんできます。野戦司令官殿」と、叫びたい。
 さらに、石川の公判を前にした時期に「初公判前の証人尋問」を設けることもできる。刑事訴訟法(二二六条)はおなじみのロッキード事件?の嘱託尋問の根拠)。初公判前の証人尋問は、捜査に不可欠な知識を持つ者が任意の取り調べに対し、出頭や供述を拒否した場合、初公判前に限り、検察官が裁判官に証人尋問を請求する。証人尋問なので、いい加減なストーリーを話せば、偽証罪。公判が終われば、逮捕状の執行となる。そうなると、満貫の振り込み。裁判官の心証を悪くして、甘くない量刑か。
 早く来い来い、試験日。がんばります。
 
 

投稿: 各号読者 | 2010年1月20日 (水) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/47345166

この記事へのトラックバック一覧です: 石川容疑者が半落ち:

« “馬鹿”の見本 | トップページ | 嘘に塗れた小沢一郎 »