« 石川容疑者が半落ち | トップページ | 予算委でしどろもどろ続出 »

2010年1月21日 (木)

嘘に塗れた小沢一郎

「確認書」も偽装

土地所有は陸山会との「確認書」、作成日を偽装

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、問題の東京都世田谷区の土地の所有者が登記上の小沢氏ではなく、同会であるとした「確認書」が、2004年の土地購入当時ではなく、土地が同会の所有であると小沢氏が説明した07年2月の記者会見の直前に作成されていたことが、関係者の話で分かった。

 小沢氏は昨年末の記者会見で、「僕は全部公開してきた」「これ以上どうやって説明するのか」などと述べていたが、その公表内容に問題があったことが改めて浮き彫りになった。

 確認書は、小沢氏と弁護士が開いた07年2月の記者会見で、土地取引の契約書や売り渡し証書などとともに配布された。確認書は、「陸山会代表 小沢一郎」と個人としての「小澤一郎」が取り交わしたもので、東京都世田谷区深沢の土地に関して、登記上は小沢氏の名義になっているものの、実際の所有者は同会であるとした内容だった。

 当時、陸山会が多数の不動産を所有していることが問題となり、今回の事件の世田谷区の土地も焦点になっていた。また、不動産の登記上の名義が小沢氏個人となっており、「政治資金を使って蓄財しているのでは」との指摘が出ていた。小沢氏はこうした指摘に反論するため、会見でこの確認書を提示。「政治団体は人格なき社団で陸山会名義で登記できない。そのため小沢一郎名義で登記したが、実際の所有者は陸山会」と説明した。

 しかし、この土地の購入代金支払日は、04年10月29日だったのに、確認書の日付は、不動産登記をした05年1月7日になっていた。

 さらに、この確認書が実際に作成されたのは07年2月ごろで、会見の直前だったことも分かった。確認書は同会の事務所にあるパソコン内に保存されたままになっており、東京地検特捜部は昨年3月、同会を巡る西松建設からの違法献金事件で捜索を行った際に、データを押収。分析した結果、実際の作成日が判明した。特捜部は、確認書がつじつま合わせのために作成された疑いが強いとみている。

(2010年1月21日03時11分 読売新聞)

 “確認書は同会の事務所にあるパソコン内に保存されたままになっており、東京地検特捜部は昨年3月、同会を巡る西松建設からの違法献金事件で捜索を行った際に、データを押収。分析した結果、実際の作成日が判明”とありますが、東京地検特捜部も、政治資金規正法違反を捜査していたら、とんでもないものを見つけてしまったようですね。まだまだ序の口。ドンドンやるべし。

 さて、小沢氏は“「僕は全部公開してきた」「これ以上どうやって説明するのか」”と述べていましたが、結局は、すべてが辻褄合わせのデタラメだらけのようです。

 まず、第一の偽装として10月29日の定期預金預入日を修正削除し、同日それを担保に小澤一郎名義で同額融資、陸山会に貸付、土地購入代金に充てたと見せかけつつ、簿外の自己資金で土地代金を賄い、次に第二の偽装として不動産登記日を年をまたいで翌年の1月7日に偽装。

 そして第三の偽装として、不正蓄財が明らかになり、その辻褄合わせに確認書を2007年2月の会見の直前に作成しながら2005年の1月7日に作成日を偽装し、その確認書を複雑な会計処理の根拠としていた訳で。

 小沢氏の発言には何一つとして真実はなく、潔白を証明するなどという強弁も虚しいばかりです。そして頼みの元秘書達は“完落ち”間近なようで

大久保秘書に「逐一相談」 石川議員ら特捜部に供述

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、事務担当だった元私設秘書の衆院議員石川知裕容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに対し、会計責任者だった公設第1秘書大久保隆規容疑者(48)に虚偽記入を事前に相談し、了承を得ていたと供述していることが21日、関係者への取材で分かった。

 石川容疑者の後任の元私設秘書池田光智容疑者(32)も経理操作を認め、陸山会が2005年に小沢氏関連の二つの政治団体から受けたとしている計2億8千万円の寄付を装ったことも大久保容疑者に報告した、と供述しているという。

 特捜部は、大久保容疑者が石川、池田両容疑者の虚偽記入容疑に深く関与していたとみて、小沢氏の認識や了承の有無などについて調べている。

 大久保容疑者は「知らない。指示したり、報告を受けたりしていない」と否認している。

2010/01/21 08:59 【共同通信】

 大久保容疑者は筋金入りの政治秘書でなかなかの強者のようですが、書生から育て上げた子飼いの石川、池田容疑者は、あっさりと口を割ったようです。やはり秘書生活しか知らない世間知らずの苦労知らずは我慢が足りませんね。

 もはや、小沢氏潔白の前提はすべて崩れ去りました。そんな中、聴取の日程が決定したようです。

小沢氏:聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部による小沢氏への任意の事情聴取は23日に行われる見通しとなった。小沢氏側が同日を希望すると伝え、検察側は小沢氏側の都合を最優先するとの意向を示したとみられる。特捜部は「事情聴取には4時間程度必要」と小沢氏側に伝えた模様だ。

 また、特捜部は、小沢氏の妻への事情聴取も打診している。小沢氏側が、問題となっている土地購入の原資について「亡父の相続遺産を元に、その後積み立てるなどして小沢氏や妻名義で信託銀行に預けていたものを約10年前に引き出し自宅に保管していた」などと説明しているため、妻からの聴取も必要と判断したとみられる。これに対し小沢氏側は、小沢氏本人がまとめて説明する意向だという。

 事件では陸山会が04年10月に小沢氏の手持ち資金4億円で東京都世田谷区の土地(代金約3億5200万円)を購入しながら、同年の収支報告書に記載しなかったなどとして、当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕されている。この前後に陸山会の複数の銀行口座で複雑な資金移動が行われ、中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部らが、同時期に受注した胆沢(いさわ)ダム下請け工事の謝礼として石川議員に5000万円を渡したと供述している。

 特捜部は、小沢氏に虚偽記載についての認識のほか、4億円に水谷建設からの資金が含まれていた疑いもあるとみて説明を求めるとみられる。

 特捜部は5日に小沢氏に聴取を要請したが12日までに具体的な返答がなく、13日に関係先の家宅捜索に踏み切り、15~16日に石川議員ら3人を逮捕した。小沢氏は16日の党大会で検察と全面的に対決する姿勢を示したが、その後、各種世論調査で内閣支持率が急落。18日には捜査に協力する意向を示していた。

2010年1月21日 2時30分 毎日新聞

 既に、この“「亡父の相続遺産を元に、その後積み立てるなどして小沢氏や妻名義で信託銀行に預けていたものを約10年前に引き出し自宅に保管していた」”という発言を元に、東京地検特捜部は小沢氏の口座記録20年分を銀行から入手して照合作業を続けているようです。

 また、妻にも聴取を求めていることから言っても、東京地検は小沢氏が“原資”と提示したものに付いては、徹底的に解明を進める方針のようです。

 今後は、この“原資”とされているものについて、元秘書の証言や口座記録の徹底照合によって一つ一つ消し込んでいく作業となってくると思われますが、いずれにせよ、追いつめられるのはもう時間の問題のようですね。

 現在、日本の政治を実質的に動かしているこの“原資”について、東京地検による徹底した解明を期待します。東京地検ガンバレ。

“原資”を徹底解明するべきだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 石川容疑者が半落ち | トップページ | 予算委でしどろもどろ続出 »

共同通信」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

毎日新聞」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

大久保容疑者の実家はパチンコ屋とか。パチンコは朝鮮の民族産業!

投稿: | 2010年1月21日 (木) 10時58分

外国人参政権付与、損をするのは日本人
国民の代弁者である国会議員が「外国人参政権付与」を
どのように考えているかは、
非常に興味のあるところである。
なぜなら民主党の小沢幹事長が韓国まで行って、「付与」を
約束してきたからである。

民主党議員が自分の選挙区で
選挙民(有権者)に「外国人参政権付与」を
どのように訴えているのかを調査した。

調査結果

 各議員のホームページなどで政策、活動内容等調査。
   注)ホームページさえ見つからない方はアピール
     しなかった人に含めた。

民主党議員総数  423名

外国人参政権付与を全く記載しなかった
           議員の方 414名(97。9% )
 (選挙民に全くアピールしなかった方)

 外国人参政権付与を記載した上で反対を表明された
          議員の方  1名 (0.2 % )

 外国人参政権問題で韓国の状況などを紹介された
          議員の方  1名 (0.2 % )

 外国人参政権付与を記載し遠慮がちに支持を
        訴えた議員の方  2名 (0.5 % )

 外国人参政権付与を積極的にアピールした
           議員の方  5名 (1.2 % )

以上が調査結果である。

これを見て明らかになったこと。
1)民主党議員は自分の選挙民(有権者)に外国人参政権について、
全くといってよい程説明していないこと。
2)民主党自身がマニュフェストからわざわざ外したわけだから、
一般民主党議員は参政権付与をPRしなくても、なんら責任を
問われることはない。
3)おかしいのはマニュフェストに載せずいきなり「外国人参政権付与」、
を持ち出した小沢幹事長を含めた執行部にある。
4)このマニュフェスト違反は国民(選挙民)に対する裏切り行為であり、
断じて許すことはできない。

さあ、これから民主党議員に「怒りのメール、FAX」を送ろうではないか。

投稿: kororin | 2010年1月21日 (木) 18時23分

 そうですね、大久保容疑者の実家はパチンコ屋みたいですね。
 そのような方が金庫番で、衆院選で民団の支援を受け、民団が推進する外国人参政権をゴリ押しする小沢一郎氏は、いったいなんなんでしょうね。きっと検察が暴いてくれます。

投稿: takayuu@管理人 | 2010年1月21日 (木) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/47351257

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘に塗れた小沢一郎:

« 石川容疑者が半落ち | トップページ | 予算委でしどろもどろ続出 »