« 【瑞穂は】幼稚な党首【小学生】 | トップページ | 【今は】鳩山首相「常駐なき安保」【封印】 »

2009年12月17日 (木)

国民の意思=小沢の意思

自分で何いってるのか分かってるんですかね。

首相、暫定税率見直し表明「民主は廃止言ってきた」

 鳩山由紀夫首相は17日昼、民主党が維持を申し入れたガソリン税などの暫定税率について「民主党は廃止と言ってきた。維持する議論があるが、国民の意思を尊重する」と述べ、見直す考えを示した。官邸で記者団に語った。

 この問題で首相は朝、公邸前で「(国民への)誓いだと思っている。国民がどう考えるかを踏まえながら真剣に検討し、最終的にはわたしが結論を出す」とも述べた。

 一方、民主、社民、国民新の与党3党幹事長らは午前、首相らと官邸で会い、政府の2010年度予算への反映を求める3党共通の「重点要望」を申し入れた。整備新幹線や高速道路の建設促進のほか、国際物流拠点となる港湾の重点整備、雇用対策の充実など計19項目を盛り込んだ。

 与党の重点要望は国民生活関連と地方活性化の2課題を重点に3党の合意項目を掲げたもので、生活保護の母子加算復活や環境対策の強化、沖縄振興費の確保を要請。尖閣諸島の領海警備や海賊対策に備えるため海上保安庁の大型巡視船建造も求めた。

 19項目とは別に政府、与党で今後調整が必要な課題として、たばこ税増税や地方交付税の復元、全国健康保険協会(協会けんぽ)の財政支援など5項目を挙げた

2009/12/17 12:45 【共同通信】

 鳩山首相が、朝には“「(国民への)誓いだと思っている。国民がどう考えるかを踏まえながら真剣に検討し、最終的にはわたしが結論を出す」”と述べたにも関わらず、昼には“「民主党は廃止と言ってきた。維持する議論があるが、国民の意思を尊重する」”と述べたようです。

 朝には暫定税率廃止は“(国民への)誓い”だと言いながら、小沢氏から重点要望がくればそれを“国民の意思”にすり替えるなんて、馬鹿にするにも程がありますね。

 どうやら、鳩山首相の言う“国民の意思”とやらは、実は“小沢の意思”を指す隠語のようですな。

都合の良い国民の意思だなと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 【瑞穂は】幼稚な党首【小学生】 | トップページ | 【今は】鳩山首相「常駐なき安保」【封印】 »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

共同通信」カテゴリの記事

コメント

鳩山由紀夫は、いつも自分の意向を国民の皆様の思いとすり替える。

投稿: 在日の民主党 | 2009年12月17日 (木) 18時26分

小沢氏、宮内庁長官を「あいつこそどうかしている」特例会見問題で
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091218/stt0912180138000-n1.htm

投稿: | 2009年12月18日 (金) 05時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民の意思=小沢の意思:

« 【瑞穂は】幼稚な党首【小学生】 | トップページ | 【今は】鳩山首相「常駐なき安保」【封印】 »