« 【努力を】厚かましい首相【認めろ】 | トップページ | 【瑞穂は】幼稚な党首【小学生】 »

2009年12月17日 (木)

【富士重工も】787が試験飛行【忘れないで】

ドリームライナーが試験飛行に成功

夢の旅客機「787」、2年遅れで初飛行

 【ニューヨーク=小谷野太郎】米航空大手ボーイングは15日、次期主力旅客機「787」(通称ドリームライナー)の試験飛行を米ワシントン州で行った。

 部品調達の遅れや設計変更などトラブルが続き、開発が当初予定より2年以上遅れているが、ようやく商業運航のめどがついた

 787は、機体の約50%に軽量の炭素繊維でできた高強度の素材を用い、燃費を従来機より約20%向上させた。世界40社以上の技術を集結し、日本からは三菱重工業が主翼を、川崎重工は前部胴体などを供給。世界の約60の航空会社から865機を受注しており、全日本空輸には2010年10~12月に1号機を納入する。

 787は当初、07年に初飛行を終える予定だった。

(2009年12月16日11時25分 読売新聞)

 試験飛行が遅れに遅れて、本当にやっとという感がありますね。とりあえず一安心です。

 ドリームライナーは、東レが主原料となる炭素繊維を提供、三菱重工が主翼を、川崎重工が前部胴体・主翼固定後縁・主脚格納部富士重工が中央主翼を担当し、日本企業が主要部品の35%を担当する、その名の通りの“夢の旅客機”です。

 そして、以前、“本当にすごい日本の製造業”で取り上げた通り、上記3社の航空部品工場は、すべて国の指定するスーパー中枢港湾である伊勢湾岸地域に集中しており、今後の発展次第では東海地区を一大航空産業地帯に成長させる可能性を秘めています。

 しかしながら、政権交代後、民主党はこの発展をインフラ整備で支えてきたスーパー中枢港湾プロジェクトを無駄遣いとして予算の10%削減する方針を示し、更にこれら主要企業の最先端技術を共同開発等で支援してきたJAXAやNDEO等の政府研究機関の予算を事業仕分けによって軒並み切り捨てるという暴挙に出ており、今後の発展に陰りが見えてきています。このままでは三菱が手がける初の国産ジェット旅客機MRJもYS-11の二の舞になる可能性もあります。

 民主党はいつも国民の生活のために予算の無駄遣いを無くすと言いますが、本来、無駄削減の基本は“選択と集中”にあるハズです。

 しかしながら、やってることは、ひたすら予算を削りまくって、子供手当てなどのバラマキに充てる“不選択と拡散”という真逆のことばかり。

 そこには国家戦略など微塵もなく、あるのは選挙対策の党利党略ばかりです。このまま無能なお坊ちゃま首相独裁者気取りの傲慢な幹事長に任せていたら日本は原始時代に逆戻りすることは間違いないでしょう。

民主党に任せていられないと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

任せていられないと思う人の数↓

事業仕分けに意見14万件 文科省が公表

 中川正春文部科学副大臣は16日の記者会見で、行政刷新会議の事業仕分け結果に対し、14万3971件の意見が文科省に寄せられたと明らかにした。意見は11月16日~12月15日に同省のホームページで募集していた。

 内訳は科学技術・文化が13万4596件、教育・スポーツが9375件。詳細な分類は済んでいないが、仕分けで「予算削減」と判定された次世代スーパーコンピューターの開発継続や、廃止を求められた小学生向け教材「英語ノート」の存続を求める声が目立ったという。

 中川氏は「国の予算への関心が高まり、うれしく思う。意見は年末までの最終的な予算折衝に生かしたい」と話した。

2009.12.16 21:07 産経新聞

 

|

« 【努力を】厚かましい首相【認めろ】 | トップページ | 【瑞穂は】幼稚な党首【小学生】 »

ものづくり大国」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/47036609

この記事へのトラックバック一覧です: 【富士重工も】787が試験飛行【忘れないで】:

« 【努力を】厚かましい首相【認めろ】 | トップページ | 【瑞穂は】幼稚な党首【小学生】 »