« 鳩山不起訴って | トップページ | 【もう少し】まるで人事【円安を】 »

2009年12月 4日 (金)

友愛の八方美人外交

どっちやねん

首相、普天間移設「新しい場所を」 外相・防衛相に検討指示

 鳩山由紀夫首相は3日までに、沖縄の米軍普天間基地の移設先について、岡田克也外相と北沢俊美防衛相に「外務省と防衛省で新しい場所を探してほしい」と新たな移設先がないか、検討の加速を指示した。政府関係者が明らかにした。日米が合意したキャンプ・シュワブ沿岸部への移設計画に連立政権の一角を占める社民党が強く反対していることを踏まえた指示とみられる。

 首相は3日夜、記者団に「(在日米軍再編の)ロードマップ(行程表)に関しては、それなりの柔軟性を持って臨むことは可能だと思う」とも表明した。ロードマップは2014年までに普天間基地の返還を完了し、代替施設を完成させることなどを明記している。普天間問題の決着は越年し、来年夏の参院選までを視野に長期化する公算が大きくなってきた。

(2009/12/4 02:00) 日経新聞

どうすんねん

首相「当然、辺野古は生きている」 普天間の移設先検討

 鳩山由紀夫首相は4日午前、沖縄の米軍普天間基地の移設問題について「ほかの地域は無いのか、ということは前々から言っている」と述べ、日米が合意した同県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部以外の候補地を検討していることを明言した。同時に「当然のことながら辺野古は生きている」とも述べ、現行計画も引き続き検討対象だと表明した。首相公邸前で記者団に語った。

 首相は「岡田克也外相は嘉手納と言っていたが、そういうことも含めて、今検討している」と指摘。沖縄の米軍嘉手納基地への移設も検討対象として認めた。米国のグアムに関しては「ほかの方から出ている話だと思う。私からそれを検討しろと言ったわけではない。米軍が期待しているかどうか、抑止力ということで認められるかは別の問題だ」と慎重な姿勢を示した。

 平野博文官房長官は閣議後の記者会見で「ここ一両日でそういう指示を首相の口から聞いたことはない」としながらも「政権発足時点から、あらゆる角度で負担軽減と首相は指示している」と語った。

(2009/12/4 11:24) 日経新聞

 社民党向けに“「外務省と防衛省で新しい場所を探してほしい」”、米国向けに“「当然のことながら辺野古は生きている」”、岡田外相向けに“「岡田克也外相は嘉手納と言っていたが、そういうことも含めて、今検討している」”、国内向けに“「政権発足時点から、あらゆる角度で負担軽減と首相は指示している」”、そして結局は“「(在日米軍再編の)ロードマップ(行程表)に関しては、それなりの柔軟性を持って臨むことは可能だと思う」”とし、“来年夏の参院選までを視野に長期化”させて何一つ決断しない訳で。

 社民党が離脱しても参院選挙に影響し、日米同盟が悪化しても参院選挙に影響し、党内をまとめられなくても参院選挙に影響するなら、すべてを参院選挙後に先送りすれば良いという考えなのでしょうが、このような何も決断できない優柔不断が日本のリーダーとは聞いて呆れます。八方美人も大概にしないと誰からも相手にされなくなりますよ。

 結局、すべてを失って政権から転げ落ちるのがオチですね。

鳩山首相はリーダー失格だと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山不起訴って | トップページ | 【もう少し】まるで人事【円安を】 »

日経新聞」カテゴリの記事

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友愛の八方美人外交:

« 鳩山不起訴って | トップページ | 【もう少し】まるで人事【円安を】 »