« 詐欺師の言葉 | トップページ | 誤算はチャンス »

2009年12月 8日 (火)

もはやギャグ

なんてシュールな

「批判に耐えるのが指導者」=ゴルバチョフ氏が鳩山首相を激励

 鳩山由紀夫首相は7日午後、首相官邸でゴルバチョフ元ソ連大統領の表敬を受けた。首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などを念頭に「(マスコミなどから)批判されている」と弱音を吐くと、ゴルバチョフ氏は「当たり前だ。それに耐えていくのが指導者の務めだ。耐えてください」と激励した。
 一方、両氏は北方領土について意見交換。問題解決に向けて日ロ両国の連携強化が必要との認識で一致した。会談には鈴木宗男衆院外務委員長が同席した。

(2009/12/07-16:39)時事通信

 日米関係を悪化させるために頑張っている首相が“「(マスコミなどから)批判されている」”と弱音を吐き、それを元ソ連の指導者が“「当たり前だ。それに耐えていくのが指導者の務めだ。耐えてください」”と激励するなんて、悪い冗談としか言いようがありませんね。

鳩山首相の存在はもはやギャグだと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 詐欺師の言葉 | トップページ | 誤算はチャンス »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もはやギャグ:

» 普天間問題、待ったなしですね。 [本当に、日本と日本人が大好き(はぁと)♪]
ま、総選挙前からの反ミンスの人達は、普天間問題は、いろいろゴタゴタいじくりまわしたところで、 結局は、日米の合意案に帰結する以外ないという結論はわかっていたわけで、 県外や国外とか、できもしないことをパフォーマンスで唱えたところで、 無用な混乱を巻き起こすだけ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 8日 (火) 10時55分

« 詐欺師の言葉 | トップページ | 誤算はチャンス »