« 米大統領の説明省略 | トップページ | 鳩山首相実母聴取へ »

2009年12月 2日 (水)

【邦夫】弟と良い関係な友愛【お前もか】

いい関係ねぇ

「弟といい関係になりたい」=映画の試写会で首相あいさつ

 鳩山由紀夫首相は「映画の日」の1日夜、東京・有楽町の映画館で幸夫人とともに、映画「おとうと」の完成披露試写会に出席した。山田洋次監督による映画は家族のきずながテーマ。首相は不仲が取りざたされる実弟の鳩山邦夫元総務相を引き合いに、「弟ともっといい関係になりたい」と本音とも冗談ともつかないあいさつをして、会場を笑いの渦に包んだ。
 首相はまた「映画は素晴らしい最高の芸術。心からそう思っている」と絶賛。すると山田監督がすかさず「日本映画の現状は厳しい。制作現場は問題があり、首相にはわれわれを勇気付ける政治をお願いする」。これには首相も一本取られたとばかり、「映画の発展のために(文化振興予算が)事業仕分けされないように精いっぱい頑張っていく」と応じていた。 

(2009/12/01-21:36) 時事通信

十分いい関係じゃないか

鳩山邦夫氏側にも資金提供 実母口座から36億円

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の収支報告書虚偽記載問題に絡み、鳩山家の資産管理会社「六幸商会」の首相実母(87)名義の口座から、昨年までの6年間に計約36億円が引き出され、一部が首相弟の鳩山邦夫元総務相側にも渡っていたことが2日、関係者への取材で分かった。

 東京地検特捜部は実母からの資金の流れについて関係者から事情聴取し、同様の説明を受けているもようだ。特捜部は実母の聴取について、資金提供の実態は十分解明できたと判断し見送る方針を固めている。

 実母の資金をめぐっては、年間約1億8千万円が首相側に提供され、元公設秘書(59)が一部を総額3億円余りの偽装献金の原資として充てた疑いが強まっている。

 邦夫氏側への提供資金は、首相とほぼ同額とみられ、昨年までの6年間で兄弟側に渡った実母の資金は、総額20億円前後となる見通し。

 関係者によると、実母が幹部を務める財団法人「日本友愛青年協会」(東京)の幹部に対し、元公設秘書が2002年ごろ、資金の拠出を申し出て、この話を聞いた実母が了承したとしている。これに合わせ、邦夫氏側への資金提供も始まったという。

2009/12/02 13:23 【共同通信】

 やっぱりというか、母の愛は分け隔て無く兄弟に注がれていたわけですね。仲良く脱税とはいい関係じゃぁないですか。

 “元公設秘書が2002年ごろ、資金の拠出を申し出て、この話を聞いた実母が了承したとしている。これに合わせ、邦夫氏側への資金提供も始まった”という経過から見ても、実母からの資金提供を邦夫氏本人が知らないというのは非常に無理があります。もし知らないと言い張るのならば、両氏の公認秘書同士が語らって兄弟に内緒で虚偽記載したという事になります。

 不仲が噂される兄弟の公認秘書がそこまで仲がいいとはとても思えません。そして何故か偽装献金がらみの情報が決まって水曜日にリークされることを考えると、検察が公認秘書→実母→鳩山弟と捜査対象を徐々に広げることで鳩山首相に対して揺さぶりをかけているのかも知れませんね。早く辞任しないと鳩山家が崩壊しますよ。

 鳩山弟は衆院選において、“「私は正義を貫く白いハトだが、兄は黒いハトだ。政治資金では虚偽記載を山のように積み上げ、罪を犯した」”と述べたようですが、この発言と今回の新事実との整合性が非常に気になるところです。

 とにもかくにも、“特捜部は実母の聴取について、資金提供の実態は十分解明できたと判断し見送る方針”とあるように、約36億円の資金の流れの全容は検察によってすべて解明されているようです。この資金との関わりについて、邦夫氏側が検察に対して満足な説明が出来ないときは、まず脱税で検挙されるのは弟が先になりそうですね。もう、兄を道連れにして全てをぶちまけちゃいなよ。

 しかしながら、この不況下に2人合わせて10億円近くの税金を納めようとは、国民の鏡ですなぁ。

邦夫、お前もかと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 米大統領の説明省略 | トップページ | 鳩山首相実母聴取へ »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

共同通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【邦夫】弟と良い関係な友愛【お前もか】:

« 米大統領の説明省略 | トップページ | 鳩山首相実母聴取へ »