« 【会見】売国政党小沢党【実現】 | トップページ | 安倍氏「政権の暴走は危険区域」 »

2009年12月12日 (土)

【苦渋の】宮内庁も政治主導【決断】

宮内庁の無念さがにじみ出てますね

天皇陛下、中国副主席と会見へ 宮内庁長官「苦渋の思い」

 中国政府が14日に来日予定の習近平国家副主席と天皇陛下の会見を日本側に求めていた問題で、宮内庁は11日、陛下が15日午前、皇居・宮殿で習氏と会見されると発表した。

 政府によると、外国要人と陛下との会見は、1カ月前までの文書での正式申請が前提。今回の申請は11月26日で、日中関係の政治的重要性を踏まえた特例的な措置という。

 宮内庁の羽毛田信吾長官は記者会見し、天皇の政治利用に当たるのではとの質問に「その意見に対して『何を言ってるんだ』とは言いにくい。苦渋の思いだ」と述べた。

 羽毛田長官によると、平野博文官房長官から会見要請の電話は7日と10日の2回あり、10日の電話の際、羽毛田長官は「(象徴天皇という)陛下の役割について非常に懸念することになる」と指摘。その上で「政治的判断としてお願いするのはどうなのか」と否定的な意見を示したが、最終的に行政機関の一員として官房長官の指示に従ったという。

2009/12/11 【共同通信】

鳩山首相の舐め腐った発言

政治利用に当たらない=陛下と中国副主席の会見-首相

 鳩山由紀夫首相は11日夜、習近平中国国家副主席と天皇陛下との会見を宮内庁に働き掛けたことについて「(天皇の)政治利用という言葉は当たらない」と述べ、問題ないとの認識を示した。首相官邸で記者団に語った。
 習副主席と陛下との会見は、各国に1カ月前までに書面で申請するよう求めている宮内庁の通達に反する形で実現の運びとなった。これについて首相は「1カ月を数日間切ればもう杓子定規に駄目だということで、果たして諸外国との国際的な親善の意味で正しいことなのか」と指摘した。

(2009/12/11-19:55)時事通信

 “「1カ月を数日間切ればもう杓子定規に駄目だということで、果たして諸外国との国際的な親善の意味で正しいことなのか」”とは宮内庁の判断。それを“最終的に行政機関の一員として官房長官の指示”に従わせるのは明らかに政治利用です。

 つまりは、羽毛田信吾長官の言葉を借りれば、この宇宙人は“『何を言ってるんだ』”ってことです。陛下の権威をなんだと思っているのでしょうか。自分は誰に内閣総理大臣に任命されたのかと。

 しかし、本当の地獄はこれからだ

小沢幹事長、そっけない訪韓 会談相手は李大統領だけ

 【ソウル=牧野愛博】民主党の小沢一郎幹事長が11日夜、韓国を訪れた。韓国側は小沢氏を「政権の最高実力者」と位置づけてその動向に注目している。ただ、与党ハンナラ党の鄭夢準(チョン・モンジュン)代表が会食を申し入れたところ、「個人的な訪問」を理由に断られるなど、小沢氏側はそっけない対応。逆に「特別な目的があっての訪韓なのか」(政府関係者)と関心を呼んでいる。

 3日間の滞在中、韓国の公職者と会うのは12日の李明博(イ・ミョンバク)大統領だけ。韓国側は、永住外国人への地方参政権問題など、日韓の様々な懸案について小沢氏の真意を確かめたい考え。政府当局者によれば、会談は小沢氏と李大統領の2人だけで非公式に行われ、内容は公表しないという。

 11日付の韓国各紙は小沢氏の大規模訪中団の模様を紹介。大手紙の東亜日報は、訪中では小沢氏に多数の国会議員が同行したことに触れ、「なぜ訪韓する議員はゼロなのか」と伝えた。

2009年12月11日21時23分 朝日新聞

 本当の懸念は、この“小沢氏と李大統領の2人だけで非公式”の会談において、小沢一郎幹事長が韓国の李明博大統領に対して、以前から要請のある天皇陛下の韓国訪問を確約しやしないかということにあるのではないでしょうか。

 今回の小沢一郎の鶴の一声による強引な会見設定によって、まさかありえないと思われていた訪韓の可能性が、一気に現実味を帯びてきました。

 天皇陛下を日王と呼び、陛下を歓迎するつもりのない国にわざわざ出向く必要は全くありません。李大統領が来日の際に陛下に握手をしてお辞儀をしただけで1万人規模のデモが起きるような国に訪問となれば、陛下の命にかかわります。

 そして、当然予想される訪韓までのゴタゴタは高齢の陛下の心労を招き、陛下の健康上、重大な影響を及ぼす可能性もある訳で。

 もちろん、これはあくまでも予測に過ぎませんが、兎にも角にも、小沢氏の訪韓は目が離せませんね。ただの杞憂に終われば良いのですが…。

天皇陛下の政治利用を許さない方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 【会見】売国政党小沢党【実現】 | トップページ | 安倍氏「政権の暴走は危険区域」 »

朝日新聞」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

皇室関連」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

共同通信」カテゴリの記事

コメント

ご存知でしょうが、習近平氏とは↓の様な人物です。
日本は、中国国内の政治問題の泥沼に引きずりこまれる恐れがあるので、陛下と習氏は会うべきではありません。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3668.html

>中国政府はこの「75ウルムチ事件」への対策チームを結成しましたが、その総責任者であったのが習近平です。
12月14日~17日に日本を訪れる予定の彼が、ウルムチ事件における虐殺を行った張本人であると言えるでしょう。

投稿: 巻き込まれる日本・・・orz | 2009年12月12日 (土) 12時32分

中国共産党日本省人民解放軍民主党のお出ましだ。

 民主党人民解放軍が姿を現してきた。
今までマスゴミの全面隠ぺい作戦により隠されてきたが、いつまでも本性を隠し続けるのがかったるくなってきたのだろう。
人民解放軍民主党がいよいよお出ましだ。

 小沢日本省人民解放軍総司令長官
 鳩山日本省人民解放軍副司令長官
 菅日本省人民解放軍司令官
 岡田日本省人民解放軍副司令官
 その他民主党人民解放軍

日本解放(中国属国化)の日は近いぞ。
次の参議院議員選挙で勝てば、人民解放軍民主党の天下だ。
一党独裁政権の誕生だ。
日本国憲法などくそくらえだ。即破棄だ。
小沢新憲法で日本国民など奴隷だ。
人民解放軍民主党に逆らえば、弾圧処刑だ。
中国様に日本献上で日本人どもを骨の髄まで絞りとれ。

投稿: だまっていられない | 2009年12月12日 (土) 14時51分

[日本を支配しているのはマスゴミだ。]
 日本をこれほど狂った国にしているのは、中国、韓国、北朝鮮から送りこまれた工作員に牛耳られてしまったマスゴミのなせるわざでしょう。
勿論マスコミ以外の日本人左翼、外国人工作員の影響も大きいが、これほど多くの日本人がだまされているのはマスコミのいうことを信じているからにほかなりません。
それほどマスコミの影響力は強大であるということです。
 そのマスコミを統率する強大な悪知恵は中国共産党以外考えられません。
勿論その協力者もいるでしょう。
このような日本崩壊の筋書きは中国共産党によってつくられ、外国人工作員の活動と、日本人活動家・・日本人でありながら反日の工作員たちによってささえられているとおもいます。
テレビ局が一局でも日本人保守の報道をしていたならば一億総白痴化 (このうち真実を知っている方が何割かはいるが) されることはなかったはずです。
多くの日本人が民主党の真実をしれば、民主党は今の社民党と大差ない存在であったと思います。
日本人のテレビ局であるべきNHKが中国共産党日本支局といえる状態が日本の悲劇をつくり出しています。

中国共産党の日本解放工作は3項目に分かれているが
そのうち第1期と第2期工作までは民主党政権誕生で完了した。
残る第3期が今進行中である。
民主党をこのまま放置すれば第3期工作が完了し、日本は中国に組み込まれてしまう。すなわち属国になるということです。

投稿: だまっていられない | 2009年12月12日 (土) 20時13分

売国奴民主党の姿が見えてきた。
 中国属国化推進党日本省人民解放軍司令長官小沢は、属国化推進議員143名とその部下合わせて626名を引き連れ、宗主国中国へ日本の属国化推進状況の報告に出向いた。

そして次のように報告した。
こきんとう閣下。
次の参議院議員選挙で必ず我々は勝利し日本を解放(中国属国化)します。

民主党議員とは何ぞや。・・・中国属国化推進議員である。

民主党議員とは何ぞや。・・・子供手当などアメをぶらさげて国民の目をごまかし政権交代をはたし、真っ先に外国人参政権付与、人権擁護法など、日本人に致命的な害毒を及ぼすことを優先させる日本人殺し議員である。

民主党議員とは何ぞや。・・・アメリカを日本から追い出す議員集団である。

民主党議員とは何ぞや。・・・中国に日本を差し出す議員集団である。

民主党議員とは何ぞや。・・・国家主権の委譲を真っ先に唱える議員である。
ホームページで盛んに唱えている。

民主党議員とは何ぞや。・・・沖縄ビジョンで沖縄の中国化をうたう議員である。
一国二制度をずっと謳っている。

民主党議員とは何ぞや。・・・沖縄はテストケースで次は日本全体を一国二制度にすると謳っている議員である。

投稿: 皆で本当のことを知ろう | 2009年12月13日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【苦渋の】宮内庁も政治主導【決断】:

» 天皇陛下と中国副主席の会見に断固反対します! [本当に、日本と日本人が大好き(はぁと)♪]
以下のメールを送りました。 皆さん、抗議の参考に、どうぞ。 「天皇陛下と中国副主席の会見に断固反対します!」 天皇陛下と、12月14日から来日する中国の習近平国家副主席との会見を中止してください。 外国要人と陛下との会見の1か月ルールに明確に反してい... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 17時06分

« 【会見】売国政党小沢党【実現】 | トップページ | 安倍氏「政権の暴走は危険区域」 »