« 刷新会議が潰す未来 | トップページ | また先送り »

2009年11月14日 (土)

謝罪は口だけ

恵まれた家庭で育ったものですから。

「無税ならブルネイに移住」=鳩山首相が不用意発言

 【シンガポール時事】鳩山由紀夫首相は14日、シンガポールでブルネイのボルキア国王と会談し、「国民に税金が課されていないと聞いた。日本国民もブルネイに移住したいと考えるだろう」と、「所得税は無税」(国王)という同国の税制をうらやむような発言をした。首相自身が資産報告漏れで「脱税の疑い」を指摘されている中、不用意な発言と言えそうだ。 
 首相は10日に、株式取得などの記載漏れがあったとして、2008年までの7年分の資産報告書などを訂正したばかり。自民党が「脱税の可能性が含まれていると言わざるを得ない」(大島理森幹事長)と批判したのに対し、首相は「税はしっかりと払っている。疑いという言葉で大くくりされたら、とてもつらい」と反論していた。

(2009/11/14-14:34)時事通信

 どうでもいいですけど、“「国民に税金が課されていないと聞いた。日本国民もブルネイに移住したいと考えるだろう」”とはどういう事だ。脱税疑惑の友愛と日本国民とを同列に語るな。

 脱税疑惑がある中で、その動機とも取られかねない発言をしてしまう友愛には、反省するつもりなど毛頭無いとしかいいようがありません。判を押したような謝罪の裏には、ただ秘書に責任をなすりつけて逃げ切ればいいという利己的な考えしかないのでしょう。

 恵まれた家庭に育った友愛にとってみれば、莫大な収入や遺産の税金対策に日々大変な思いをしているためについ出てしまった本音だとは思いますが、国際的な舞台で国民の三大義務に自ら否定的な発言をするような方は、一国の首相として相応しくない事だけは確かです。

つい本音が出たなと思う方はクリック!

人気ブログランキングへ

|

« 刷新会議が潰す未来 | トップページ | また先送り »

鳩山由紀夫」カテゴリの記事

時事通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謝罪は口だけ:

« 刷新会議が潰す未来 | トップページ | また先送り »